乗り物速報

バイクと車のまとめ

    高速道路

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    1: 2019/05/20(月) 14:49:36.31 ID:zfi0eyRf0● BE:842343564-2BP(2000)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190520/k10011922331000.html
    etc

    東北自動車道の盛岡インターチェンジのETC専用レーンで19日、78歳の男性が運転する車が前の車に追突して1人が死亡し、5人が重軽傷を負いました。

    事故があったのは東北自動車道の盛岡インターチェンジで、警察によりますと、19日午後3時15分ごろ、ETCの専用レーンから出ようとしていた乗用車に別の乗用車が追突しました。

    この事故で、追突された車の後ろの座席にいた盛岡市に住む箱崎富子さん(81)が頭を強く打ち、病院で手当てを受けていましたが、20日朝死亡しました。

    このほか、双方の車の70代から80代の男女合わせて5人が重軽傷を負いました。

    調べによりますと、追突した車を運転していたのは78歳の男性で、追突された車はETCの専用レーンを時速20キロ以下で走行していたと見られるということです。

    警察は男性が前をよく見ずにレーンに進入し、減速しなかった可能性もあると見て詳しい状況を調べています。


    【78歳の老人の車がETCレーンを高速突破しようとして6人死傷。盛岡IC】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    resize

    1: 2019/05/18(土) 12:35:27.48 ID:wxbIsLeP9

    五輪中“首都高1000円上乗せ” 渋滞緩和に向け調整
    5/18(土) 12:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190518-00417856-fnn-bus_all

    2020年東京大会期間中の渋滞緩和に向けて、東京都と国などが首都高速道路の通行料金を1,000円上乗せすることを軸に調整していることがわかった。

    東京オリンピック・パラリンピック大会期間中の渋滞対策として、都と国、組織委員会などは首都高の料金を時間帯によって変動させる「ロードプライシング」を検討している。

    関係者によると、通行量の多い時間帯の上乗せ額は、1,000円を軸に調整が進められていて、トラックや物流車両は、対象外とし、深夜や未明の時間帯は、料金を引き下げる方向。

    また、対象エリアは、中央環状線の内側を中心に検討を進め、交通量を分散させる方針。


    【【悲報】五輪中“首都高1000円上乗せ” 渋滞緩和に向け調整】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    3137188b543ebc8fb1f2b22548e687f0_t

    1: 2019/05/17(金) 11:10:26.954 ID:6UJrM2pKa

    あれっていくらかかるの?

    首都高初心者が気を付ける事ある?


    【夜の首都高をドライブしてみたいwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    a23bea74042e2bce32b903b215c4f482_t

    1: 2019/05/11(土) 07:41:53.77 ID:YlQv1Kfy0 BE:123322212-PLT(13121)

    そもそも90km/hリミッターにより速度が上げられない

     夜、とくに深夜に高速道路を走ると、トラックが大量に走っている。朝までに目的地に移動するため、また深夜割引利用のために多かったするのだが、
    その際、並走している車両に遭遇したことがある人も多いだろう。トラックがトラックに対して追い越しをしようとしているのだが、遅いため後ろがつっかえることもある。

     せっかく新東名が最高速度120km/hに引き上げられても、90km/hリミッターの付いたトラックが追い越しをしている場面に出くわすと、あまり速度が上げられなかったりする。
    ちなみに3車線のところには青の標識でトラックの走り方が指示されるように、一番左(第一通行帯)を走り、追い抜きは真ん中(第二通行帯)で行なわないといけないのだが、
    通行量が多いと、右(第三通行帯)を使う車両も多く、全車線がトラックで塞がれてしまうこともある。

     しかし、なぜかトラックはそこまでしてでも追い越し、追い越されを繰り返し、ちょっと強引でもトラック同士前に入れてあげたりもしている。
    知り合いでもないだろう他社のトラックとも協力してフォーメーションをとって走り続けるのはなぜか? 
    乗用車であれば、前のクルマに追いついても追い越し車線にクルマがいれば減速して、空いたら車線変更をするのが基本だが、
    トラックの場合、ウインカーを付けてすき間に強引に入ってくることもしばしばだ。

    良くはないと思いながらもゆとりをもった運転ができない事情も

     ここに大きな理由が隠されている。それは燃費を落としたくないからだ。もちろん急いでいるからというのもあるだろうが、リミッターが付いているので、
    強引に前に行ってもあまり変わらない。トラックの燃費は高速道路でだいたい3~4km/Lぐらいで、一般道で信号が多いと1km/Lぐらいだったりする。
    低回転が得意なディーゼルゆえ、高速でグンと伸びないのは痛いところだ。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190511-00010000-wcartop-ind


    【トラックが高速道路の追い越し車線を塞いでしまう理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    o0960061414022927015

    1: 2019/05/07(火) 21:22:59.576 ID:Fwden6Yfa

    東北自動車道すら全線開通したの80年代後半らしいやん
    それ以前はどうした


    【【疑問】高速道路がない時代の帰省ラッシュってどうしていたの?】の続きを読む

    このページのトップヘ