乗り物速報

バイクと車のまとめ

    電気自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 93コメント

    1: 2017/09/06(水) 11:36:21.68 ID:CAP_USER9

    フル充電で400キロ走行=新型リーフ来月発売―日産
    9/6(水) 11:00配信

    日産自動車は6日、走行中に二酸化炭素(CO 2)などの排ガスを出さない
    電気自動車(EV)「リーフ」を全面改良し、10月2日に発売すると発表した。
    2代目となる新型モデルはバッテリーの容量を大きくし、フル充電した場合の連続走行距離を
    従来の280キロから400キロに延ばした。価格は315万360円から399万600円。

    高速道路の単一車線を自動で走行する独自技術「プロパイロット」を搭載。
    日産車で初めて、ボタン操作で縦列駐車できる機能も採用した。

    記者発表に出席した西川広人社長は「初代が持つ先駆者としての役割から進化し、
    新型リーフは今後の日産のコア(中核)となる実力を持った車だ」と自信を示した。

    新型モデルは海外市場にも投入し、米国、カナダ、欧州では2018年1月に発売する。
    18年にはフル充電での走行距離をさらに延ばしたモデルの追加を予定している。 

    9/6(水) 11:00配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000044-jij-bus_all
    no title


    【フル充電で400キロ走行 日産、全面改良した電気自動車(EV)「リーフ」の新型モデルを公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    nissan
    1: 2017/08/29(火) 00:06:31.86 ID:CAP_USER9

    世界的な環境規制の強化で電気自動車(EV)の本格的な普及が見込まれるなか、EVの普及を主導してきた日産自動車が異例の方針を打ち出した。
    EVの心臓部でもあるバッテリー事業を、中国系ファンドに売却することを決定したのだ。
    そこには日産会長であるカルロス・ゴーン氏流のしたたかな読みが見え隠れする。

    「(バッテリー事業の売却は)日産にとってEVの競争力のさらなる強化にもつながる。
    日産は市場をリードするEVの開発と生産に専念することができる」(日産・西川廣人社長)

    日産が保有するバッテリー事業とバッテリー生産拠点を、中国系ファンドであるGSRキャピタルに売却することを決定した。
    業界では、この決定を不思議がる声が相次いでいる。

    量産型のEV専用車「リーフ」を世界で初めて市場投入した日産は、搭載するリチウムイオン電池の開発・生産体制を整えるため、NECと車載用電池の合弁会社オートモーティブエナジーサプライ(AESC)を2007年に設立した。
    出資比率は日産が51%、NECが49%で、AESCが製造するリチウムイオン電池がリーフなどに搭載されている。

    日産は9月にリーフをフルモデルチェンジする予定で、デザインを一新するほか、EV普及のネックでもある1回フル充電当たりの航続距離を伸ばして使い勝手を向上、販売を促進する方針だ。
    新型リーフにもAESC製のリチウムイオン電池が搭載される見通しだ。

    日産では早くからEVを環境戦略車の本命と見て開発を強化、EV専用モデルとなるリーフを10年にグローバルで市場投入。
    ルノーとの合計で16年度までにEVを累計150万台販売する計画だったが、実績では40万台超にとどまっている。

    EV普及のネックとなっているのが価格と航続距離だ。
    特に1回充電当たりの航続距離が、エアコンをオンにすると100km前後と短いことや、世界的には充電設備が整っていないことが大きい。

    そして、この航続距離を伸ばすためのキーとなるのが車載用電池だ。
    リーフが15年末のマイナーチェンジで航続距離を228kmから280kmに伸ばしたのも、サイズアップを抑えながらリチウムイオン電池の容量を増やしたからだ。
    つまりEVの販売を増やすためには、航続距離の延長が必要で、それを左右するのが車載用電池だ。

    一方、都市部での環境汚染が深刻化していることや、フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車の不正事件の影響もあって環境規制が強化されている。
    英国、フランスは40年以降、ガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出した。

    カリフォルニア州など米国の10州では、自動車メーカーに一定台数以上、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境対応車の販売を義務付ける。
    中国やインドなどでも、自動車メーカーに電動車の販売を義務付ける政策が導入される見通しだ。

    ■ EVシフト

    これらの動きから、世界の自動車各社はEVの開発を本格化している。
    VWは25年までに新型EVを30車種以上投入して新車販売の25%をEVにする計画を掲げる。

    ダイムラーは22年までにEVを10車種以上投入、同じく25年までにEVの販売比率を25%にする計画を打ち出している。
    大手自動車メーカーのなかで最もEVに否定的だったトヨタ自動車でさえ、16年末からEVの開発に乗り出さざるを得ないほど。

    EVシフトは鮮明で、EVに早くから注力してきた日産にとっては追い風となるはずだ。
    にもかかわらず、EVの航続距離を左右する重要なデバイスである車載用電池事業を売却するのはなぜか。

