乗り物速報

バイクと車のまとめ

    軽自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    c5f65db815cb7a0fe2809d568453a0d9_t
    1: 2022/09/24(土) 18:29:24.940 ID:WCnRYCYa0

    犯人の追跡に不向きそうだしさすがにない?ある?



    【軽自動車のパトカーって存在する?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    a6fe49ba63e2d0fc81bab71b2339fcfb_t
    1: 2022/09/11(日) 10:51:14.378 ID:Woj9htl90

    俺は何回かあるぞ



    【お前ら軽自動車運転したことある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2022/09/09(金) 21:41:24.48 ID:UI/DoqG79

    マツダは2022年9月9日、軽乗用車「フレア」に一部改良を実施し、同日、販売を開始した。

    フレアはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売している軽ハイトワゴンであり、「スズキ・ワゴンR」の姉妹モデルにあたる。

    改良の内容は2022年8月にベース車に施されたものに準じており、全グレードにおいて全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能を標準装備化。またターボエンジン搭載グレード「ハイブリッドXT」を追加設定した。

    内外装の意匠も変更しており、「ハイブリッドXS」と新グレードのハイブリッドXTについては、専用デザインのフロントグリルやフロントバンパー、ヘッドランプを採用。リアバンパーやリアコンビランプ、アルミホイールのデザインも、よりスポーティーなものとした。ボディーカラーのバリエーションも変更しており、新たに「ノクターンブルーパール」「フェニックスレッドパール」を設定している。

    一方、インテリアについては黒を基調とし、専用デザインのメーターやブラウンメタリックのカラーパネルを採用。力強さと上質さを表現したという。

    またエントリーグレードの「ハイブリッドXG」についても、フロントグリルとフロントバンパーの意匠を変更。ベージュ内装車のボディーカラーに「テラコッタピンクメタリック」を、ブラック内装車のボディーカラーに「フォギーブルーパールメタリック」を追加した。

    価格は138万6000円から183万1500円。(webCG)

    2022.09.09
    https://www.webcg.net/articles/-/46959

    フレア ハイブリッドXT
    no title



    【マツダが軽ハイトワゴン「フレア」を一部改良 ターボ車を新設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2022/09/08(木) 21:45:48.79 ID:7qg4U4z69

    三菱自動車は2022年9月8日、軽乗用車「eKクロス/eKクロス スペース」に新グレード「Gプレミアム/Tプレミアム」を設定。同時に「eK」シリーズ全体において一部改良を実施し、同日、販売を開始した。

    ■運転支援システム「マイパイロット」を標準装備

    eKクロス/eKクロス スペースに新設された2グレードは、…

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    価格は以下のとおり。

    【eKクロス】
    ・Gプレミアム:174万9000円(FF)/188万1000円(4WD)
    ・Tプレミアム:183万1500円(FF)/196万3500円(4WD)

    【eKクロス スペース】
    ・Gプレミアム:198万円(FF)/211万2000円(4WD)
    ・Tプレミアム:206万8000円(FF)/220万円(4WD)

    ■ボディーカラーの見直しと装備の強化を実施

    eKクロス/eKクロス スペースの新グレード追加に加え、eKシリーズの他のモデルでも、ボディーカラーの設定変更や装備設定の見直しといった、一部改良が行われた。車種ごとの変更点は以下のとおり。

    ◆eKワゴン/eKクロス

    「eKワゴン」にモノトーンの「ナチュラルアイボリーメタリック」を、eKクロスにツートンカラーの「ホワイトパール/ブラックマイカ」を新たに設定するなど、ボディーカラーのバリエーションを変更した。

    価格はeKワゴンが132万5500円から154万円、eKクロスが146万3000円から196万3500円。

    ◆eKスペース/eKクロス スペース

    「eKスペース」にモノトーンの「ミントブルーメタリック」を、eKクロス スペースにツートンカラーの「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」を新たに設定するなど、ボディーカラーのバリエーションを変更した。

    装備も拡充しており、eKクロス スペースの「Gプレミアム/T/Tプレミアム」には、運転席側電動スライドドアや助手席シートバックテーブル、リアサーキュレーター、リアサンシェード、樹脂製ラゲッジボードおよびPVC後席シートバックからなる「後席パッケージ」を標準で採用。eKスペースのTには運転席側電動スライドドアを標準装備した。

    価格はeKスペースが139万9200円から181万1700円、eKクロス スペースが165万5000円から220万円。(webCG)

    2022.09.08
    https://www.webcg.net/articles/-/46952


    3: 2022/09/08(木) 21:49:03.28 ID:7qg4U4z69

    eKクロス Tプレミアム
    no title

    no title

    eKクロス スペースTプレミアム
    no title

    no title

    eKワゴン
    no title

    eKスペース
    no title



    【三菱が「eK」シリーズを一部改良 「eKクロス/eKクロス スペース」に新グレードを追加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント

    ダウンロード
    1: 2022/09/06(火) 12:42:54.85 ID:hpvwT06AM

    どんなイメージ?



    【ワイの愛車が12年落ちのワゴンRスティングレーなんやが】の続きを読む

    このページのトップヘ