乗り物速報

バイクと車のまとめ

    軽自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: のーみそとろとろφ ★ 2013/11/14 22:04:24
    2013年11月14日発売

    i-MiEV:245万9100円~290万1150円
    i-MiEV
    no title

    MINICAB-MiEV:216万5100円~259万8750円
    no title


     三菱自動車工業は11月14日、電気自動車(EV)の「i-MiEV」、
    軽商用電気自動車(EV)の「MINICAB-MiEV VAN」をそれぞれ仕様変更して発売した。
    価格はi-MiEVが245万9100円~290万1150円、MINICAB-MiEVが216万5100円~259万8750円。

     i-MiEVは、これまで上級グレードとして販売してきたGグレード(バッテリー容量16.0kWh、
    一充電走行距離180km[JC08モード])に代わり、走行性能はそのままに価格を89万8850円引き下げた新グレード「X」を設定。
    エコカー減税の免税(100%減税)措置と
    上限85万円の「平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金」を活用することで、
    約205万円から購入可能な手が届きやすいモデルとなっている。
    また、エントリーグレードとなる「M」(バッテリー容量10.5kWh、
    一充電走行距離120km[JC08モード])も価格が14万900円引き下げられ、
    同じく補助金などの活用で約172万円からという価格設定になった。

     このほかに装備の充実も図られ、軽自動車として初めて全車に省電力型ヒートポンプエアコンを標準装備。
    ヒーターを使用した場合の電力消費が低下し、航続可能距離の減少が抑えられる。
    運転席・助手席に標準装備するシートヒーターは、これまでの座面に加えてシートバックも温める仕様に変更。
    ルームランプと連動するLED式の普通充電リッド内照明も全車に標準装備している。
    さらに急速充電器が普及してきたことを受け、急速充電機能が全車標準装備になっている。

     また、新グレードのXは従来モデルから約20%明るさを向上させたLEDヘッドランプを装備。
    Gグレードにメーカーオプション設定していた「プレミアムインテリアパッケージ」の装備内容に、
    本革巻ステアリング、本革巻シフトノブ、運転席ハイトアジャスターなどを追加して5万2000円で全車選択可能に変更。
    タイマー充電やプレ空調機能を備えた「MiEVリモートシステム」も5万2500円で全車オプション設定としている。

     安全面でもヘッドレストを大型化し、SRSカーテンエアバックを全車に標準装備して乗員保護性能を高めている。

    MINICAB-MiEV VANも価格が引き下げられ、CD 10.5kWhモデルは23万4900円、CD 16.0kWhモデルは37万2250円安くなった。
    これにより、一番安いCD 10.5kWh 2シーター車は補助金などの活用で約156万円から手に入る価格設定となっている。
    このほか、オプション設定の運転席・助手席シートヒーターがi-MiEVと同じ座面とシートバックの両方が温まる仕様に変更されている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623659.html

    三菱自動車工業株式会社
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/
    ニュースリリース
    http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2013/news/detail4723.html
    製品情報(i-MiEV)
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/i-miev/
    製品情報(MINICAB-MiEV)
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/minicab-miev/index.html

    【三菱自動車、「i-MiEV」に新グレード「X」を設定して価格を約90万円引き下げ i-MiEVが245万9100円~290万1150円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    tai01

    1: ミッドナイトエクスプレス(千葉県) 2013/11/10 16:09:09 ID:Rhz/0RQi0
    軽自動車税の増税、報告書提出…先行き不透明

     自動車関係税制と地方法人課税の見直しを話し合ってきた総務省の有識者検討会は6日、軽自動車税の増税の検討などを求める報告書を新藤総務相に提出した。

    総務相は「報告書を尊重しながら、次の作業を進めていきたい」と述べ、自民、公明両党の税制調査会に実現を働きかける考えを示した。ただ反対論も根強く、先行きは不透明だ。

     自動車関係税制では、自動車税より税額が安い軽自動車税について、「負担水準の適正化を検討すべきだ」と増税の検討を求めた。
    また、軽自動車税と、現在は排気量などによって税額が決まっている自動車税について、燃費性能の高い車ほど税額が安くなるような仕組みの導入も提言した。

     地方法人課税では、自治体が地元企業から集めている「法人住民税」の一部を国税化し、地方交付税として税収が少ない自治体に再配分することなどを求めた。

    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131106-OYT1T01047.htm

    【自動車取得税は廃止、その変わりに軽自動車税を増税←ただの弱いものいじめ、高額車を増税しろよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/11/05 11:08:13
    いまや国内の新車販売台数のうち4割を占めるほどになった軽自動車。

    室内空間や動力性能は充分、質感もひと昔前とは比べものにならないほどクオリティーが
    あがっているなど常に進化を遂げているのがその理由といえます。

    10月3日にフルモデルチェンジをし好調な販売を続けている新型タントもそんな1台。
    なんといってもCMなどで「かつてない進化を遂げた」ことを猛アピールしているほどです。

    そんなタントが、軽自動車ではかつてないアピールをしていることで話題になっています。

    それは、松屋銀座の外壁面に「軽も銀座(ここ)まで来たか」というキャッチフレーズと
    ともに巨大広告を掲出していることです。

    そう、このフレーズは新型タント・カスタムのテレビCMで豊川悦司さん演じる
    「CAR & More」チーフが発する「軽もここまで来たか」をベースにしたものです。

