乗り物速報

バイクと車のまとめ

    自動運転

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    file

    1: 2020/01/18(土) 12:42:03.88 ID:CAP_USER

    米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は17日、米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>車両の「突然の意図せぬ加速」問題を巡り、50万台を対象とした調査とリコール(回収・無償修理)の要請を検討すると明らかにした。

    NHTSAによると、調査とリコールの要請は2012─19年型の「モデルS」、16─19年型の「モデルX」、18─19年型の「モデル3」を対象としたもので、合計127件の苦情が寄せられた。110件の衝突事故と52件の負傷の報告があったとしている。

    苦情の多くは、駐車の際などに車両が突然意図せず加速したとするもの。運転支援システム利用中に突然加速し、衝突事故につながったとの報告もあった。

    この件に関してテスラは現在のところコメントはしていない。

    NHTSAは8日、テスラのモデル3が昨年12月29日にインディアナ州で駐車中の消防車に衝突して乗っていた1人が死亡した事故の調査を開始すると発表している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000022-reut-n_ame


    【テスラ車に苦情 米で調査検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    dims

    1: 20/01/13(月)03:12:05 ID:JsJ

    仕事無くなる?


    【【疑問】トラックの運転手になりたいんやけど自動運転普及したらどうなるんや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2020/01/14(火) 20:53:34.31 ID:lz7nALe39

    ◆ テスラ社の自動車 周辺の人々との会話を学習 

    テスラ社の電気自動車はまもなく周辺の人々と意思疎通をはかることができるようになる。
    テスラ社のイーロン・マスク代表が発表した。

    マスク氏はツイッターで、テスラ・モデル3からメッセージが届く動画を投稿した。
    そこでは、「そんな風に立っていないで、飛び乗れ」と呼びかけがされる。

    そのために電気自動車には外部スピーカーが設置される予定。
    Engadgetのリソースによれば、新機能によりドライーバーは窓を開けることなく歩行者や他の交通利用者と交信することができるようになる。
    生産日程を含む技術的な詳細はまだ明らかにされていない。

    ?この間、テスラ社は、自動車の接近を歩行者に警告する人工音声システムを自社自動車に設置する開発をはじめている。
    このシステムは、米国と欧州の電気自動車の安全に関する新法に適応させる上で必要となる。

    no title

    https://jp.sputniknews.com/science/202001147010597/


    【「そんなところに立っていないで飛び乗れ」 テスラ社の自動車、人間との会話を学習してドライバーと意思疎通をはかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2020/01/06(月) 18:08:48.17 ID:WX87ur3l0● BE:842343564-2BP(2000)

    制限速度を守る「自動運転車」が危険?現代のクルマに合った法改正は必須
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00010000-amweb-bus_all
    20200103-00010000-amweb-000-1-view

    完全な自動運転車が実用化された時代では、自動運転車と人が動かすクルマが「混走」することもありうる。そのため、自動運転車は「制限速度」を厳守すべきかが議論されている。
    人が運転するクルマが、必ずしも制限速度を守るとは限らず、もし自動運転車が法規通りに走る場合、速度差などで事故に繋がる場合もあるからだ。

    1970年代の高速道路を走行するスカイラインGT-R

     だが、その前に考えるべきは、現在の速度規制がクルマの性能などの実情に合っているかどうか。自動運転車の推進は、日本が抱える課題解決に必須。その第一歩として国は、法律などの抜本的改革を行う必要がある。

    ハンズオフ運転で感じた制限速度の問題点

    自動運転の実態を疑似体験できるのが、日産自動車のスカイラインに搭載された「プロパイロット2.0」だ。
    これは、運転の責任をすべて運転者が負う既存の”レベル2″という運転支援でありながら、ハンズオフと呼ばれる手放し運転が、自動車専用道路の本線上でできる。

     カメラと高精度な地図データを基に、これまでのカメラとミリ波レーダーを主体とした運転支援とは比べ物にならないほど的確、かつ安心して手放し運転することが可能。これを試す多くの人が、同感できる高い完成度ではないかと思う。

     一方、ハンズオフの運転で改めて課題が明らかになったのは、自動車専用道路での制限速度。新東名高速の一部区間を除き、他の高速道路の最高速度は時速100kmであり、自動車専用道路では時速80kmである。
    筆者がプロパイロット2.0を試乗したのは中央自動車道であったため、時速80kmでの走行となった。それでも淡々と走れるなら、80km先に1時間で到着できると読め、それほど精神的にイライラさせられることはない。
    また、時速100km以下で走行することは、燃費にも良いわけだ。

     ただ、問題に感じたのは、河口湖方面から大月インターチェンジへ向かって、手前のトンネルに入るところから制限速度が時速60kmに下げられた状況。
    しかもこの区間で東京方面へ向かうには、2kmにわたり追い越し車線側を走らなければならない。ハンズオフの運転ではクルマは時速60kmで走行するため、後続車が次々と後ろに連なり、険悪な雰囲気になってしまった。

     トンネル内での車線変更が危険であることは理解できる。だが、なぜ時速60kmで走らなければならないのか、その理由が定かではない。
    東京方面へ行くため車線変更できないまま追い越し車線を走らなければならないのであれば、それまでと同じ時速80kmで走行できるようにすべきではないだろうか。
    もし、トンネルという閉鎖された環境で、時速60kmでなければ走行に危険が及ぶのであれば、本線上の他のトンネル内も時速60kmとしなければ理屈に合わない。

     さらに、インターチェンジの出口では、本線を離れるとすぐに時速40kmまで減速せねばならない。これも、インターチェンジの急なカーブに差し掛かったのならやむを得ないかもしれないが、
    ゆるやかなカーブ区間を時速40kmで走行するのは相当な苦痛だ。もちろん、後続車があれば滞留することにもなる。


    【自動車評論家「自動運転車が実用されたら制限速度で走る車が増えて危険だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    492682174

    1: 20/01/07(火)22:49:23 ID:D62

    民度も低くて路駐も多いし想定してない障害物に突っ込んで終わりそう


    【【疑問】日本の道路事情で自動運転ってホンマに可能なんか??】の続きを読む

    このページのトップヘ