乗り物速報

バイクと車のまとめ

    高速道路

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    78da196f52c69e0b1e80278a00f29db9_s
    1: 2017/05/14(日) 11:56:24.78 ID:1VhHoa140 

    ◆「絶品のソフトクリームがあるサービスエリア」
    ~お笑い芸人 ふかわりょうさん

    ── 高速道路のドライブがお好きだと伺いましたが。

    最近、高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)がすごく発展しています。
    私はクルマの免許を取って最初にやったのがSA巡りでした。
    当時は「え、SAってトイレでしょ? つまりトイレ巡り?」なんて言われたりもしましたが、今ならSAにしかないグルメもたくさんあります。

    一番わかりやすいのはソフトクリーム。
    SAのソフトクリームはとてもクオリティが高いのですが、それが郊外へ行けば行くほど牛との距離が近づいて、どんどん美味しくなっていきます。
    甘さの質が全然違うし、さらに場所によっては生ワサビがトッピングされたり、ストロベリーが練り込まれていたり、バラエティに富んだ味を
    お楽しみいただけます。

    ── おすすめの場所を具体的に教えていただけますか?

    常磐道の友部SAは私があちこち食べ比べた中でもかなり上位と言ってよいでしょう。
    関東の中でも常磐道はわりと地味な高速道路ですが、中央や東名に比べると道が穏やかで、しかもSAやPAが地元ならではの特色を出す
    努力をしています。
    ドライブには一番の高速道路です。

    高速道路のドライブといえばアメリカンドッグも忘れてはいけません。アメリカンドッグはハイウェイのソウルフード。
    長距離ドライバーを支えてきた食べものなのに、最近はSAですっかり見かけなくなってしまいました。
    でも東名の鮎沢PAに行けば「アメリカンドッ君」という顔の焼き印が入ったアメリカンドッグを売っていたりするので、ぜひ味わってください。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12199-KLQwTypA9a/


    スポンサーリンク

    【高速道路のソウルフード 「アメリカンドッグ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 58コメント

    1: 2017/05/09(火) 07:25:32.74 ID:CAP_USER9

    岩手県の東北自動車道に最高速度120キロゾーンが設けられる見通しになった。
    花巻南-盛岡南IC(インターチェンジ)の30.6キロが対象区間。
    警察庁は来年以降、現行最高速度100キロの引き上げに向けて試行を始める。
    「実際の速度状況に合う」と歓迎する利用者がいる一方で、「スピードを出し過ぎるドライバーが増える」と不安の声も出ている。

    <「走りやすい」>
    花巻南-盛岡南IC間の紫波サービスエリア。
    上下線ともに、多くの一般の乗用車や営業車、トラックが休憩で利用する。

    仕事で青森市から新庄市へ行くという会社員成沢英樹さん(47)は「この区間は直線で走りやすい。
    今も100キロ以上で走る車ばかりなので問題ない」と速度引き上げに賛成する。

    平日午後に下り線を走行してみた。交通量はさほど多くなく、ほぼ直線で見通しが良い。
    速度100キロを守っていると、後続車に次々と追い抜かれた。中には130キロ以上とみられる速度で走り去る車もあった。

    実勢速度は確実に100キロを超えている。
    同区間を120キロで走ると約15分。100キロの場合と比べ約3分短縮される。

    警察庁は3月、有識者による実勢速度や事故状況の分析を踏まえ、最高速度引き上げ容認を決めた。
    カーブや勾配が緩やかで事故が少ないのが条件だ。

    岩手県警高速隊によると、東北道の同区間では2012~14年に638件の事故があったが、死亡事故はゼロだった。
    県内の高速道路全体(298.6キロ)では同期間で4113件の事故が起き、うち13件で15人の死者が出ている。

    <表示板を検討>
    警察庁が15年秋に実施した最高速度に関するインターネット調査では、9割弱が引き上げに賛同した。
    ただ、運転免許取得1年以内のドライバーに限ると、約5割が「速度上昇に不安を感じる」と回答。
    車両間の速度差が広がることにも、約6割が懸念を示した。

