乗り物速報

バイクと車のまとめ

    電気自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/03/20(月) 12:18:33.47 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/nissan/leaf/special-3240822/

    no title

    no title

    no title



    日産の北米法人は3月9日、EV(電気自動車)に関する公式ツイッターで「新型リーフ(LEAF)が今年9月に世界デビューし、今年末に発売を開始する」と発表した。

    これを受けて、アメリカの自動車関連ウェブサイトでは、アメリカにおけるEV市場の今後を占う様々な記事が出ている。

    アメリカ市場では、昨年から乗用車が売れない状況が続いており、その流れは今年になっても続いている。
    トヨタ新型“カムリ”、ホンダ“アコード”など、アメリカのセールスボリュームを担うミッドサイズ乗用車は1~2月の累計で前年同期比17.5%減と大幅な落ち込み。

    一方で、大型SUVなどライトトラック分野は売り上げ増となる展開だ。これはガソリン価格が1ガロン
    あたり2ドル強(リッターあたり70円程度)で安定しているため、顧客のエコカー意識が上がらず、ハイブリッド車よりもデッカイSUVを選ぶ人が増えているのだ。

    EVについては、テスラ モデルS/モデルX、日産リーフ、そしてGMボルトが量産されているが、
    テスラをファッション感覚で所有する富裕層が中核であり、一般乗用車として“リーフ”や“ボルト”を購入する人が多い訳ではない。
    そうしたなか、このタイミングで日産が半年先の新型リーフ発表タイミングをアメリカ発で公開した裏には、2つの理由があると、筆者は考える。

    まずは、ZEV法(ゼロ・エミッション・ヴィークル規制法)への対応だ。米国・カリフォルニア州環境局が定めるEVやFCV(燃料電池車)等の電動車の普及を目指す法律で、
    2017年夏に発売される2018年モデルから、ZEV法が一部改正させる。
    これを受けて、これまでZEV法の対象だった、デトロイト3(GM、フォード、FCA)と、日系ビック3(トヨタ、日産、ホンダ)以外に、
    ジャーマン3(ダイムラー、BMW、VW)や韓国ヒュンダイ・KIA、そしてマツダ、スバルなど多くの自動車メーカーがEVや
    PHEV(プラグインハイブリッド車)を北米市場に一気に投入する。

    日産としてはこれからも、ZEV対応の筆頭をEVのリーフとしているため、カリフォルニア州環境局から日産に課せられた
    ZEVの販売台数をクリアするために、競合車が増える2017年にリーフのフルモデルチェンジを合わせたと考えられる。

    もうひとつの理由は、テスラ モデル3への対抗策だ。各メーカーからEVが出るのは、あくまでもZEV対応であり、
    本気でEV市場を拡大しようと考えているのは、現時点ではテスラと日産の2社のみ。
    VWがEV拡大戦略とうたっているのは、あくまでも排気ガス規制違反による企業のマイナスイメージ刷新が主な目的であり、本格的なEV量産にはまだ時間がかかる。

    となると、EVの販売ボリュームゾーンは当面、『モデル3』と『リーフ』が担うことになる。よって、モデル3の量産が始まる
    今年後半を意識して、日産リーフも新型投入となるのが妥当だ。

    (続きはサイトで)


    スポンサーリンク

    【日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 100コメント

    carlineup_priusphv_top_pic_02_01_pc
    1: 2017/02/24(金) 22:08:41.27 ID:SFTjFa7l0 

    プリウスPHVが教える不都合な真実 --- 宮寺 達也
    2017年02月24日 06:00

    プリウスPHVのガソリン走行の燃費は37.2km/Lである。
    実燃費はもうちょっと下がると思うので同程度の燃費であるプリウスHVを調べてみたところ、23km/Lと推定できる(参照サイト)。

    よって、ソーラーパネルが1年間に充電する1059kmを走行するためには、
    41.26L(=1059km÷23km/L)のガソリンが必要になる。
    プリウスPHVの燃料タンク容量が43Lなので、一回の満タン給油にも満たない量だ。

    2月20日現在のガソリン価格の平均がレギュラー126.6\/Lなので、41.26Lのガソリンは5224円である。

    つまり、28万800円のソーラー充電システムは1年間で5224円分のガソリンの節約につながるが、
    元を取れるまで54年かかってしまう。
    ソーラー充電システムは日本と欧州では販売するものの、最大の消費地であるアメリカでは
    「需要が無い」とのことで販売しないとのことだ。
    しかし、元がとれるまで54年掛かるのでは、日本と欧州の需要も心配である。

    http://agora-web.jp/archives/2024583.html


    スポンサーリンク

    【「ガソリン節約分の元を獲るのに54年かかる」 トヨタ新型プリウスの不都合な真実】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 81コメント

