乗り物速報

バイクと車のまとめ

    電気自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    K0000625969

    1: 2019/02/17(日) 02:31:03.38 0

    シリコンバレー本拠のテスラは1月2日、2018年の第4四半期(10月~12月期)に9万台以上を販売したと発表した。
    この数値は、第3四半期(Q3)を8%上回り、同社の最高記録となった。
    内訳はモデル3が6万3150台(Q3から13%増)、モデルSが1万3500台、モデルXが1万4050台となっている。

    Atherton Researchが数カ月前に予測した通り、テスラは2018年の最終四半期において、米国でナンバーワンのプレミアム車メーカーとなった。
    売上高においても利益においても、テスラはレクサスやBMWを上回っている。
    創業15年の同社は、自社のディーラー網を持たず、3種類の車両のみでこのマイルストーンを達成した。

    2019年もテスラの成長は継続し、シリコンバレー本拠の自動車メーカーが米国のプレミアム車市場をリードしていく状況は変わらないだろう。

    高級EV車市場で欧州メーカーに先手

    テスラが増産体制を整え欧州市場に乗り込む一方で、メルセデス・ベンツやBMW、アウディ、ポルシェらの欧州勢も電気自動車(EV)分野での競争力を高めようとしている。
    しかし、欧州メーカーが数十億ドル単位の資金をEVに注いでも、彼らが2020年より前にEVや自動運転分野で成果をあげることは難しい。

    さらに、テスラには欧州勢に先行してさらなる低価格化や新たなイノベーションを打ち出す用意もある。
    テスラは今回、2000ドルの値引きを宣言したが、これは同社の財政面にマイナスの影響を与えず、新たな需要を呼び起こすはずだ。


    【テスラが米高級車市場でトップに、BMWやメルセデスに大差】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    p6

    1: 2019/02/15(金) 08:29:33.82 ID:5M4xcGPF9

    https://jp.reuters.com/article/volkswagen-electric-idJPKCN1Q108W

    ビジネス
    2019年2月12日 / 04:07 / 16時間前更新
    焦点:「EV王座」狙う独VW、排ガス不正どん底からの復活劇
    Edward Taylor and Jan Schwartz
    [ボルフスブルク(ドイツ) 6日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)が、電気自動車(EV)で世界のトップに君臨するという野望を実現できるとすれば、それは、排ガス不正という同社史上最悪の事件から生まれた、リスクの高い、思い切った「賭け」のおかげかもしれない。

    自社の命運を賭けて800億ユーロ(約1兆円)もの巨額を投じたVWは、EV量産で収益性を確保するという大勝負に出た。これはどの自動車メーカーもいまだ近づくことさえできない壮大な目標だ。

    自動車大手のEV計画には、これまで共通する1つの主要目標があった。それは、収益性の高い従来タイプの車から得られる利益を守りつつ、全体として大気汚染防止の規制を満たせる程度にゼロ・エミッション(排出物ゼロ)車を追加しよう、というものだ。

    また顧客側は大半がEV購入に及び腰だった。高すぎる価格、充電の面倒さ、航続距離の不足が原因だ。

    80年の歴史を誇るVWにとって、最大の戦略転換に踏み切るきっかけとなったのは、2015年10月10日にボルフスブルクのゲストハウスで週末開かれた危機対策会議だった。同社幹部がロイターに語った。

    会議を主宰したのはVWで当時ブランド責任者だったヘルベルト・ディース氏。曇り空の土曜午後、9人のトップマネジャーが集まったのは、同社の排出ガス不正を規制当局が摘発したことに対する善後策を協議するためだ。このスキャンダルによってVWは270億ユーロを超える巨額の罰金を科せられ、名声は大きく傷ついた。

    「激しい議論だったが、もし十分に思い切った飛躍ができれば、これはチャンスになり得るとの理解も得られた」。VWブランドのセールス担当取締役ユルゲン・シュタックマン氏はそう振り返る。

    「あれが、EVというアイデアを単にもてあそぶ以上のことをやろうという、最初のプランニング会議だった」と、同取締役はロイターに語った。「われわれは自問した。ブランドの未来について、どういうビジョンがあるのか、と。現在の状況はすべて、ここにつながっている」

    このブランド経営委員会からわずか3日後、VWは「MEB」というコードネームを与えられたEVプラットホーム開発計画を発表し、低価格EVの量産に向けた道が開かれた。
    (リンク先に続きあり)


