乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自動運転

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2019/05/16(木) 15:15:21.27 ID:JMhgRwSZ9

    日産、高速道で手放し運転可能とした「プロパイロット2.0」を新型スカイラインに搭載
    5/16(木) 11:22配信

    日産は、新たに「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)を発表し、
    2019年秋に日本で発売する「スカイライン」に初搭載すると発表しました。

    「プロパイロット2.0」は、高速道路で同一車線内ハンズオフが可能な
    ナビ連動ルート走行を実現した世界初の運転支援システムです。

    「プロパイロット2.0」では、ナビゲーションシステムで目的地を設定し、
    高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始できます。

    ルート走行を開始すると、追い越しや分岐なども含めてシステムがルート上にある
    高速道路の出口までの走行を支援し、ドライバーが常に前方に注意して
    道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいては
    同一車線内でハンズオフが可能となり、ドライバーの運転操作を幅広く支援しるというものです。

    また、ナビゲーションと周囲360度のセンシング情報に基づいて、
    ルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切な開始タイミングをシステムが判断し、
    ドライバーに提案します。そして、ドライバーがハンドルに手を添え、
    スイッチ操作で承認することで、車線変更支援を開始します。

    この「プロパイロット2.0」は、車両に搭載したカメラ、レーダー、ソナー、GPS、
    3D高精度地図データ(HDマップ)を組み合わせて使用することで
    車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置を把握します。

    あわせて、高速道路上で周囲の車両の複雑な動きをリアルタイムで把握することで、
    熟練したドライバーが運転しているような滑らかな走行を実現。
    また、ドライバーモニターカメラを装備しており、ドライバーが前方を注視しているか常に監視します。

    日産自動車 副社長の中畔邦雄氏は次のようにコメントしました。

    「日産は世界中のお客さまに向けて安全で持続可能な社会の実現を目指す
    『ニッサン インテリジェント モビリティ』の取り組みのもと、
    クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めています。

    日産は今後とも『プロパイロット』技術の投入を進めることで、そのリーダーシップを推し進めるとともに
    更なる安全な交通社会の実現を目指し、クルマの新しい価値を提供していきます」

    5/16(木) 11:22配信 くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00010003-kurumans-bus_all
    「プロパイロット2.0」でのハンズオフ運転のイメージ
    no title


    【日産、高速道で手放し運転可能とした「プロパイロット2.0」を新型スカイラインに搭載へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    1: 2019/05/08(水) 10:12:19.64 ID:CAP_USER

    【シリコンバレー=白石武志】米ライドシェア2位のリフトは7日、米グーグル系のウェイモから自動運転車の供給を受けると発表した。2019年9月末までに米アリゾナ州フェニックス周辺で10台を配備する。運行規模は小規模で地域も限られるものの、一般の消費者がリフトのアプリを使ってウェイモの自動運転車を呼び出せるようになるという。

    ウェイモは地球400周分を超える公道走行試験を実施するなど自動運転技術の開発をリードしており、18年12月にはフェニックス周辺で自動運転車を使った配車サービス「ウェイモ・ワン」を商用化している。ただ、同サービスを利用できるのは特定の地域住民に限られていた。

    ウェイモが自動運転車を外部に供給するのはリフトが初めて。大規模なライドシェアサービス上で運行実績を重ねて利用者の声を集め、今後の車両開発などに役立てる狙いとみられる。リフトのジョン・ジマー社長は「世界トップクラスの自動運転技術と当社の先端技術を結びつける重要なステップになる」とコメントした。リフトは今後も自動運転技術の自社開発は続けるという。

    リフトが同日発表した19年1~3月期決算は、最終損益が11億3800万ドル(約1250億円)の赤字(前年同期は2億3400万ドルの赤字)だった。3月下旬の新規株式公開(IPO)に合わせてサービスを担うドライバーの一部に株式による報酬支払いを実施した負担が大きく、業績を開示している17年1~3月期以降で最大の赤字となった。

    売上高は前年同期比95%増の7億7600万ドルだった。期中のライドシェアアプリの利用者数は2050万人と、前年同期に比べ46%増えた。米最大手のウーバーテクノロジーズは19年1~3月期の売上高が前年同期比18~20%の増収になると見込んでおり、足元の成長力ではリフトが上回っている。
    google

    2019/5/8 8:53
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44508110Y9A500C1000000/


    【米リフト、グーグル系の自動運転車を導入 まず10台配備】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    2018_01_16_sato_nobuhiko_012_image_01

    1: 2019/05/02(木) 09:39:55.50 ID:Znfn9Als0

    これは約束された未来


    【予想しとく。令和の終わりにはお前らみんな自動運転の車に乗ってる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    MOBILITY_170629874_AR_-1_AJYDCEALFVUD

    1: 2019/04/22(月) 11:29:31.68 ID:MbWeESM60

    マジでなんやねん
    全車に自動運転義務付けたら事故なくなるやろ


    【ここまで車の死亡事故が多発してるのに自動運転が浸透しない理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント

    8c92f8e7

    1: 2019/04/12(金) 12:01:47.49 ID:CAP_USER

    日産自動車(7201)と仏ルノーは12日、中国・上海で自動運転や電気自動車、コネクテッドカー(つながる車)を研究開発する合弁会社を設立したと発表した。出資比率は50%ずつで、開発した技術は両社の車両に活用する。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
    2019/4/12 11:41
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL12HT3_S9A410C1000000/


    【日産自とルノーが中国で合弁会社設立 自動運転など研究】の続きを読む

    このページのトップヘ