乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車両整備

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    8edcf95ee8934ff3f2eb8435be9a4b6c_t

    1: 2020/01/08(水) 23:33:18.14 ID:apaFtZWga

    あほくさすぎへんかまじで???


    【【悲報】車検代、22万円もかかる・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    vdtmIF1TiF354kRp

    1: 2020/01/06(月) 15:51:18.400 ID:e7tskOcYd

    球はもちろん切れていないのに何故だろう(´;ω;`)
    たまに正常に光る


    【俺の車のウインカーが高速点滅するwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    a3daacd68c9445cc6d0c65911f816534_t

    1: 2020/01/05(日) 09:44:22.779 ID:BZCdWg270

    これ板金何万円コースなの


    【【悲報】さっき車縁石に乗り上げて足回り壊してしまったんだが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    bfc428ea4337ef972cb53ff3a4457c8b_s

    1: 2020/01/03(金) 20:38:57.18 ID:VaKibvt80

    勉強になるのはカブか2スト原付やったらどっちやろか?


    【バイクのメンテ覚えたいんやが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2020/01/01(水) 08:37:39.25 ID:Nu5rImFz9

    https://www.webcartop.jp/2020/01/472142/
    2020年1月1日

    クルマが動かなくなってしまうこともある
     最近のクルマはメンテナンスフリー化がどんどん進んでいる。にも関わらず、今でも残っているメンテポイントというのは、逆に言えばなくすことができないほど重要ということでもある。そうした数少ないメンテポイントの消耗品を、もし交換しなかったらどうなるのだろうか? 今でも交換が定められている部分についてまとめてみた。

    1)オイル
     オイルは人間でいうところの血液とよく言われるが、交換しないとスラッジがどんどん発生して各部に堆積したり、詰まったりしていく。さらに悪化するとカーボン化して、ガッチリと固まって、まさに動脈硬化。エンジンは潤滑不良で破損したり、ミッションは入らなくなったり、ギヤが摩耗したりと、クルマの性能をダイレクトに悪化させる。

    no title


    2)オイルフィルター
     オイルフィルターの交換サイクルは、エンジンオイルの交換2回に対して、1回が一般的。放置すると当然、汚れがどんどんと溜まっていくが、結果としてはなにも起こらない。詰まってオイルが流れなくなると思うかもしれないが、内部にバルブが付いていて、そこが解放されて詰まらないようになっている。

    no title


    3)エアクリーナー
     走れば走っただけ汚れは詰まってくるので、エンジンはどんどん不調になって、燃費もがた落ち。今まで見たひどい症状のクルマは、エンジンがかかってもすぐに止まってしまうというものだった。空気を吸えないので当然ではある。

    no title


    4)エアコンフィルター
     今や軽自動車にも付いているが、交換に無頓着な人もけっこういる。また都市部だと汚れるのも早いが、詰まるとエアコンの風が出なくなることがある。

    no title


    一度不具合が出てしまうと直らない箇所も!

    5)プラグ
     今や新型車だと20万kmまで無交換で、点検すら不要なので実質メンテナンスフリーなのだが、一般的には交換しないと電極がどんどんと減って、点火力ががた落ち。エンジンがかからなくなる前に、エンジンの振動が大きくなったり、加速や燃費が悪くなる。

    no title


    6)ATFやCVTフルード
     最近は5~10万km毎を指定することが多いが、それでも長いような気はする。交換しないと振動が大きくなって、ぎくしゃく感が増大。さらに滑りや異音も出るなど不具合が起こることもある。一度不具合が出てしまうとフルードを交換しても直らないのであしからずだ。

    no title


    7)ブレーキフルード
     こちらはペダルの踏力を各車輪のシリンダーに伝えて、ブレーキを利かせるのが役割。しかも吸湿性があるので定期交換が必須だ。交換しないと内部のピストンが錆びて固着して、ブレーキが効かなくなる。通常はまず片利きになることが多い。

    no title


    8)ブレーキパッド&シュー
     これは簡単で、摩擦材がなくなると制動力が発揮できずに止まれなくなる。キーキーと音が出て、ローターやドラムを傷めることにもなる。

    no title


    9)タイヤ
     溝がなくなってツルツルになると、当然バーストする。バーストしなくても、ウエット性能がガタ落ちで、とにかく危ないことこの上なし。

    no title


    10)ワイパー
     拭きムラが出る程度ならまだいいが、ゴムが千切れてくると拭き上げ不可能に。雨の日は危ないし、そもそも車検に通らない。

    no title


    【ケチった結果が大惨事に!クルマの消耗品を交換しないと何が起こるか「10のポイント」】の続きを読む

    このページのトップヘ