乗り物速報

バイクと車のまとめ

    高速道路

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    e733cd5eaca6591cb25e2c289c5242b9_s
    1: 2018/07/05(木) 14:40:42.61 ID:DbQe4hks0

    路幅が狭くて


    【東京都心の高速道路怖いんやけどwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    57520c888e69e9c333ba30b67fcc0f79_s

    1: 2018/07/04(水) 18:39:30.70 ID:CAP_USER9

    お盆の渋滞対策 高速道路料金 割引日変更し交通量分散へ
    2018年7月4日 18時10分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180704/k10011508581000.html

    この夏のお盆期間の渋滞対策として、高速道路各社は、ふだんは土日に実施している料金割引を木曜日と金曜日にずらすことで交通量の分散を図ることになりました。
    この対策を行うのは、NEXCO東日本と西日本、中日本、本州四国連絡高速道路などです。

    これらの会社は、ふだんはETCを利用している車について、地方の高速道路を中心に土日や祝日の料金を割り引いています。

    しかし、ことしのお盆期間は11日と12日の土日に渋滞が多く発生すると見込まれていることから、この2日間は休日割引を適用せず、直近の9日の木曜日と10日の金曜日に割引を行うことで交通量を分散させたい考えです。

    高速道路各社がこうした対策を行うのは初めてで、今回の取り組みで渋滞を緩和する効果が確認できれば、年末年始や春の大型連休などで割引を適用する日の変更を検討していきたいとしています。

    高速道路各社は、お盆の期間中はホームページなどで情報を確認して、できるだけ渋滞を避けるようにしてほしいと呼びかけています。


    【【渋滞対策】お盆の渋滞対策 高速道路料金 割引日、木曜日と金曜日に変更し交通量分散へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2018/07/04(水) 14:10:32.37 ID:CAP_USER9

    https://www.j-cast.com/2018/07/04332966.html?p=all
    Apd6511064870144937636

    高速道路に進入した自転車に衝突した大型トラックの運転手男性(43)が愛知県警に逮捕された。
    ネット上では「自転車が悪いのになぜ」と疑問の声も出ている。

    愛知県警は、「真相を明らかにするため、現行犯逮捕しました」とJ-CASTニュースの取材に説明した。

    ■自転車の男性は、係員の制止にもかかわらず進入

    愛知県清須市内の名古屋第2環状自動車道で、2018年6月28日未明に事故は起きた。

    地元紙の報道などによると、片側2車線のうち左側の走行車線で、大型トラックがロードバイクの自転車に
    後ろから衝突し、自転車に乗っていた名古屋市内の団体職員男性(27)が腰の骨を折るなどの重傷を負った。
    県警高速隊は、大型トラックの運転手を自動車運転処罰法違反(過失運転傷害)の現行犯で逮捕した。

    運転手は、

    「事故を起こしたことは間違いない」

    と容疑を認めているという。各メディアは、自転車の男性を匿名としたが、この運転手については実名で報じている。

    自転車の男性は、清洲東インター入口のレーンから高速に進入していた。料金所の係員が男性を見つけて
    制止したが、男性はそのまま入ってしまったという。係員は、高速の管制室に通報し、管制室が110番した。
    しかし、男性は1キロ余も高速を自転車で走り、事故に遭っていた。

    ネット掲示板やツイッター上などでは、こうした状況で県警が運転手を逮捕したことに様々な意見が書き込まれている。

    ■県警「真相を明らかにするため、現行犯逮捕しました」

    トラックの運転手について、

    「(自転車の)立場が弱く責任も重いってこと忘れちゃならない」

    とする声もあったが、県警に対する疑問や批判も目立つ。

    「こんなの避けられないよ。まさか自転車なんて走ってると思わないし」
    「これで即逮捕はやり過ぎじゃないか」
    「トラックの人かわいそうすぎるやろ」
    「自転車に乗ってた方は罰せられないのか...」

    愛知県警の広報課長は7月3日、なぜトラックの運転手を逮捕したのかについて、

    「真相を明らかにするため、現行犯逮捕しました」

    とだけ取材に答えた。ネット上で逮捕への疑問が出ていることには、

    「刑事訴訟法に基づいて逮捕しております」

    と説明した。

    運転手は、すでに処分保留で釈放されており、今後どのような処分をするかについては、「現在捜査中です」とコメントした。
    自転車の男性が罪を問われる可能性については、

