乗り物速報

バイクと車のまとめ

    運転マナー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    238a6ba3f258993509624295abee38d3_s
    1: 2017/12/10(日) 21:17:55.68 ID:CAP_USER9

    財経新聞2017年12月10日 17時24分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14010033/

     「自家用車の平均スピードが落ちてきている」との記事があるが、もちろん測ったわけではないようだ。あくまでも個人の感触だが、私も同感である。高速道路では遅い車は左車線に多く、高速の車が右車線で追い抜いていくときの速度差が途方もなく速いクルマは少なくなっているように感じる。

    【こちらも】「自動運転タクシー普及なら車いらない」10カ国で46%

     先日マツダ・CX-3に試乗したとき、アクセルの初期反応が極端に遅れるので、「この車だけのことか」営業マンに確かめてしまった。「急に発進すると怖い」とのユーザーからの声が多く、この反応にしていると説明があった。極めて反応が鈍く、アクセルを2度踏みしてしまうほどだ。ドライブ・バイ・ワイヤーなので調整機構を付けてほしいものだ。

     また、現在は運転席の着座位置が高い方が望まれるそうだ。多くの人が幼い時から着座位置が高いクルマに慣れていて、低いスポーツカーなどは嫌われると言う。ジャガーはセダンでは着座位置が低いので嫌われることがあるようだ。

     日本ではミニバンがブームで、セダン、スポーツカーの人気がなかった。だからなのか、実際の街中で運転していると信号待ちからの発進が遅いと感じる。昔のように信号グランプリを争うような車は少ない。現在では、発進が遅すぎて渋滞を気にしなければならなかったり、右折の時には、前車が曲がり始めてそれに追随していくとスピードダウンしてしまい、ついていったこちらが危険になることがある。曲がり終えたのなら、速やかに前進して後ろを開けないと、後続車が危険になる。

     こうしてみると「平均スピードが落ちた」と言うよりは「もたもたが増えた」と言えるかもしれない。「わが道を行く」クルマが多い。交通は「流れ」なので危険を考えるべきだ。また、渋滞の原因でもある。

     どうしたことかと考えるのだが、これまでは「燃費」を考えてなのだろうと解釈していた。加速時にアクセルを開けすぎると燃費が悪くなる。しかし、現代のダウンサイジングターボやハイブリッドエンジンは、低速トルクが大きく、立ち上がり加速が早い。日産リーフでも、スポーツカーのトヨタ86を0~100km/hでは上回る。それなのに、なぜかドライバーが普通よりゆっくりしているのだ。

     全ては主観だが、車は走るものとの認識で運転しているようには感じない。自分の視野から自分が安心出来るように走らせているようだ。

    (全文は配信先で読んでください)


    【自家用車の平均スピードが落ちている その理由は? 歓迎すべきなのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    ec1cb8a1c35e56e127f281131fe7b154_s
    1: 2017/12/08(金)18:16:28 ID:jnL

    やっぱ東名のみたいに事故に繋がらないとセーフ?


    【煽り運転って法的にはどうなん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    6bbbfa278af00ce354ba366c05513f44_s
    1: 2017/12/05(火) 04:21:45.69 ID:EFthAC3H0

    バカ車「被せて左折したろ!」


    【ワイバイク「左に寄って左折しよう」 バカ車「なんやこいつ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    8abf0f79c4cb430c929fe5ad196c748b_s

    1: 2017/12/03(日) 07:15:55.19 ID:eaoojtIW0● 

    高速の追い越し車線は走り続けるだけで交通違反
    https://radiolife.com/security/police/19997/

    高速道路で取り締まられる交通違反はスピード違反だけではありません。追い越し車線を最高速度を気にしながら走行していても、走り続けていると交通違反となってしまいます。
    逆に、追い越し車線でなく左側の車線から追い越すのも交通違反。月末や年末はとくにこれらの交通違反がよく取り締まられます。

    月末によく取り締まられる交通違反

    月末や年末に交通違反の取り締まりが増えるのは、交通機動隊などに「目標件数」があるため。
    目標件数を達成しないと部署の予算を減らされることになるため、とくに月末はセコイ交通違反ばかりが狙われます。
    なかでも、月末によく取り締まられる交通違反が「通行帯違反」です。高速道路では、追い越し車線を走り続けると違反になります。
    また、逆に左側の通行帯から追い越すことも交通違反です。
    車線が複数以上ある高速道路では、1番右側の車線は追い越し車線となります。この一番右側の車線は、追い越しをする場合に通行ができる車線。
    追い越しが終わった車は速やかに左側の車線に戻る必要があります。
    取り締まりが比較的ラクな交通違反

    このため、高速道路などで追い越し車線を走行している時に注意すべきは、スピード違反だけではありません。追い越し車線をずっと走行していると「通行帯違反」として取り締まりを受けるわけです。
    また、左側追い越しにも注意しなければなりません。追い越し車線を使わず、左側の通行帯から追い越すことも交通違反。「追い越し違反」は元交通機動隊員にいわせれば、取り締まりが比較的ラクな違反といいます。
    このほか、月末によく取り締まられる交通違反は、携帯電話やシートベルトの不備などスピード違反以外の違反ばかり。
    ふだんから交通ルールを順守するだけでなく、月末は小さい交通違反に注意する必要があります。


    【高速の追越車線走行は違法だぞ。走行車線に戻らずに120kmで走り続けてるお前のことだよ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    ba556c65b0fcc54371f55e3eb7c5734a_s
    1: 2017/12/01(金) 15:52:31.049 ID:5+L8nB3L0

    もう一回免許取り直せよ


    【追い越し車線を、ちんたら走ってる奴何なの】の続きを読む

    このページのトップヘ