乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自動車税

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント

    business_zei

    1: 2018/08/08(水) 19:23:36.031 ID:yoy0qKMzD0808

    ちなこの夏50万ドブに捨てたから払えまちぇ~んw
    口座差し押さえってマジンゴ?wファ~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    【自動車税の催促状どこまで無視できる?wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    business_zei

    1: 2018/08/04(土) 20:32:14.07 ID:lpI+tlzu0

    ワイ「100万円のコンパクトカーなら買えるかな」

    自動車税「よろしくやで」(+5万円)
    自動車賠償責任保険「忘れんといてや」(+3万円)
    自動車取得税「ワイもおるで」(+5万円)
    自動車重量税「重いと道路が傷つくんや」(+3万円)

    ワイ「ハァ…ハァ…コストは自動車本体だけじゃないんやな…」

    消費税「来年から10%や」(+10万円)
    任意保険「事故ったら大変や」(+10万円)
    車検代「3年後よろしくやでや」(+15万円)
    駐車場代「車庫証明がないと購入でけへんねんで」(+24万円)

    ワイ「ハァ…ハァ…任意なのに実質強制されてたり、毎年かかるランニングコストが高すぎる…」

    ガソリン代「乗ったら乗ったぶんだけ要るんやで」(+150円/L/10km)

    ワイ「うわああああああああああ」ブリュブリュブリュブリュ(合計+75万円+ガソリン代)


    【【悲報】ワイ「就職したし車でも買うたろ!」 自動車税「おっ、新しいカモ発見wwwwwwww」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    591271ed520cb_636336629

    1: 2018/07/08(日) 21:17:58.79 ID:04f0nLvq0● 

    クルマにかかる税金が高すぎる日本「古いクルマに乗ることは罪なのか」
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180708-10324215-carview/?mode=short
    自動車に関わる税金の種類は9種類、車齢13年以上は本来の2.3倍という負担に

    クルマには下表の取得、保有、使用の段階で多くの税が課せられている。しかも、自動車重量税やガソリン税には、当分の間の措置として、本来の税率(本則税率)に上乗せされた税率が課されたままだ。まずは、2017年度現在の自動車税制(エコカー減税等適用外)について見てみよう。

    このように、クルマにはなんと9種類の税金が存在する。そして「自動車取得税」、「重量税」、「ガソリン税」などは、もともと道路整備等の支出に充てられていた特定財源だったが、現在は廃止。税収の使途に限定がなく、国や地方公共団体の裁量で自由に使える「一般財源」になっているものが多い。

    しかも、日本では自動車の取得段階で「消費税」や「自動車取得税」が課せられ、さらに保有段階においては、「自動車税(軽自動車は軽自動車税)」と「自動車重量税」が課税されている。じつに、車体課税の負担は欧米諸国に比べて2.6~34.4倍(消費税除く)。そもそも欧米には、自家用車に自動車重量税と同種の税金を課している国は存在しないそうだ。


    【クルマにかかる税金が高すぎる日本「古いクルマに乗ることは罪なのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    thumb-12173-028411-economy_l
    1: 2018/05/16(水) 00:29:02.03 ID:E+ZlFadU0

    34500円なんて払えん


    【自動車税払うのいやや】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2018/05/13(日) 09:07:53.39 ID:0TwzLFlC0● 

    旧いクルマを所有することは「悪」なのか?オーナー同士で想いを共有してみた
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180513-10309201-carview/
    旧いクルマを大切に乗っているにも関わらず、税金が高くなるという制度自体、まったく納得ができない。
    世間では、いわゆる「エコカー減税」の減収分を補うために難癖を付けて旧いクルマへの重課税をしていると解釈されても仕方がない。
    どうにも理解できないのは筆者だけだろうか?そこで、先日、ちょっとしたイベントを企画してみた。

    『No!旧車増税』の想いを皆で共有するイベントを開催してみた

    NoQZ-Yokohama
    https://www.facebook.com/events/373872629764639/

    今回、イベントを開催するにあたり、”NoQZ”という謎の文字列を採用した。「No!(Q)旧車(Z)増税」の略で「ノーキューズィー」と読んでもらうムーブメントだ。

    筆者の勝手な想いでは、この考えに賛同し、自分も集まろうと思ってくれる方は全国にたくさんいるだろうという仮説を立てた。
    また、旧車は遠出が大変な場合もあるので、なるべく移動距離を短くするためにも、全国各地の会場でこの集まりをしてもらいたいと考え、試しに自分の地元である横浜の大黒PAを会場に設定した。
    他にもたくさんの会場がエントリーしてくれるのかと思っていたが、結果として関東近郊のオーナーさんは結局横浜に集まってくれたのと、沖縄で私の友人が開催してくれたイベントの合計2箇所での開催となった。
    最初はここからスタートでいいのかもしれない。

    大黒PAでは集合時間の9時前後に本当にさまざまな車種が集まってくれた

    ポルシェ911・356といったクラッシクポルシェをはじめ、特に台数が多かったのは、アルファ ロメオチームとメルセデス・ベンツW124チームだろうか。
    それ以外にも、トライアンフ、サニトラ、フォルクスワーゲン、マセラティなど、多種多様なクルマのオーナーが集まってくれた。
    なかでも圧巻だったのは、トヨタ セラ、マツダ オートザムAZ1、そしてデロリアンのガルウイング3兄弟(勝手に命名)が結成されたことだ。この3兄弟は元々面識があったわけではなく、このイベントに来て知り合って、クルマを並べてくれたのだった。


    国内外問わず、50台近い旧車が集結。愛車への想いを共有した


    【旧車乗り「古い車は悪いのか大黒PAミーティングした」※PA駐車場は道路区域だから警察の道路許可が必要】の続きを読む

    このページのトップヘ