乗り物速報

バイクと車のまとめ

    電気自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント
    120502gas

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11 09:09:10 ID:QGZe5UXn0
    俺、6万ぐらいするんだけど高いよな?

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11 09:10:51 ID:RCOLceg60
    運送屋かよ

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11 09:11:27 ID:QGZe5UXn0
    いや自分で店やってるからないんだけどさ
    たまに遠くにでかけるぐらいで6万だぜ?

    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11 09:12:38 ID:ns12X/PK0
    どんだけ燃費悪い車のってんだ

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11 09:12:32 ID:6NDM3tj00
    ハマーみたいな車ならあり得る

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/11 09:12:53 ID:vD/FMg3B0
    約4000×4

    自営業でちょくちょく車乗るけど平均2万~3万ぐらいじゃね、6とかどこの外車だよ

    【一ヶ月のガソリン代いくら?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント
    日産リーフ ホワイトパール

    1: フロントネックロック(千葉県) 2014/02/01 17:56:20 ID:sQLkAYwt0
    ベストカー1月26日売り号に昨年の販売台数200位までの表が出ている。こいつを見るとヒジョウに興味深い。例えばリー フって1万3021台も売れており、ミラージュや86、エルグランドに勝っているのだった。

    http://kunisawa.txt-nifty.com/kuni/2014/01/post-4c22.html

    4: 垂直落下式DDT(静岡県) 2014/02/01 17:59:16 ID:P/UqsuZp0
    つまりホットハッチを造れってことだよ

    7: ムーンサルトプレス(秋田県) 2014/02/01 18:00:32 ID:GUBCg3+j0
    リーフ改造したスポーツカーめっちゃかっこいいよな

    8: ファイヤーバードスプラッシュ(東京都) 2014/02/01 18:01:01 ID:q02MeR+40
    一回の充電で100kmぐらいしか走れないんだろ?
    それに維持、管理に普通の車より金がかかると聞いたけどどうなの?

    10: レインメーカー(やわらか銀行) 2014/02/01 18:03:26 ID:DpJF2umMP
    >>8
    急速充電はディーラーで無料だから維持費はそこそこだろうけど
    使い勝手は最低じゃないの

    11: ショルダーアームブリーカー(静岡県) 2014/02/01 18:06:07 ID:5kfC5eLv0
    >>10
    無料ゆえでかいディーラーにしか置けない。
    かと言ってまともに銭取ると評判が下がる。
    ちなみに急速充電器電力は50Kw。
    これは工場付き小規模ディーラーの総電力に匹敵する。

    26: ファイヤーバードスプラッシュ(東京都) 2014/02/01 18:13:20 ID:q02MeR+40
    >>10
    ちょっとした田舎に行ったときの緊迫感が凄まじいものがあるだろうな
    「やべえ・・・素直にレンタカー借りるんだった」とか後悔しながらビクビク運転することがありそう

    【お前ら「86は売れまくって大成功!日産リーフ?失敗だろw」→去年の販売数はリーフのほうが上ですw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: フォーク攻撃(芋) 2014/01/12 09:43:19 ID:ZBtgtcCIP
    トヨタ東京自動車大学校では、学生たち手作りの自動車を多数展示している。そのひとつピンクの『MR-S』は、シングルシーターのEVに作り変えられていた。

    このMR-Sのこだわりは、前後というより左右の重量バランスだ。シングルシータなのでドライバーは車の中央に座る。
    これだけでレーシングカーの雰囲気が十分楽しめるが、その両サイドにバッテリーを搭載する。バッテリーは通常の鉛バッテリーを24個使用する。

    リアには当然モーターとトランスファー、アクスルが搭載されるが、その分フロント部は「スカスカ」である。ステアリングの
    ラックアンドピニオンとサスペンションがあるだけだ。なお、運転席が中央なので、ステアリングロッドは左右等長式だ。

    モーターはフォークリフト用の出力75kwという巨大なモーターが1基、直接トランスミッションに接続されている。クラッチから先はノーマルのMR-Sだという。
    そのためEVながらマニュアルトランスミッションの操作を楽しめる。ワンシータとなりエンジン部分がモーター1個となり、相当な軽量化がされている。
    車好きなら運転してみたくなる車といえるだろう。
    no title

    no title

    no title

    http://response.jp/article/2014/01/12/214650.html

    【【誰得】トヨタ「MR-Sにフォークリフトのモーターをトランスファーに突っ込こんでMTのEVにしてみた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    1: リキラリアット(千葉県) 2013/11/18 20:44:41 ID:WeBg3Qe20
    1.5リッター3気筒エンジンとモーター駆動によるダウンサイジング・ハイブリッドパワートレインながらシステム出力は300馬力をオーバー。
    カーボンボディによる軽量化により未来のスーパーカーと位置づけられる「BMW i8(アイエイト)」の国内発売について、価格と時期がアナウンスされています。

