乗り物速報

バイクと車のまとめ

    警察

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    Himeji_police-stn_20090831

    1: 2019/11/25(月) 06:37:38.62 ID:Y0Yj9Yn10● BE:842343564-2BP(2000)

    窓の外眺めていた警官が発見 免許取り消し処分直後に車運転

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000016-kobenext-soci

    免許の取り消し処分直後に車を運転したとして、兵庫県警姫路署は24日、道交法違反(無免許運転)の疑いで、同県姫路市の会社員の男(31)を逮捕した。

    【写真】差し押さえ、保険解約…駐車違反“逃げ得”許さぬ

     逮捕容疑は、11月18日午後0時20分ごろ、同市宮西町4の路上で軽乗用車を無免許で運転した疑い。容疑を認めているという。

     男は同日、同署で免許取り消し処分の執行手続きを終えた後、近くのスーパーマーケットに止めていた父親名義の車を運転したという。たまたま同署から窓の外を眺めていた警察官が、男が車に乗り込むところを目撃した。


    【免許取消で出頭した男が車に乗って帰ろうとした所、たまたま窓の外を眺めてた警官に見つかり逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    91fc593d354ce116e26d009a035ef481_s

    1: 2019/11/20(水) 20:33:34.39 ID:Dr1CZ6ej9

    県警パトカーが高速道路で事故 損害賠償325万円支払いへ・宮崎

    宮崎放送

    去年3月、宮崎自動車道で県警のパトカーが車と衝突する事故を起こし、車を運転していた男性にけがを負わせたとして、男性に治療費など約325万円を支払うことが分かりました。

     県警察本部や県によりますと、去年3月、宮崎市田野町の宮崎自動車道で、高速道路交通警察隊のパトカーが交通違反の車の取り締まりをしていた際、車線変更をしたところ後ろから走ってきた別の車と衝突。車を運転していた男性がけがをしました。

    この事故を受け、県は、男性に治療費を含む損害賠償金約325万円を支払うため、11月25日開会の県議会に特別議案として提案することにしています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00010001-mrt-l45
    11/20(水) 12:06配信MRT宮崎放送


    【県警パトカーが高速道路で事故 損害賠償325万円支払いへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2019/11/15(金) 07:48:57.69 ID:O4/Y85Rp0● BE:842343564-2BP(2000)

    no title


    動画

    【【動画】【動画】警察車両が高速道で幅寄せ当て逃げ。甲子園署「謝罪する必要がない」←晒されて謝罪した模様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    f789ee5a7807c70e9e478c7b37d96f5c_t

    1: 2019/11/04(月) 18:24:40.57 ID:HW7g/jdKr

    くそむかつくんだが


    【【悲報】原付ワイ、初めて警察屋さんに捕まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2019/10/21(月) 10:49:06.63 ID:ZvBABDIb0 BE:422186189-PLT(12015)

    十勝管内で初実施された移動式オービス(手前左)による速度取り締まり
    no title


    十勝管内で死亡交通事故が相次いでいるのを受け、帯広署は8日朝、道警が今年度初めて導入した移動式の
    速度違反自動取り締まり装置(通称・オービス)による初の取り締まりを実施した。

    管内の交通事故による死者数は7日現在、前年比6人増の13人。
    ほぼ倍増の異常なペースで死亡交通事故が発生している。

    移動式オービスは全国の警察で導入が進み、道警は今年5月から1台を道内で運用している。

    速度違反を取り締まる際、パトカーの駐車や違反者を誘導するスペースが必要なためこれまでは取り締まりを
    実施できなかった路線でも、機器を設置でき、天候や、夜間などの時間にかかわらず取り締まりを行える。

    一般道に設置されている装置と同様、速度違反を感知すると撮影し、後日、違反車両の所有者に出頭通知がある。

    帯広署はこの日、帯広市西17南6の若葉小学校前の市道に移動式オービスを設置して、取り締まりを行った。

    若葉小学校や帯広第八中学校の通学路だが、交通量が多く、スピードを出す車が多いことから取り締まりの要望が高かった。

    帯広署と池田署は9日まで移動式オービスで、速度出し過ぎによる重大事故の発生が懸念される早朝や夜間、
    小学校通学路や幹線道路などを重点に取り締まりを行う。

    http://www.hokkaido-nl.jp/article/13996


    【北海道警察、平均時速200km/hの十勝地方に移動式オービスを初導入】の続きを読む

    このページのトップヘ