乗り物速報

バイクと車のまとめ

    250cc

      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント

    8753068e253c205cefaaac954500bd1a_t

    1: 2020/10/30(金) 22:54:11.911 ID:KgZi8WA00

    1200ccのエンジンに載せ換えようぜ



    【250cc以下のバイクって車検無いからもしかしてエンジン積み替えてもバレないんじゃね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    20181110153902

    1: 20/10/19(月)11:02:31 ID:QFp

    大型乗ってたから多少の物足りなさは感じるけど
    十分バイクを楽しめる
    日本にぴったりの排気量や



    【大型バイク降りて8年ぶりに250でバイクに復帰したんやけど十分やなこれwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    da8e378a-612b-4627-b6cf-e52189671269

    1: 2020/09/18(金) 21:18:42.105 ID:YM/UF/AFa

    スクーターかなと思ってるけど



    【250cc以下のバイクでオススメある???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2020/08/06(木) 17:46:10.63 ID:bLcZc+a29

    イギリスのバイクブランド「Langen Motorcycle」は、2ストローク250ccエンジンを搭載した新型車「The 2 Stroke」を発売しました。

     Langen Motorcycleは、イギリスの「CCMモーターサイクルズ」のチーフデザインエンジニアとして10年間、画期的な軽量アドベンチャーバイク「GP450」や美しい「CCMスピットファイアシリーズ」などのモーターサイクルを生み出してきたChristofer Ratcliffe氏(通称Langen氏)が2019年に立ち上げた新興バイクブランドです。

     時速100マイル以上を目標にした1950年代のイギリスのカフェ・レーサー・モーターサイクルのサブカルチャーである「Ton-Up」と「Ton-Up Boys」(重量や空気抵抗を増加させ、モーターサイクル全体の性能を低下させる不必要なパーツを取り除き、シングルシートなどを装着)からインスピレーションを受けたLangen MotorcycleのThe 2 Strokeは、美しい仕上がりのトレリスフレームを採用。 

     最高出力80bhp/1万1700rpmを発揮するコンパクトな249.5ccの2ストロークエンジン、外装パーツをカーボン製とすることで車重112kgと軽量な仕上がりとなっています。

     また、足回りにはオーリンズ製フロントフォーク、Ktech製リアサスペンションなど、一流のパーツで構築。上質で機能的なセットアップとされています。

     いにしえの英国車のような上品な仕上がりとされたLangen Motorcycle「The 2 Stroke」の価格は3万ポンド、日本円で約415万円となっています。

    バイクのニュース編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/02e9588be031cfeee65e3228e4c1b2191a3b1887
    画像
    no title


    【英国で2スト250ccエンジン搭載の新型バイクを発売 80馬力 価格は415万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 81コメント

    1: 2020/07/24(金) 13:41:50.63 0

    本田技研工業は、軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を一部仕様変更して、9月18日に発売する。一部仕様変更により最高出力41PSへ出力を向上させたほか、カラーリングなどを変更。4色展開となり、価格は「グランプリレッド(ストライプ)」が85万4700円、「マットガンパウダーブラックメタリック」「パールグレアホワイト」「グランプリレッド」が82万1700円。

    CBR250RRは、最高出力30kW(41PS)/13000rpm、最大トルク25Nm(2.5kgfm)/11000rpmを発生する、水冷4ストロークの直列2気筒DOHC4バルブ 249ccエンジンを搭載。トランスミッションは常時噛合式6段リターンを採用する。

    燃費性能では、定地燃費値で40.1km/L(60km/h:2名乗車時)、WMTCモード値で27.1km/L(クラス3-2:1名乗車時)を実現する。

    一部仕様変更は、パワーユニットでは新形状のピストンにより高められた圧縮比に対応するため、ピストンリング溝に錫メッキ処理を追加したほか、浸炭処理により強度を高めた浸炭コンロッドを採用。

    フリクションロスを最小限に抑えるため、バランサーシャフト軸の小径化やバルブスプリング荷重の低減、エンジン内のポンピングロス低減につながるシリンダー下端への切り欠きを追加するなど最高回転数を高めながら、点火時期、吸気系部品の最適化やマフラー内部構造の変更などを施すことで、従来モデルに対して最高出力と最大トルクの向上を実現させた。

    出力特性の変更に伴い、スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブの制御を行なうスロットルバイワイヤシステムでは、ライディングモードの各パラメーター設定値を最適化しライダーの好みに合った3種の出力特性を選択可能にした。

    足まわりでは、フロントサスペンションのフリクション低減と減衰力の最適化を図り、市街地での扱いやすさをより高めながら、スポーツ走行での路面追従性を向上。また、新たにクラッチレバーの操作荷重と、シフトダウンに伴う後輪ホッピングを軽減するアシストスリッパークラッチを標準装備として採用した。

    さらに別売りの純正アクセサリーとして、シフトアップ/シフトダウン時のより素早いシフトチェンジ操作を可能とする「クイックシフター」(価格:2万5300円)を設定。より操りやすく快適でスムーズな乗り味を実現させたとしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d4610f600abb4ffa80fcb32afdb01929d36892c
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ「CBR250RR」がパワーアップして9月に発売 価格は82万円~85万円】の続きを読む

    このページのトップヘ