乗り物速報

バイクと車のまとめ

    違反

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    photo0000-4076
    1: 2017/01/13(金) 14:43:28.450 ID:GnMFc8+c0

    ブー!ブッブー!ブー!
    ブッブー!ブブー!
    ブッブブー!


    スポンサーリンク

    【都内のペーパードライバーどもにタクシーの俺が違反ポイント教えてやる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: すらいむ ★ 投稿日:2015/07/29(水) 12:28:55.54

    c0053399_155557

    全国初の自転車講習命令へ、2回摘発の大阪の男性

     自転車の危険運転に対し、全国で初めて有料講習が命じられる見通しです。今月、大阪市で
    前輪のブレーキがついていない自転車を運転したとして、29歳の男性会社員が警察に
    2回摘発されました。危険運転への講習を義務づけた改正道路交通法が適用されるということです。

     警察によりますと、大阪市西区の路上で通勤途中の男性会社員(29)が、前輪のブレーキが
    ついていない競技用自転車の「ピストバイク」を運転したとして、今月9日と15日の2回にわたり、
    道路交通法違反の疑いで摘発されました。

     先月施行された改正道路交通法では、ブレーキのない自転車の運転や自転車での酒酔い運転などの
    危険行為を3年以内に2回以上繰り返した場合、有料の安全講習の受講が義務づけられています。

     講習料は3時間で5700円ということで、大阪府の公安委員会は近く、この男性に安全
    講習を受けるよう全国で初めて命令を出すということです。(29日11:41)

    TBS News i.
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2551014.html


    スポンサーリンク

    【全国初の自転車講習命令へ、2回摘発の大阪の男性 前輪のブレーキがついていない競技用自転車「ピストバイク」を運転】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    maxresdefault

    1: 忍次郎 ★ 投稿日:2015/07/13(月) 14:26:56.33

     大阪市住之江区の交差点で6月、バイクで巡回中の大阪府警住之江署地域課の男性警察官2人が、
    十分に一時停止をせず通過する様子がインターネットの動画投稿サイトなどに掲載され、
    通報を受けた府警が業務指導していたことが13日、府警への取材で分かった。
    1人は一時停止違反の反則切符(青切符)を交付された。

     監察室によると、同署の警察官2人は6月24日午後2時40分ごろ、
    バイクで巡回中に交差点で一時停止をしなかった疑いがあるという。
    実況見分の結果、違反が裏付けられた1人を反則告知し、もう1人は保留としたが、
    「警察官として最善の注意をすべきだ」と業務指導した。

    ~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~

    産経WEST 2015.7.13 11:23
    http://www.sankei.com/west/news/150713/wst1507130025-n1.html


    スポンサーリンク

    【【大阪】動画投稿サイトでバレた! 住之江署員のバイク「一時停止違反」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    P1060469
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/05(日) 02:22:52.097 ID:2SIooRaX0.net

    とか本当にいるんか?警察がその場で取り締まってるならともかく
    道路に横にでっかく自動速度測定てきなこと書いてあるし


    スポンサーリンク

    【オービスに引っかかって免停くらったことあるやつwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント
    1: ダイビングフットスタンプ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/28(日) 21:21:02.01 ID:6y2sacSa0.n
    Slow driving in the fast lane is about to get expensive


    追い越し車線でゆっくり走る車の後ろについてしまい、これほどイライラするものはないと感じるみなさんに朗報だ。米インディアナ州で、いわゆる"のろのろ運転規制"法が7月1日から施行される。

    この新しい法律では、ドライバーが後ろから追い越されることが分かっている場合に、一番左あるいは追い越し車線を走行することを禁止している。罰金は100~200ドル(約1万2,400~2万5,000円)の
    範囲で、常習犯にはより高い罰金が科されるようだ。この法案に反対していたインディアナ州の上院議員は、この法律は非常に自己中心的で、スピード違反を推奨しかねないと危惧している。
    確かに、取り締まりを行う警察にも柔軟性が求められる。

    地元紙の『IndyStar』に対し、インディアナ州警察のデイブ・ビュルステン警部は、「例えば75mph(約120km/h)で走行しているクルマがいて、その後ろから90mph(約145km/h)の
    クルマが来た場合、我々は90mphのクルマを追跡する」と述べている。

    この法律はスピード違反を推奨するものではなく、安全でスムーズな交通の流れを保つために施行される。追い越し車線の渋滞は、急で危険な車線変更につながりかねず、
    運転中にキレてしまうドライバーが増える危険があるからだ。

    悪天候や工事、あるいは高速道路から降りる時や料金所の手前は、罰金の対象にはならない。アメリカの40の州が同様の法律を定めているが、大抵は制限速度を下回る速度で
    追い越し車線を走っている場合か、他のクルマが追い越したいのが明らかな場合にのみ適用されている。

    例えばフロリダ州の法律では、一番左の車線では、制限速度より10mph(約16km/h)以下のスピードで走行してはいけないし、ミシガン州では遅いクルマを追い越した後に
    追い越し車線を走り続けるクルマには罰金が科される。日本でも同様の法律で厳しく取り締まって欲しいと願うドライバーは多いのでは? 
    追い越し車線を走行する遅いクルマに関する他の州の法律は、こちらからチェックできる。
    http://jp.autoblog.com/2015/06/25/slow-driving-fast-lane-slowpoke-law-indiana/

    スポンサーリンク

    【追い越し車線をゆっくり走ると罰金の対象に!】の続きを読む

    このページのトップヘ