乗り物速報

バイクと車のまとめ

    軽自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2016/08/31(水) 23:16:21.47 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/08/31/280976.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    トヨタ自動車は、新型軽乗用車『ピクシス ジョイ』を8月31日に発売した。

    ピクシス ジョイは、ユーザーの生活に喜び・楽しさを提供していきたいという想いから命名。
    軽自動車本来の魅力である低燃費・低価格に加え、スタイルやカラーなどデザインも追求。「C」「F」「S」の3グレードを展開する。

     >おすすめコンテンツ:レクサス杯観戦記
    ピクシス ジョイCは樹脂のガーニッシュや大径タイヤを採用するなど、クロスオーバーを感じさせる
    エクステリアを追求。最低地上高を他の2グレードより30mm高い180mmとし、雪道や山道での走破性を確保した。

    ピクシス ジョイFはバンパーモールやサイドロッカーモールなど、随所にメッキ加飾を施すことで、
    洗練されたエクステリアを演出。シート表皮には滑らかな触り心地のスエード調フルファブリックを採用し、上質な乗り心地を実現している。

    ピクシス ジョイSはバンパーなど専用エアロパーツの採用に加え、内外装の随所に赤色のアクセントを施すことで
    、スポーティさを強調。スポーティサスペンション(2WD車)やMOMO製革巻ステアリングホイール(7速マニュアルモード/パドルシフト付)などを採用し、よりスポーティな走りを追求した。

    価格は122万0400円から162万円。なお、新型車はダイハツからのOEM供給車となる。


    スポンサーリンク

    【トヨタ、新型軽自動車「ピクシス ジョイ」を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 51コメント

    1: 2016/08/30(火) 15:48:58.80 ID:COGiB6440

    スズキが発表した2016年7月の四輪車生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年同月比2.2%減の26万1329台で、
    9か月連続のマイナスとなった。

    海外生産はインド、中国等で増加したが、タイ、インドネシア等で減少し、同0.4%減の18万5748台で3か月連続のマイナス。
    国内生産も国内・輸出向けともに減少し、同6.3%減の7万5581台と17か月連続のマイナスだった。

    国内販売は同4.3%減の5万1251台で、2か月ぶりのマイナス。登録車は新型『ソリオ』や『イグニス』が貢献し、
    同44.8%増の9571台と7月として過去最高の記録で11か月連続プラスとなったが、軽自動車は『ワゴンR』や『アルト』等が減少し、
    同11.2%減の4万1680台で19か月連続のマイナスだった。

    輸出は中南米・大洋州向け等が減少し、同27.9%減の6868台と、2か月ぶりのマイナスとなった。

    http://response.jp/article/2016/08/30/280882.html

    スズキ イグニス
    no title


    スズキ ハスラー
    no title


    スポンサーリンク

    【助けてー軽自動車が売れないの!19か月連続のマイナスなの 安倍さんが軽自動車税増税してからなのー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 55コメント

    10552003_200005
    1: 2016/08/29(月) 17:18:15.32 ID:I0r7npr0aNIKU

    おかしくね?
    チャリ、原付と同じようなもんやん


    スポンサーリンク

    【軽自動車とかいう車もどきが何故普通車と同じ権限与えられてるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 154コメント

    pic_cs_t_ss_01
    1: 2016/08/21(日) 11:21:54.023 ID:J5JXu0nDd

    SUZUKI車HONDA車DAIHATSU車試乗後ぼく「軽自動車クソやわ……」


    スポンサーリンク

    【バカ「最近の軽自動車は結構走るよ、高速でも楽勝だわ」ぼく「マジかよ最近の軽自動車進化したな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント

