乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自動運転

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    volvo05-750x562
    1: 2017/06/14(水) 10:44:51.39 ID:FvW9TTbJ0

    自動運転走行の中央車線キープ機能ですり抜けが出来んようになるで

    毎日とんでもない渋滞起こす片側2車線道路やと
    車の運転手が気を使って左右に避けて真ん中開けてくれるのに
    自動運転で真ん中詰まった道に早変わりや


    スポンサーリンク

    【自動運転走行とかいうバイク乗りにとって地獄の機能wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    google-self-driving-car-wireless-charging
    1: 2017/06/13(火) 14:01:10.63 ID:CAP_USER9

    グーグル系、自社設計の自動運転車試験打ち切り  :日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN13H39_T10C17A6000000/

     【シリコンバレー=小川義也】米グーグルの自動運転車開発部門が独立したウェイモは12日、自社で設計したハンドルのない自動運転車のプロトタイプを使った公道試験を打ち切ると発表した。今後はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)など提携する自動車大手の市販車をベースにした自動運転車の開発に集中する。

     ウェイモは2014年に「ファイアフライ(ホタル)」の愛称を持つ2人乗りのプロトタイプを発表。ハンドルだけでなく、アクセルペダルやブレーキペダルもない「完全自動運転車」として話題を呼んだ。

     当初の説明では2年間で約100台を生産する計画だったが、最終的に何台生産したかは不明。最高速度を時速25マイル(約40キロ)に制限するなど、もともと市販を想定した車両ではないが、自動運転システムの設計や改良に不可欠なデータの収集に貢献したという。

     今後はクライスラーのミニバン「パシフィカ」をベースにFCAと共同開発した自動運転車を600台まで増やし、カリフォルニア州やアリゾナ州などで実施している公道試験を拡大する。ウェイモは「量産車に集中することで、完全な自動運転技術をより多くの人々に、より早く届けることができる」としている。


    スポンサーリンク

    【グーグル系、自社設計の自動運転車試験打ち切り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    EyeSight_Technology_Safety
    1: 2017/06/09(金) 01:36:11.47 ID:CAP_USER

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HW5_Y7A600C1EA1000/

    2017/6/9 1:10日本経済新聞 電子版

     クルマが自らアクセルを踏んだりハンドルを切ったりする自動運転の普及が近づいてきた。SUBARU(スバル)は8月に発売する主力ワゴン車で高速道路の単一車線を自動で走れるようにする。現行車との価格差は10万円以下の見通し。日産自動車は新型の多目的スポーツ車(SUV)で同様の機能を約14万円で追加できるようにした。浸透してきた自動ブレーキに続く動きで、運転の自動化が段階的に進むロードマップが見えてきた…


    スポンサーリンク

    【自動運転技術が身近に スバル、2~10万円で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    main_d6985ca8-3104-47cd-8399-54922ae31433
    1: 2017/06/08(木) 19:20:08.33 ID:CAP_USER9

     ホンダの八郷はちごう隆弘社長は読売新聞などの取材に応じ、人が運転に関与しない、ほぼ完全な自動運転の車について
    「2025年頃をめどに技術的な確立を目指す」と述べ、開発を加速する方針を明らかにした。

     開発時期の目標を具体化したのは、日本メーカーでは初めて。八郷氏は「ターゲットを定めないと、研究開発でやるべきことが
    不明確になる」と狙いを語った。

     自動運転を巡り、アクセルやブレーキ、ハンドルの複数の操作を自動化する技術が実用化されている。
    完全な自動運転には高度な人工知能(AI)などの開発も必要で、ホンダは米IT大手グーグルとの共同研究など他社との連携も始めた。

     完全な自動運転の実用化には、事故発生時の責任の所在を明確にする法整備なども必要で、八郷氏は「インフラ(社会基盤)や
    法律の整備など我々にできないところもある」と指摘した。

     読売新聞
     http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170608-OYT1T50112.html


    スポンサーリンク

    【ほぼ完全自動運転、ホンダ「2025年頃めど」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2017/06/08(木) 13:42:20.50 ID:CAP_USER

    no title

    日産自動車は8日、高速道路の1車線内で自動運転する「プロパイロット」機能を搭載したスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」を発売した。価格は219万7800円~。プロパイロットの搭載は昨年8月に改良したミニバン「セレナ」に続き2車種目となる。今夏以降に改良を予定する電気自動車(EV)「リーフ」にも搭載する方針で、自動運転の普及を加速させる。

     プロパイロットはアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。ハンドルのボタンを押して起動すると、アクセルを踏まなくても、設定した車速(時速約30~100キロ)を上限に先行車との距離を保ちながら運転し、ハンドルを操作しなくても車線中央を走行し続けることができる。

     このほか、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアのロック解除や開閉ができる「リモコンオートバックドア」機能を搭載。ステアリングの自動操作による駐車支援システムの性能も高めた。

     発表会には、スケボーが趣味で、サーフィンにも挑戦したいという俳優の渡部豪太さんが登場。「行き先で遊んで疲れ果てても、帰りの運転をアシストしてくれるので、心強い」と笑顔を見せた。
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170608/bsa1706081256006-n1.htm


    スポンサーリンク

    【日産、エクストレイルに自動運転機能を搭載 セレナに続き2車種目】の続きを読む

    このページのトップヘ