乗り物速報

バイクと車のまとめ

    125cc

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2018/06/09(土) 20:20:34.72 ID:fyVeSfx/0 

    ホンダの米国法人、アメリカンホンダは6月7日、『モンキー』(日本名:『モンキー125』)と『スーパーカブC125』を、
    米国市場に2019年モデルとして投入すると発表した。
    モンキー125は、ホンダ二輪の遊び心を象徴するモデル。モダナイズされたデザインのレジャーモデルだ。ショート&トールボディによる
    モンキーならではのバランス、ワディングシートなどで構成されたデフォルメ感ある車体に、125cc水平単気筒エンジンを搭載する。

    スーパーカブC125は、初代『スーパーカブ』(C100)が持つ魅力を受け継ぎ進化させたモデル。スーパーカブシリーズが
    世界生産累計台数1億台を達成したことに加え、2018年に誕生60周年を迎えることを機に、未来に向けてスーパーカブの持つ価値を、
    スタイリングとハードの両面から見直して登場した。

    https://response.jp/article/2018/06/08/310659.html
    no title

    no title

    no title


    【ホンダ、モンキー と スーパーカブを米国市場に投入 モンキーはウケそう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    L_d91fce44951f36dec3b0726450
    1: 2018/06/01(金)11:36:08 ID:RUX

    高速とバイパス乗れない以外は


    【バイクの排気量って125ccが最強だよな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/05/25(金) 04:59:03.895 ID:a3So9+vl0

    タイヤ交換前後7000円
    オイル交換700円
    ドライブベルト4800円
    ウェイトローラー1700円

    やっすい


    【原付二種のメンテナンス安過ぎワロタwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2018/05/21(月)19:15:30 ID:vXx

    no title

    no title

    これは買い


    【このカッコいいバイクが新車でもろもろ込みで20万!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2018/04/24(火) 22:47:08.52 ID:XEg8Tst80● 

     中国メディア・東方網は20日、「日本の1990年代バイクに、国産バイクはなおも追いつけていない」とし、日本メーカーのあるバイクについて「レジェンド」と紹介する記事を掲載した。

     記事が紹介したのは、スズキのGS125である。「中国の至るところで、GS125の姿を見かけることができる。どの村にもあり、さまざまな階層で活躍しているのだ」とした。そして、「1990年代のGS125を現在の視点から評するならば、外見は3流、運転性能は2流だが、信頼性は一流だ。抜群の信頼性がGS125をクラシック中のクラシックに、そしてレジェンドにしたのだ」と伝えている。

     また、「見た目は実に平凡で、知らない人が見れば取るに足らないバイクだと感じるかもしれない。しかし、材料や加工の面において、この車は少なくともわれわれの30年は先を行っていたのだ」と説明した。

     そして、「極めて軽いクラッチ、ゆとりのあるギア比、座り心地の良さ、ストロークの長いダンパー、そして、小気味のいいエンジン音が名車たる所以だ。そして、アルミニウム合金などの材料の質に対する極致の追求、シンプルなメカ設計、低圧縮比のエンジン、低摩擦、低摩耗な設計が、高い信頼性を支えているのである」と紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
    http://news.searchina.net/id/1657966?page=1


    【90年代に活躍した日本のバイク、中国はいまだにコレを抜くバイクを作れない!=中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