    1: 2016/08/16(火) 19:36:03.13 ID:CAP_USER

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/longtermreview/sambar/1015059.html
    no title

    no title

     サンバー生活もだいたい落ち着いてきてしまい、日常の足として生活に完全に溶け込んでいる。最初はボロボロの軽トラックが恥ずかしいという
    気持ちもあったが、今や完全に下駄状態。多少のボロさはどこに乗っていっても気楽。ドアパンチを恐れる必要もない。
     ホームセンターでプランターの土を買っても、なんの躊躇なく荷台にひょいと乗せられる。もう、なくてはならないお気楽な相棒として完全に生活の一部になっているのだ。

    そうだ、遠出をしてみよう!
     サンバーは気軽な足として、近所をまわるのに全く疲れない運転感覚を持つことは分かっているが、遠出をした場合にどうなるか試したくなってきた。
    一度に数十kmレベルの走行はしたことがあるが、それよりも長距離の経験はない。何時間も高速巡航したらどうなるだろうか。
     最初に検討したのは夏休みに東北でもまわろうと考えていたこと。しかし、特別な目的があるわけでもなく、軽トラで行く必然性もない。
    ある程度の義務感でもないと軽トラで遠出する気持ちにはならないものだ。
     そう思っていたとき、大阪に行く用事ができた。しかも用事は2件で、最初の用事は夕方からなので、朝早く出れば間に合う。
    さらに2件目の用事のあとは休日なので、帰り道に時間的プレッシャーがない。
     新幹線や飛行機で行ってもよい用事だったが、これを逃したら次はないということで、無理矢理サンバーで大阪行きを決定してしまった。

    前準備でオイル交換
     遠出をするとなればいろいろ整備しておきたいところ。油脂類の量や汚れ、タイヤの空気圧などをひととおり点検する中で、オイル交換をしようと思いついた。
    サンバーはエンジン内部掃除を兼ねて高頻度でオイル交換してきたが、長時間の高速巡航ということで、直前にあらためて交換しようと思いたった。
     高回転が何時間も続く運転となるため、近所のホームセンターで4Lで約2000円と安く売っていたカストロールのXF08を選んだ。
    粘度はいつも入れている5W-30よりも少し高温にも対応した5W-40となり、高回転でも潤滑性能がよさそうと思ったからだ。
     XF08は部分合成油となっており、これまで使用してきた化学合成の5W-30よりも下に見えるかもしれないが、今はVHVIという鉱物油なのか
    化学合成なのか議論の分かれるものまで「化学合成」とされる時代なので、そこはあまり気にしないことにした。
     オイル交換はいつものように、自分で下に潜り込んで行なった。この作業も慣れれば全く苦にならず30分もあれば交換は完了する。もちろん、オイルフィルターも交換した。
     交換後、最初にエンジンをかけて思ったのは、音が小さくなったこと。タペット音が少しカチャカチャ音がするうちのサンバーのエンジンだが、
    交換後はそれがかなり小さくなった。これは期待できそうだ!

    タコメーターを付けた
     あとはもう1つ。大阪遠征よりも前になるがタコメーターをつけた。メーターをつけたからといって何が変わるわけでもないが、サンバーの場合、
    高速道路を走ると高回転が続くので、なんとなく状況を把握したかったからだ。
     ネットで適当なものを探してチョイス。よく見かけるAutoGaugeブランドのものだが、いろいろ仕様がたくさんある中で52mm径のものを選んだ。
     タコメーターの配線は、運転席後ろにあるコンピューターからもらうというネット情報をもとに、デジタルテスターで探り当て、接続したところすぐ回りだした。
     メーター自体は速度計も各種警告もふさがない位置としてコラムのところに取り付けた。水温計が見難くなったが、これは視線をずらせば見えるのでよしとする。
    長距離走こそ水温計が必要なのは分かっているのだが、常時見えていなくてもいいかなと思い、この位置に仮付けした。いずれ、もっとよい位置に移動させるか、
    薄いバーグラフタイプのデジタルメーターにでも交換しようかと思っている


    スポンサーリンク

    【サンバーで東京~大阪往復、軽トラで遠出は現実的か?】の続きを読む

    このページのトップヘ