乗り物速報

バイクと車のまとめ

    高級車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2020/10/21(水) 23:21:40.48 ID:swms2OIL9

    広島県が、県議会議長の公用車としてトヨタの最高級セダン「センチュリー」を9月に1830万円で購入したことが21日、分かった。同じ車種から18年ぶりの買い替えで、価格は1・7倍に上がった。県財政の厳しさが増す中、県議会事務局は走行性能などを理由に「議長の立場や職務を考えると妥当」としている。

     センチュリーは車体前面に鳳凰(ほうおう)の紋章をあしらい、後部座席にはマッサージ機能や11・6インチのモニターを備える。9月に納車され、中本隆志議長(自民議連、広島市南区)の公務に使っている。皇族の県内訪問で宮内庁の車が故障した場合の予備車にもなる。

     県によると前の議長車もセンチュリーで、2002年度に1060万円で買った。走行距離が17万キロを超えたため、今年1月に県議会事務局内で後継車の選定委員会を開催。同等クラスの車を念頭に、長時間移動に適した乗り心地や故障が少なかった実績を踏まえて同じ車種にしたという。

     ただ、県財政は厳しい。借金である県債残高は19年度末に2兆3227億1900万円と、02年度末比で1・5倍に膨らんだ。20年度は新型コロナウイルス対策や経済支援で出費がかさみ、県は今年5月から全庁で事業を見直している。

     センチュリーの購入は一般競争入札で4月に契約した。県議会事務局総務課は「後継車の選定では財政状況の比較はしていない。手続きを終えていたため、事業見直しの対象にはならなかった」としている。

     中国地方5県と2政令指定都市で公用車にセンチュリーを使っているのは、広島と山口の両県議会議長だけ。山口県は8月、皇族送迎用の「貴賓車」との兼用として2090万円で購入した。リース車では鳥取県知事のトヨタ・アルファードが月額7万2600円で最高。広島県知事と広島市長はともにマツダ・CX―8で、月額は5万6210円、6万912円だった。(宮野史康、赤江裕紀、水川恭輔)

    https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=692044&comment_sub_id=0&category_id=112
    no title



    【広島県も1830万円公用車 議長用にセンチュリー購入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント

    41aa415a06187fb441de1e2d66fb26b3

    1: 2020/10/21(水) 09:37:47.87 ID:8o5m5VLg0

    あと一つは?



    【高級車の条件「窓がくるくるする奴じゃない」「オートエアコン」「エアバッグ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2020/10/03(土) 20:09:27.160 ID:YekQjovA0

    かっけぇ…

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



    【【画像】ベントレーとかいう車wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 2020/10/02(金) 07:07:57.55 ID:EO2S+MPr9

     皇族などが来県した際の「貴賓車」として山口県が購入したトヨタの最高級車「センチュリー」が2017年度以降、貴賓に13日しか使われていないことが県への取材で明らかになった。今年度も一般会計予算から2090万円を支出して1台購入し現在2台を所有しているが、1日時点で当面、貴賓を乗せる予定はない。日ごろは専ら県議会の議長車として使われており、県民からは「高い買い物だ」との声が上がる。

     山口県によると、同県は00年度以降、02年度に1061万円、07年度に1139万円、13年度に1260万円でセンチュリーを購入。3台を県議会議長車、副議長車、貴賓車として使ってきた。今年度に入って02年度と07年度購入の2台が老朽化したため下取りに出し、7月に新たな1台を購入。現在はそれを議長車兼貴賓車とし、もう1台を副議長車にしている。

     しかし、今年買い替えるまで貴賓車として使っていた02年度購入の1台に貴賓を乗せたのは、運転日誌が残る17年度以降、計13日(17年度3日、18年度6日、19年度4日)のみ。とりわけ皇族を乗せたのは18年10月の全国都市緑化祭(山口市)で来県された秋篠宮ご夫妻の2日だけだった。

     天皇、皇后両陛下が地方などを訪れる行幸啓(ぎょうこうけい)では宮内庁が専用車両を用意するのが一般的で、国は貴賓車の用意を自治体に義務づけてはいない。貴賓として想定されるのは他の宮家や海外からの賓客などで、全国的には「地元タクシー会社のハイヤーで対応している」(広島県)、「この何年か皇族の来県がないことなどを考えると本県に専用車を用意しておく余裕はない」(青森県)、「宮家などが来県した際は副知事用のクラウン(取得費630万円)かフーガ(460万円)を使う」(福岡県)といった対応が大勢だ。

     山口県は「貴賓対応の車は必要。本県は安全性を考えてセンチュリーにしており、県内にはセンチュリーを借りられるハイヤー業者がないため購入している」と理由を説明する。2台のセンチュリーが貴賓に使われることなく事実上、県議会の正副議長車になっていることについては「かつて3台あったセンチュリーを2台にして、議会公用車と兼ねることで経費節減、合理化を図った結果だ」としている。【降旗英峰】

    ■センチュリー

     トヨタが技術の粋を集めた国内最高級車で、宮内庁が皇族用車両に採用。ロールスロイスなどに並ぶ「日本のショーファーカー(お抱え運転手と乗る車)」と称され、大企業トップなどを中心に愛用されている。かつては官公庁や地方自治体でも採用されていたが、財政が厳しい近年は支出削減などを理由に使われなくなりつつある。山口県が今年購入した現行型は2018年、21年ぶりにモデルチェンジ。ハイブリッド化などで700万円以上値上がりして話題になった。

    2020年10月1日 17時37分 毎日新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/18986822/
    no title



    【【山口県】貴賓車として購入した2千万円の最高級車「センチュリー」 貴賓を乗せたのは17年度以降わずか計13日 ほぼ議長ら利用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 62コメント

    K0000286503

    1: 2020/08/29(土) 23:19:41.154 ID:vhfAYxdt0NIKU

    たとえば手作りに近いスーパーカーとか一部のスポーツカーの値段が手間とか人件費で上がってしまうのはわかるんだけど、
    なんでランドクルーザーとか500万円くらいすんの?
    250万円のC-HRの部品を使いまくって、ランドクルーザーを300万円とかで出すことはできないの?


    【【疑問】車の価格を上げてしまう要因ってなに?高級車の中身を安くして、高級っぽい大衆車できないの?】の続きを読む

    このページのトップヘ