    ある自動車メーカーの役員は「リチウムイオン電池技術に関して、日産がNECを見限ったからでは」と指摘する。
    日産はNECが保有するAESCの株式49%を取得した後、GSRにAESCの株式100%を売却する。

    また、NECはリチウムイオン電池と正極材を開発・製造する子会社のNECエナジーデバイスをGSRに売却する方向で交渉しており、車載用リチウムイオン電池事業からは事実上、撤退する。
    日産は、NECの電池関連技術を活用して競争力の高い車載用電池を開発・生産することを目論んでいたが、「東芝やパナソニックなどのほうがリチウムイオン電池に関しての技術が進んでおり、あてが外れた」(同)というわけだ。

    ※続きます


    【日産、“EVの命”電池事業を中国系へ突如売却が波紋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2017/08/21(月) 19:27:28.90 ID:CAP_USER

    https://www.youtube.com/watch?v=_NnNEuxqoPo


    「馬鹿馬鹿しい」(Ludicrous)Teslaは実際、馬鹿馬鹿しかった。

    そしてDragTimesがYouTubeに投稿したこのビデオは、それを証明する最新の証拠だ。

    ビデオでは、Tesla Model X P100D クロスオーバー SUVが、53万ドルのランボルギーニ・アヴェンタドーと1/4マイルレースを戦う。ネタバレ注意:Teslaは0.05秒差でランボーを置き去りにする。

    5400ポンド(2500 kg)のTeslaは軽量級ではなく、アヴェンタドーの方が500 kg以上軽い。しかし、Ludicrous + モードの車はランボーに勝っただけでなく、1/4マイルを11.418秒、約118 mph(190 km/h)で走りSUVの最速記録を打ち立てた。

    それはTeslaにとって、レーストラックで過ごす馬鹿馬鹿しい一日にすぎない。腕試しはパームビーチ・インターナショナル・レースウェイで行われた。
    hq720

    http://jp.techcrunch.com/2017/08/21/20170820for-its-latest-trick-watch-this-tesla-model-x-smoke-a-lamborghini-supercar/


    【Tesla Model Xがランボルギーニのスーパーカーを打ち負かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    electrtic_cars

    1: 2017/08/21(月) 10:19:02.67 ID:qobf+2lx0 

     欧州の主要国で、内燃機関の禁止に関する長期的展望が示されたことで、
    ちまたでは既に「ガソリンエンジンもディーゼルエンジンも無くなって電気自動車の時代が来る」という見方が盛んにされている。
    「エンジンにこだわっていると日本はガラパゴス化する」という意見も散見する。
    その受け取り方は素直すぎる。これは欧州の自動車メーカーが都合の悪いことから目を反らそうとしている、ある種のプロパガンダである。

     まず大前提の話から。欧州各国が内燃機関規制を言い出したのは、窒素酸化物(NOx)による大気汚染が限界に達しているからだ。
    ロンドンやパリの大気汚染はひどいありさまで、英国の報道では年に4万人の寿命が縮んでいるという。由々しき問題である。

     結論から先に言えば、そんなことになるのは、欧州製のディーゼルエンジンがインチキだからだ。
    もちろんすべての自動車メーカーが黒確定とは言わないが、逆に疑惑をかけれられていないメーカーはあまり無い。

     


    内燃機関の全廃は欧州の責任逃れだ!
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1708/21/news035.html


    【「エンジンにこだわっている日本はガラパゴス化する」という意見は欧州の自動車メーカーのプロパガンダ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2017/08/08(火) 14:09:14.77 ID:CAP_USER9

    テスラの主力EV モデルS
    no title


    米国のEVメーカー、テスラの主力EV、『モデルS』。同車が量産EVとして初めて、1回の充電で1000km以上の走行を達成したことが分かった。

    これは8月4日、イタリアのテスラ車のオーナーズクラブ、「テスラ・オーナーズ・イタリア」が明らかにしたもの。モデルSの「P100D」グレードが、1回の充電で1078kmを走行することに成功した、と発表している。
    P100Dは、モデルSの最上級グレード。デュアルモーターが生み出す611psの最大出力と、98.6kgmの最大トルクは4輪に伝達され、0~100km/h加速2.7秒の性能を誇る。バッテリーは蓄電容量100kWhと大容量。

    テスラ・オーナーズ・イタリアは、このP100Dを3日から4日の27時間かけて連続走行。車速をおよそ40km/hに保って走行したところ、1000kmを上回り、1078kmを走行することに成功した。計測は第3者の立ち会いの下で行われ、この距離が量産EVの航続最高記録と認定されている。
    テスラのイーロン・マスクCEOは公式Twitterを通じて、「1回の充電で、1000km以上を走行した量産EVは初めて。おめでとう、テスラ・オーナーズ・イタリア」と祝福のメッセージを寄せている。 《森脇稔》

    配信2017年8月8日(火) 01時30分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/08/08/298401.html


    【テスラ モデルS、航続1000km以上を達成!…量産EVで初】の続きを読む

    このページのトップヘ