    【【「EV王座」狙う独VW】排ガス不正どん底からの復活劇】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/02/13(水) 20:01:51.06 ID:RnlHBYr90 

     本田技研工業は2月13日(現地時間)、2019年内に量産モデルの発売を計画している新型EV(電気自動車)プロトタイプのインテリア写真を公開した。

     今回、欧州の同社Webサイトで公開されたインテリア写真は、ダッシュボード全面にディスプレイが採用されていることが確認できる。

     同社の新型EVプロトタイプについては、これまでにエクステリアデザインのスケッチも公開されており、
    外観については2017年のフランクフルトショーで発表された「アーバン EV コンセプト」との共通性を持ったデザインとなっている。

     今後、同社はスイス ジュネーブで開催の「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」(プレスデー:3月5日~6日、一般公開日:3月7日~17日)で
    新型EVプロトタイプを世界初公開する。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1169509.html
    no title

    no title


    【【画像】ホンダ アーバンEVの内装を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2019/02/12(火) 13:39:09.32 ID:CAP_USER

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    その他画像あり、詳しくは元ソースで

    日産自動車の欧州部門は2月11日、『リーフe+』(Nissan Leaf e+)の発売記念車の予約受注台数が、発売から1か月で3000台を突破した、と発表した。

    リーフe+には、新開発e-パワートレインを採用し、パフォーマンスと航続を向上させているのが特徴だ。「e+」の名称は、エネルギー密度が増したバッテリーと、よりパワフルなパワートレインに由来する。日産によると、航続はおよそ40%延長しているという。

    リーフe+は、最大出力218ps、最大トルク34.7kgmを発生するモーターを搭載する。標準モデルの150ps、32.6kgmに対して、パワーはおよそ5割増加し、トルクも6.5%強化された。これにより、高速走行時の加速性能を大きく向上させているという。

    例えば、80km/hから100km/hへの加速時間はおよそ15%短縮し、高速道路の合流や追い越しシーンにおいて、よりスムーズなドライビングを可能にした。最高速もおよそ10%引き上げている。また、リーフe+のバッテリーは、エネルギー密度を約25%向上させた。室内空間やデザインを犠牲にすることなく、容量を55%向上させている。

    内外装は専用デザインとした。フロントバンパー下部にブルーのリップスポイラー状のパーツを追加し、充電ポートに「e+」ロゴを配した。インテリアはシートやドアトリム、ステアリングホイールなどにブルーのステッチを採用している。

    このリーフe+の欧州発売記念車、「3.ZERO」の予約受注台数が、1月8日の発売から1か月で3000台を突破した。ノルウェーにおいて、3000台のほぼ半分の予約受注を獲得する。EV先進国のノルウェーでは2018年、リーフが最も売れた新車となった。また、リーフは2018年、欧州全体で4万台以上を販売し、欧州で最も売れたEVとなっている。

    2019年2月12日(火)13時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/02/12/319014.html


    【日産 リーフ にパワー5割増の「e+」、予約受注3000台突破…欧州発売1か月で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2019/02/07(木) 13:40:15.41 ID:C5tpFuBzM

    米国のEVスタートアップSondorsが手がける「Model SONDORS」は前2輪、後ろ1輪の電動3輪カー。
    主なスペックをおさらいしておくと、バッテリーは3つのオプションが用意され、最大量のものであれば航続距離は約320キロ。最高出力は170馬力で、5~8秒で時速96キロに到達する。

    これだけの性能を持ちながら基本モデル1万ドル(約110万円)で予約の受け付けを開始したときは、やや懐疑的な目を向けられた。
    というのも主なEVは数万ドルするのが主流であり、しかも3輪EVはかなり珍しいからだ。

    しかし実際にSondorsは現在テストドライブを重ねていて、そうした様子はSNSなどで公開されている。

    フェラーリやランボルギーニのデザインにも関わったイタリアのデザイナーが手がけているだけあって、
    シャープで隙のない外観はいかにも“走りそうな車”という印象。公開されたビデオを見る限り、カーブなどでも安定した走りだ。

    やや奇抜なデザインというところに注意がいきがちだが、実際は3輪というスマートデザインのために車両が軽いなどのメリットもある。
    4月に納車が始まって走行する様子が広く目にされるようになれば再び話題となりそうだ。

    https://techable.jp/archives/92383


    2: 2019/02/07(木) 13:40:30.27 ID:C5tpFuBzM

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    これは欲しいやろ


    【【画像】アメリカでカッコいい電気自動車がなんと110万円で販売開始】の続きを読む

    このページのトップヘ