乗り物速報

バイクと車のまとめ

    軽自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2017/05/30(火) 13:43:41.12 ID:aDVGefhx0 

    軽自動車も「白地に緑文字」ナンバープレート

    自家用軽自動車のナンバープレートは通常、黄色地に黒文字のものですが、現在、白地に緑文字のものも交付されています。
    これは2019年に日本で開催される「ラグビーワールドカップ」を記念し、その支援の一環として作られたものです。

    この軽自動車用「ラグビーワールドカップ」特別仕様のナンバープレートですが、普通・小型自動車用の特別仕様と同じデザインで、しかも、
    通常の自家用普通・小型自動車用ナンバープレートとほぼ同デザインのものも存在します。そこに問題はないのでしょうか
    。国土交通省自動車情報課に話を聞きました。

    ――そもそも、自家用軽自動車のナンバーはなぜ黄色なのでしょうか?

    1973(昭和48)年に、白地から黄色地へ変更されました。当時、高速道路における軽自動車の最高速度は現在よりも20km/h低い
    80km/hに定められていました。また、通行料金も普通車と異なることもあり、速度規制のうえでも、料金区分を判定するうえでも、
    ナンバープレートの色で軽自動車であるとわかりやすくしたのです。

    ――それがなぜ、今回のようなことになったのでしょうか?

    黄色ナンバーがあくまで標準です。今回は「ラグビーワールドカップ」を支援する政府の取り組みとして、期間限定で特別なナンバープレートを
    取得できるようにしたもので、そのデザインがたまたま白地であったということです。

    https://news.goo.ne.jp/article/trafficnews/trend/trafficnews-71500.html
    no title


    スポンサーリンク

    【軽自動車「白ナンバー」人気 「ラグビーW杯」特別仕様で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    2459591i
    1: 2017/05/24(水) 21:51:10.95 ID:jJzPWP8Jr

    あれ恥ずかしくないんかね?


    スポンサーリンク

    【軽自動車とか原付改造してるやつwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    1: 2017/05/18(木) 18:11:17.01 ID:mdWv+bZ80 

    ホンダ、6月2日~11月30日期間限定販売の「S660」特別仕様車「Bruno Leather Edition」

     本田技研工業は、2シーター・オープンスポーツ「S660(エスロクロクマル)」のαグレードに特別仕様車「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」を
    設定して6月2日~11月30日の期間限定で販売する。価格は228万円。

     Bruno Leather Editionは、エクステリアではボディカラーに「ベルベットマルーン・メタリック」を特別色として設定したほか、「ブラックドアミラー」「オールブラックアルミホイール」を装備。

     インテリアでは、「ジャズブラウンインテリア(スポーツレザーシート/本革巻ステアリングホイール/インパネソフトパッド)」「専用アルミ製コンソールプレート」
    「センターディスプレイ(internavi POCKET連携)」を採用する。

     ボディカラーは、特別色「ベルベットマルーン・メタリック」のほか、「プレミアムスターホワイト・パール」「アドミラルグレー・メタリック」の計3色を設定。

    また、S660専用iPhone向けアプリ「レブビート S660」を6月2日にリリースする。同アプリではシフトチェンジのタイミングを判定し、センターディスプレイに「Excellent」「Good」「Bad」表示と音声でフィードバック(6MT車のみ)。
    自らの走行履歴はiPhoneで保存・確認でき、Twitterへ投稿することもできる。さらに走行を重ねることで、専用楽曲などのアイテムが増えるゲーム性も兼ね備えている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1060257.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダ、スペシャルなS660「Bruno Leather Edition」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    1: 2017/05/14(日) 15:16:52.93 ID:CAP_USER9

    香川県三豊市詫間町詫間で自動車整備工場を営む真鍋貴行さん(57)が、軽乗用車を左ハンドル車に改造し、愛好者のハートをつかんでいる。
    純正部品を可能な限り活用し、公道も走れるのが特長。
    軽は日本の独自規格で、メーカーは左ハンドル車を製造しておらず、「世界でたった1台、自分だけの車」が受けているようだ。

    真鍋さんは、市販車から福祉車両やキャンピングカーなどへの改造をこれまでも手掛けてきた。2014年2月に軽乗用車の左ハンドル化を計画。
    スズキの軽乗用車「ハスラー」について、ハンドルやメーター類はもちろん、パワーウインドーの操作スイッチも左右を入れ替えた。
    自動車検査(車検)に適合させるため、運転席側のフロントガラスの雨粒を十分に取り除く必要があり、ワイパーはモーターごと入れ替えた。

    軽乗用車の左ハンドル化は全国的にも例があるが、「軽商用車」への登録変更が多いという。
    だが、軽商用車の後部座席は折り畳み式などの制約があり、真鍋さんは使い勝手も同じ「軽乗用車」登録にこだわった。

    ダッシュボードの入れ替えでは、安全性証明のため、鉄球を衝突させる実験を繰り返した。
    陸運支局への提出書類は厚さ約1センチに達したという。

    車は16年5月に完成。定員や安全性、走り心地は市販車と同じだ。普段は工場にとめているが、インターネットで情報は広まった。
    ハスラーなら80万円あまりで改造可能という。ハスラー以外を含め、これまで10台近くを左ハンドルに改造した真鍋さん。

    左ハンドル車を巡っては、右折時の前方の見えにくさなど国内で議論もある。しかし、真鍋さんは路肩に止めた左ハンドル車から運転手が安全に乗降できるメリットにも気がついたという。

    「福祉車両が左ハンドルなら、安全に乗り降りできるはず。世界一厳しい車検に通る左ハンドルの軽乗用車なら、海外でも通用する。
    将来は輸出もやってみたい」。左側の運転席から望むのは、原点の福祉車両と世界市場だ。【植松晃一】

    左ハンドルに改造した軽乗用車の運転席に座る真鍋さん
    no title


    配信 5/14(日) 14:55

    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000023-mai-soci


    スポンサーリンク

    【「世界に1台」、軽自動車を左ハンドル化 輸出構想も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2017/05/09(火) 20:50:15.85 ID:fUcnTVB+

    ダイハツ工業は9日、同社の主力モデルである軽自動車「ミライース(Mira e:S)」を6年ぶりにフルモデルチェンジし発売開始した。販売価格(消費税込)は、84万2400円~133万9200円。
    c07d2e0541af02efb1c4b58a20427214

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00010007-autoconen-ind


    スポンサーリンク

    【ダイハツ ミライースが6年ぶりにフルモデルチェンジ!】の続きを読む

    このページのトップヘ