乗り物速報

バイクと車のまとめ

    軽自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 14:40:50 ID:pF5k4CHf0
    この満足感…プライスレス

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 14:41:08 ID:4Q56cciK0
    微笑むプレミアム

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/09 14:41:35 ID:m3O/0Oon0
    俺のライフと交換しよう

    【軽トラ買ったwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: シャルトリュー(catv?) 2013/06/09 11:07:56 ID:OGwuyTXl0
    「軽3台売るよりレガシィを1台」 富士重工のオンリーワン戦略に大注目- J-CAST(2013年6月8日17時00分)

    2013年3月期の国内自動車メーカーの決算は、トヨタ自動車の営業利益が2008年3月期以来5年ぶりに1兆円を超えるなど、各社ともリーマン・ショックからの
    回復を印象づける内容となったが、なかでもスバルブランドの富士重工業が世界販売台数、売上高、営業・経常・最終の各利益が過去最高となる快進撃を見せた。

    独自の技術で「オンリーワン」の商品を開発し、 円高でも高収益を確保するビジネスモデルは、経済専門紙が特集を組むなど、各方面で注目されている。

    販売台数で7位も、最終利益で業界4位に浮上

    富士重工の吉永泰之社長は5月8日の決算発表会見で、「世界販売台数は72万4000台と過去最高だった。2014年3月期も販売台数、売上高、営業利益など
    2年連続で過去最高を予定している」と述べ、中期経営計画で2016年3月期に85万台とする世界販売目標の達成に自信を見せた。

    吉永社長は過去最高益となった要因として、(1)安心と楽しさを追求したスバルらしい商品を投入できた(2)最重要市場の米国を中心に販売台数を拡大できた
    (3)好調な販売で生産工場の高操業が続いた(4)原価低減が進んだ(5)円高の是正が進んだ――をあげた。

    13年3月期決算では有利子負債を1年間で338億円減らし、そのうえで手元資金を822億円増やした。稼いだ利益を負債の削減に充てたことで、2000年以降初めて実質無借金になり、それが思い切った「攻め」の経営を可能にしたともいえる。
    http://news.infoseek.co.jp/article/20130608jcast20132176689

    【富士重工「軽3台売るよりレガシィを1台」 どっかの軽・ミニバン専業メーカーとは違う確固たるポリシー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: ヤマネコ(千葉県) 2013/05/11 11:02:51 ID:StlVJ+Hv0
    首位ムーヴを筆頭にトップ10の内、7台を軽自動車が独占した。

    4月の新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

    1位:ムーヴ 1万8601台(26.8%減)
    2位:プリウス 1万8417台(15.9%減)
    3位:アクア 1万7182台(7.0%減)
    4位:N BOX 1万6382台(38.6%減)
    5位:ワゴンR 1万3787台(52.3%減)
    6位:ミラ 1万1848台(40.2%減)
    7位:アルト 1万0870台(12.4%減)
    8位:N-ONE 9618台(40.4%減)
    9位:タント 9532台(40.4%減)
    10位:ノート 9415台(180.3%増)

    http://response.jp/article/2013/05/08/197498.html

    軽自動車は本気で日本人のために作られた車だから人気なんだよな
    普通車はグローバルモデルで、どんどんでかくなりすぎ・・・

    【日本独自の規格で、日本人のためだけに作られた「ガラ軽」こと軽自動車が大人気!】の続きを読む

    このページのトップヘ