    松屋銀座といえば、その名の通り大正14年から銀座3丁目に居を構える伝統あるデパートです。
    ひと昔前なら銀座に「軽自動車」はそぐわないとあきれられていたかもしれませんが、高品質な
    ことが支持されている新型タントの広告は松屋銀座に掲示されていてもけして違和感がなかった
    ことに驚きました。

    面白いのは松屋銀座に掲示されているのが新型タントの広告だけでないこと。

    「軽も銀座(ここ)まで来たか」のキャッチフレーズに合わせ、代表的なダイハツの
    軽自動車を外壁に年表方式でぐるっと囲むよう紹介していること。

    1957年に発表されたミゼットを皮切りに、1960年代から新型タントの2013年まで登場した
    クルマ21台が紹介されており、クルマ好きなら思わず見入ってしまいます。

    新型タントの広告、および年表は11月26日まで松屋銀座の中央通り、松屋通りに面した
    外壁に掲出されています。銀座に行った際は、新型タントと21台のダイハツ軽自動車の
    勇姿をぜひご覧になってください!


    no title


    ◎ダイハツ工業(7262)http://www.daihatsu.co.jp/

    http://clicccar.com/2013/11/05/235016/

    ◎主な関連スレ
    【車/税制/経営】ダイハツ社長「軽増税なら、賃金ベアは決めようがない」 [10/31]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1383222737/

    【車/戦略】ダイハツ、来春に「軽スポーツ」2車種投入--『東京モーターショー』に出展 [10/30]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1383090915/

    【「軽も銀座(ここ)まで来たか」--ダイハツ、銀座松屋の壁面に巨大広告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    331ee560

    1: トペ コンヒーロ(徳島県) 2013/11/04 09:43:28 ID:cR8XFTX/0
    今年5月、軽トラックで稚内市から石垣市までの日本縦断(直線距離で3600㌔)にチャレンジした元石垣市職員の仲本英克さん(59)が10月30日、
    145日間の旅を終えて石垣市に帰ってきた。仲本さんは「いろんな人たちに親切にしてもらい、楽しい旅だった。
    同じ日本でも街並みや行政の取り組み、観光サービス、バリアフリーなどの違いもあった。この体験で得られたことを何かに役立てたい」と旅を振り返った。

     今回のチャレンジは、仲本さんが1998年に石垣市と稚内市の相互派遣研修として、稚内市経済部商工観光課(当時)に派遣された際、
    稚内市の職員や市民の温かさが忘れられず、「第二の人生は稚内市から」と旅を決意した。

     5月28日に稚内市役所を出発。青森から日本海側ルートで南下し、富山県で滞在した際には娘の結婚式のため、
    一度沖縄本島に移動。8月13日に再び富山県を出発。京都府や兵庫県、島根県、鳥取県、九州と沖縄本島を一周し、1万1745㌔を走行し、石垣島に戻ってきた。

     出発地の稚内市に向かう前には東京都の川崎港から軽トラで本州に上陸。

     太平洋側のルートで北上しており、今回の軽トラの旅では合計25都道府県を通過した。
    軽トラの荷台カバーには各地で知り合った人たちから「無事に旅が進みますように」「すてきな出会いを」「また来てください」などの寄せ書きが所狭しと書かれていた。

     旅で印象に残ったことについて仲本さんは「各地の道路案内標識がていねいで分かりやすく、観光サービスやバリアフリーも進んでいた。
    石垣市も参考にしてはどうだろうか」「なつかしい友人や後輩にも会うことができ、元気をもらえた」と話す。

     旅の間、日記を書き、いろんな場所で写真も撮影しており、今後は自分史づくりに取り組みたいという。

    http://www.y-mainichi.co.jp/news/23629/

    【ジジババが運転する、軽トラ 「ヲォォォォォォォォォォォンンンッッッッ!!!!」 やかましすぎワロタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント
    1: フライングニールキック(千葉県) 2013/11/02 17:45:23 ID:b+2uoOZe0
    いま発売中のべストカー11月26号に、S660 のエクステリアデザインを担当したデザイナーの方のインタビューが少しではありますが掲載されています。

    no title

    no title


    要点は・・・

    1. S660 CONCEPT は、軽自動車枠でデザインされている(収まっている)。
    2. ルーフは、企業秘密。いまは言えない。
    3. ソフトトップの可能性はなし。
    4. ルーフ以外のエクステリアデザインは、このままいきたい。カウル風のデザインもほぼこのまま。

    わたしは、コンビニで立ち読みをしていて、思わず 「 まじかっ!? 」 となった。特に、4 の項目に関して・・・。まさか、二瘤カウルで市販するのかよ!?思わずカッとなって、そのままレジに持っていき、数年ぶりにベストカーを買ってしまった。
    よい子の大人たちもベストカーを買おう ♪ お値段、350円。

    はたして、ルーフはどーなるのか?興味の尽きない所であります。

    http://worldofpp1.exblog.jp/21354376/

    【ホンダS660、デザインはコンセプトのままで決定!秘密は屋根の仕組み!】の続きを読む

    このページのトップヘ