    「現在捜査中であり、法律に抵触する事実があれば送致する予定です」

    としている。


    【制止振り切り高速道侵入の自転車を撥ねて逮捕。「チャリの方が悪いのに何故?」ネットでは疑問の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 66コメント

    0cd3a472a41b880b0fe8e7944b7f1698_s
    1: 2018/06/23(土) 13:52:45.687 ID:txxXvwtqM

    wwwwwwwww


    【軽で高速道路140km/h出したったwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    01ca3f52689e9498885abf20c5836f06_s
    1: 2018/06/09(土) 14:08:33.71 ID:CAP_USER9

    圏央道、遠いトイレ 魔の空白76キロ、利用者不安「我慢できぬ」
    6/9(土) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000009-ibaraki-l08

    「トイレが足りない」-。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の利用者から、こんな不満の声が大きくなっている。茨城県内区間でトイレ休憩できるのは江戸崎パーキングエリア(PA、稲敷市)のみで、最も近い菖蒲PA(埼玉県久喜市)まで約76キロも離れている。ネクスコ東日本関東支社によると、両PA間の通常走行時間は1時間4分。暫定2車線のため朝夕や休日は混雑が起きやすく、利用者は渋滞時さらに我慢を強いられている。(報道部・三次豪)

    ■給油所も114キロ先に

    「次の江戸崎PAまで76キロ」。外回り線の菖蒲PA手前に設置された注意看板は、“魔の空白区間”に入る前に休憩をドライバーに促している。

    「もし渋滞にはまったらと考えると恐ろしい」「次の休憩所まで長すぎて我慢できない」。利用者から不安や不満の声が聞こえてくる。仕事や家族旅行で圏央道を利用するという鹿行地域の男性(45)は「トイレが少なくて不便。片側1車線なので、前方の車が遅いと、さらに時間がかかる。子どもやお年寄りが一緒のときは必ず事前にトイレを済ませるようにしているが、それでも不安」と語る。

    トイレだけでなく、給油所の間隔も遠い。東関東自動車道方面に向かう利用者にとって、菖蒲PAの次の給油所は114キロ先の酒々井PA(千葉県酒々井町)で、菖蒲PAには「給油タイミングに注意」との案内板が掲示されている。

    ■4車線化は24年度

    2017年2月の県内区間全通で、東名高速から東関東道まで6本の高速道路が圏央道で結ばれ、鹿島港や茨城港、成田空港、茨城空港へのアクセスが飛躍的に向上。新たな人やモノの流れが生まれた。

    国土交通省によると、境古河インターチェンジ(IC)-坂東IC間の交通量は開通1年後で1日平均1万7100台。隣接する久喜白岡ジャンクション(JCT、埼玉県)-幸手IC間は77%、牛久阿見IC-阿見東IC間で36%も増加した。

    県内全線を含む久喜白岡JCT-大栄JCT(千葉県)区間は現在、暫定2車線。交通量の増加とともに、朝夕や休日に渋滞が発生する頻度も増えており、ドライバーからは「日本一混雑している暫定2車線」との指摘も出ている。

    同区間を巡っては、政府が昨年12月、財政投融資を活用して4車線化へ整備することを決定。22年度から順次供用を始め、24年度の全区間完成を見込む。

    ■坂東PAの計画も

    PAの設置基準に関しては「法令で何キロ間隔にPAを設けなければいけないという決まりはない」と国交省高速道路課。道路管理者のネクスコ東日本も「交通量を鑑みて設置している」と説明する。しかし、全国の高速道路で休憩施設が25キロ以上ない区間は約100カ所あるが、76キロは群を抜く数字だ。

    江戸崎PAと菖蒲PAのほぼ中間、坂東市内に坂東PA(仮称)を整備する計画があり、国交省高速道路課は「事業中」と説明するが、具体的な完成時期の見通しは立っていない。

    3月から、五霞IC(五霞町)で、料金が割高にならずに高速道路を一時退出できる「賢い料金」の社会実験が試行されているが、時間制限や自動料金収受システム「ETC2・0」の搭載車両限定などの制約があり、根本的な解決には至っていない。

    トイレや給油所の“空白区間”解消にはしばらく時間がかかり、利用者の我慢はまだまだ続く。


    【茨城の圏央道、遠いトイレ 魔の空白76キロ、利用者不安「我慢できぬ」】の続きを読む

    このページのトップヘ