    年に数回だけ東北道を利用するという滝沢市のアルバイト女性(21)は免許取得3年目。
    「速度を出し過ぎたり、無理な追い越しをしたりする車が多い。120キロ以上で走る車が増えると怖い」と不安視する。

    トラックなど大型貨物車の最高速度は現行80キロのままとなる。
    北上市を拠点にする大型トレーラー運転手松田真さん(50)は「乗用車との速度差が広がると、猛スピードで追い越されることになる。
    神経が疲れそうだ」と指摘する。

    警察庁は速度違反者の取り締まりの徹底、120キロ区間の始点と終点を明確に知らせる表示板設置などを課題に挙げる。
    岩手県警の内藤光樹交通部長は「事故防止の観点から速度違反の取り締まりに万全の対策を講じる。
    ICなどの加速、減速車線の長さが十分かどうかも検討課題になる」と話す。

    写真:
    no title

    no title


    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160507_33008.html


    スポンサーリンク

    【アウトバーン化する東北道 最高速度を120キロまで引き上げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 82コメント

    traffic-2251530_640
    1: 2017/05/07(日) 13:44:17.445 ID:8VMtakt5d

    しかもびっちりついてくるし140くらいで逃げてたらそれを上回る速度で越していった……

    死ぬかと思った


    スポンサーリンク

    【高速で120km/hくらい出してたのに大型バイクに煽られた……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    etc
    1: 2017/05/06(土) 08:49:03.53 0

    軽から高級車までずらりとあったし
    車維持できる金あれば付けたら良いのに


    スポンサーリンク

    【昨日高速道路の出口で一般の方が大行列できてたけどなんで彼らはETCつけないんだろう?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2017/04/30(日) 11:17:18.23 ID:TRZHCIDe0 

    昨今、高速道路での逆走が社会問題になっています。

     NEXCO中日本によると、実際に逆走車を確保した場所、つまり逆走車が向かった先は、ひとつ手前のICである場合が少なくないそうです。
    つまり、本来降りるはずだったICを通りすぎたがゆえの逆走、ということです。
    これについて同社は、「実際に逆走した方にお話を聞くと、ご本人も『なぜ逆走したかわからない』という場合が多いです。
    ICを降り間違えて気が動転してしまうのでしょう」といいます。

    【画像】高速道路で起こる逆走の原因例

     目的のICを通りすぎてしまった場合、ドライバーがすべき対処について、さらに同社に聞きました。

    ――目的のICを通りすぎてしまったら、どうすればよいのでしょうか?

     次のICまでそのまま走り、降りてください。料金所の「一般」レーンに入り、係員に事情をお話しいただければ、通行券に「特別転回」の承認印を捺します。
    料金所を出てすぐUターン路がある場合と、一般道まで進んでからUターンする場合がありますので、係員の指示に従い、IC入口料金所の一般レーンで再度事情をお話しください。
    本来降りるICまで高速道路を通って引き返すことができ、乗り間違えたぶんの料金はいただきません。

    ETC車はどうする?

    ――2区間以上行きすぎてしまったり、特別転回をしたうえで、目的のICで降りられなかったりした場合はどうなりますか?

     その場合も料金所の係員にお申し出ください。

    ――特別転回はどのICでもできるのでしょうか?

     ETC専用のスマートICではご利用いただけません。係員のいるICでのみ可能です。

    ――ETC車はどうしたらいいのでしょうか?

     ETC車も一般車と同様に、一般レーンで係員に事情をお話しいただければ、特別転回が可能なように処理します。

    高速道路「特別転回」とは? 目的地を通りすぎたときに覚えておきたい対処法
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00010002-norimono-bus_all
    no title


    スポンサーリンク

    【高速道路の出口を通り過ぎても安心して!「特別転回」という制度があるのをご存知ですか?】の続きを読む

    このページのトップヘ