    2
    1: 2017/02/21(火) 11:08:16.14 0

    たぶんトヨタのせいなんだろうが


    スポンサーリンク

    【日本って電気自動車を普及させる気がほとんど無いよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 58コメント

    section-initial-touch
    1: 2017/02/05(日) 09:45:52.64 ID:CAP_USER

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170204/bsg1702040500003-n1.htm

    □日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎
     2016年は訪日外国人旅行者数が2400万人を超えた。それも関連するのであろうか、最近とみに日本礼賛記事が多くなってきたように思える
    「日本はすばらしい。文化も商品もこんなにも進んでいる」云々である。これはこれでよいのかもしれないが、
    このような記事によって産業界全体が世界の先頭を走っていると勘違いしてしまうと、危ないことにもなりかねない。

    まさに「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の世界である。
    今回は、世界の中で進んでいると言われている電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)を例にとりながら、
    マネジメントはどう考えるべきかについて、述べてみたい。

     1月になると、16年の車に関する集計が出揃ってくる。新車販売台数は米国が1755万台で前年比0.4%増、
    中国は2803万台で同13.7%増なのに対し、日本は497万台となり、同1.5%減である。
    その中で特筆すべきはEVとPHEVの合計販売台数で、米国は15.9万台(同37%増)、中国は50.7万台(同53%増)であったのに対し、
    日本は2.5万台とほぼ前年同等となっている。

     遅れ広がるEV・PHEV
     これから言えることは、中国をはじめ米国でもエコカーであるEV・PHEVは著しい伸びを示していることだ。既に中国は日本の20倍以上、
    米国でも6倍以上と、新車販売台数の規模以上に水をあけられてしまった。特に中国は15年に4倍以上の伸びを示し、
    新エネ車の規制が実施された16年でも伸び率が50%を超えている。もし、これが仮に対前年比40%増を維持するとなると、
    20年半ばには1000万台を超える規模になる。米国でも同30%増であれば200万台を超えるであろう。
    はたして、この計算は夢物語であろうか。筆者はかなり現実味が高いと思われ

     しかし、このように他地域のマーケットが急伸しているにもかかわらず、日本のマネジメントからは「たいへんだ!」「エコカーでは他に負けたくない!」
    などの声はほとんど聞こえてこない。「欧米中にて法規制が強化されるため
    、徐々にEV・PHEVを増やしていきたい」との声はあるものの、そう慌てることはないと思っているのであろうか。
     でも、はたしてそうだろうか。17年は、世の中が急変する時代に突入しているようである。例えば、オランダ、ノルウェーなどでは、
    25年のガソリン車・ディーゼル車の新車登録禁止を議論するなど、自動車誕生から130年以来の大きな変革が訪れようとしている。
    環境激変の中、中国、欧州、米国の次の4番手に位置し、かつ、大きな差が開いている状態で、
    日本は再び先頭集団に復帰することはできるであろうか。まだ大丈夫と思っている間に、距離が離され、追いつけなくなってしまうことはないだろうか。

     一般に、新しい市場については次のような参入方法がある。
     (1)自ら開発し、新市場を創る(2)伸び始めの初期段階より参入する(3)後発のため、大規模に資金と人材を投入し、一気に追いつき追い越す-の3つだ。
     しかし、これをEV・PHEVにあてはめると、せっかく10年代に新市場を創ると参入したものの、足踏み状態が続き、
    現在では(3)で記した“一気に追いつき追い越す”案でも、実現が難しくなっている。

    「まだ大丈夫」の認識は重症
     NPO法人産学連携推進機構理事長の妹尾堅一郎氏は著書「技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか」(ダイヤモンド社)の中で、
    「現在の環境は、1970年代に日本が席巻したイノベーションモデルが悪化しているに過ぎないと思っている経営者が少なくない。
    しかし、明らかに欧米の政府や企業が仕掛けて、モデルが変わり環境ができてきた。つまり自然現象的変容ではなく、人為的環境変容である」と述べている。
     多くのマネジメントが、冒頭の日本礼賛ではないが、心地よい話や、多少負けていてもまだ大丈夫というように、感度が鈍くなっているのであれば、
    かなり重症の部類に入るのであろう。半導体、携帯電話など、次々と窮地に陥った歴史を振り返ると、次に自動車や他産業に波及しないとは限らない。
    マネジメントは、市場の動きに敏感になり、むしろ、ゲームチェンジャーとしての役割をはたすことが望まれるのではないだろうか。


    スポンサーリンク

    【日本の自動車産業が世界の先頭を走っているという勘違い、急激に拡大するEV市場に日本が対応できてない現実】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    electric-car-513627_640

    1: 2016/12/11(日) 13:24:06.49 ID:bnOk9fw/

    自動車の擬音は「ブーーン」じゃなくて「ウィーーン」に・・・


    スポンサーリンク

    【もしもエンジン車がモーター車に取って代わられたら・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