    メーカー希望小売価格は1917万円(消費税8%含む)、発売は2014年夏以降で、左右ハンドルが選べます。

    no title


    ミッドシップに搭載される1499ccのBMWツインパワーターボエンジン、その排気量から想像できない231PSというハイパワーを実現しています。
    このダウンサイジング過給エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムのトータル最高出力は266kW(362ps)、最大トルク570Nmとなり、このクラスのスーパーカーとして十分なスペックを手に入れいています。

    それでいて、EUテスト・サイクルでの燃費は2.5l/100km (40km/L相当)と恐るべき数値を達成しているといいますから、驚きです。
    また、エクステリアのイメージに違わず、EVモードでも俊足。モーターのみでの走行においても、最高速度120km/hに達するということです。

    ●BMW i8 主要諸元
    全長:4689mm
    全幅:1942mm
    全高:1298mm
    システム最高出力:266kW(362PS)
     エンジン最高出力: 170kW(231PS)
     モーター最高出力:96kW(131PS)
     エンジン最大トルク: 320Nm
     モーター最大トルク: 250Nm
    最高速度:250km/h
    0-100km/h加速性能:4.5秒
    EUモード燃料消費率:2.5L/100km
      CO2排出量:59 g/km
    EVモード航続可能距離: 35km

    http://clicccar.com/2013/11/18/236356/

    【BMW i8 1.5Lの3気筒エンジンで2000万円!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: のーみそとろとろφ ★ 2013/11/14 22:04:24
    2013年11月14日発売

    i-MiEV:245万9100円~290万1150円
    i-MiEV
    no title

    MINICAB-MiEV:216万5100円~259万8750円
    no title


     三菱自動車工業は11月14日、電気自動車(EV)の「i-MiEV」、
    軽商用電気自動車(EV)の「MINICAB-MiEV VAN」をそれぞれ仕様変更して発売した。
    価格はi-MiEVが245万9100円~290万1150円、MINICAB-MiEVが216万5100円~259万8750円。

     i-MiEVは、これまで上級グレードとして販売してきたGグレード(バッテリー容量16.0kWh、
    一充電走行距離180km[JC08モード])に代わり、走行性能はそのままに価格を89万8850円引き下げた新グレード「X」を設定。
    エコカー減税の免税(100%減税)措置と
    上限85万円の「平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金」を活用することで、
    約205万円から購入可能な手が届きやすいモデルとなっている。
    また、エントリーグレードとなる「M」(バッテリー容量10.5kWh、
    一充電走行距離120km[JC08モード])も価格が14万900円引き下げられ、
    同じく補助金などの活用で約172万円からという価格設定になった。

     このほかに装備の充実も図られ、軽自動車として初めて全車に省電力型ヒートポンプエアコンを標準装備。
    ヒーターを使用した場合の電力消費が低下し、航続可能距離の減少が抑えられる。
    運転席・助手席に標準装備するシートヒーターは、これまでの座面に加えてシートバックも温める仕様に変更。
    ルームランプと連動するLED式の普通充電リッド内照明も全車に標準装備している。
    さらに急速充電器が普及してきたことを受け、急速充電機能が全車標準装備になっている。

     また、新グレードのXは従来モデルから約20%明るさを向上させたLEDヘッドランプを装備。
    Gグレードにメーカーオプション設定していた「プレミアムインテリアパッケージ」の装備内容に、
    本革巻ステアリング、本革巻シフトノブ、運転席ハイトアジャスターなどを追加して5万2000円で全車選択可能に変更。
    タイマー充電やプレ空調機能を備えた「MiEVリモートシステム」も5万2500円で全車オプション設定としている。

     安全面でもヘッドレストを大型化し、SRSカーテンエアバックを全車に標準装備して乗員保護性能を高めている。

    MINICAB-MiEV VANも価格が引き下げられ、CD 10.5kWhモデルは23万4900円、CD 16.0kWhモデルは37万2250円安くなった。
    これにより、一番安いCD 10.5kWh 2シーター車は補助金などの活用で約156万円から手に入る価格設定となっている。
    このほか、オプション設定の運転席・助手席シートヒーターがi-MiEVと同じ座面とシートバックの両方が温まる仕様に変更されている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623659.html

    三菱自動車工業株式会社
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/
    ニュースリリース
    http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2013/news/detail4723.html
    製品情報(i-MiEV)
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/i-miev/
    製品情報(MINICAB-MiEV)
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/minicab-miev/index.html

    【三菱自動車、「i-MiEV」に新グレード「X」を設定して価格を約90万円引き下げ i-MiEVが245万9100円~290万1150円】の続きを読む

    このページのトップヘ