乗り物速報

バイクと車のまとめ

    BMW

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2019/06/24(月) 21:39:56.50 ID:TTBfLMcC0● BE:151915507-2BP(2000)

    BMW X7日本発売 新型3列シート高級SUV サイズ/内装/スペック/価格

    6月24日、ビー・エム・ダブリューは、スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級モデルとして、BMW X7を発表して販売を開始した。
    そもそもは、乗用車のプラットフォームをベースにロードクリアランスを高めて4WD化し、
    ワゴン型のボディと組み合わせて、オンロードでもオフロードでも快適に走行でき、
    使い勝手の高いモデルを「SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」と呼んだ。
    だが、BMWではスポーツ性を重視して「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」と呼んでいる。
    ちなみに、X2、X4、X6はそのスタイリングから「SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」と呼ばれる。
    2000年に初代X5がデビューして以来、X3(2004年)、X6(2008年)、X1(2009年)、X4(2014年)、
    X2(2018年)とBMWのXシリーズは増殖し、シリーズの最上級ラグジュアリーモデルとして、本国では2018年10月にX7が登場した。
    大型高級サルーンに代わるカテゴリーとして注目を集める高級ラグジュアリーSUV。そのマーケットにBMWが投入したX7について詳しく見ていこう。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://www.autocar.jp/news/2019/06/24/381269/


    【BMWが新型3列シートSUV「X7(1079万円~)」を発売。これイケメン?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 48コメント

    1: 2019/06/14(金) 15:37:08.06 ID:mrIv7/4F9

    兵庫県西宮市で69歳の女が運転する車が園児ら17人の列に突っ込み、2人が病院に運ばれた。警察は女を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕している。
    no title

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000156992.html


    写真で見るBMW「1シリーズ」

     また116i、120iの双方に、専用のエクステリア/インテリアパーツや装備品を採用した「スポーツ」と「スタイル」を用意。価格は116iが308万円で、スポーツとスタイルは各10万円高、120iは367万円で同様に各20万円高となる。

     撮影車両は116iが「スタイル」でボディーカラーはミッドナイト・ブルー。120iは「スポーツ」でクリムゾン・レッド。
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/509499.html
    no title

    no title


    【【画像】園児の列に突っ込んだ69歳女が乗ってたBMWのシフトレバーがこちら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    slide_1

    1: 19/06/12(水)10:53:07 ID:AtC

    135i
    235i
    V37
    どれも年式距離同じぐらいだが、どれがいい?
    それか他の車種か


    【300マンで中古車買うんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    7a44c47e4eaa50d7712ad33bcfbc279f

    1: 2019/06/10(月) 06:30:20.25 ID:ZkCTRm3f0

    怖い…


    【地方ナンバーのBMWで東京都内走るんだが笑われる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 113コメント

    t021

    1: 2019/06/01(土) 16:14:34.19 ID:g/R6rLmB0

    あるとき私がBMWの責任者に「共用できるパーツがあればお互いコストを削減できる。開発を進める前に、すり合わせておかないか?」と提案したんです。
    すると彼は「オマエは何を言っているんだ? そんなことでオマエの理想とするスポーツカーが作れるのか? ある程度できあがってから、『これとこれは共有できるかもしれない』って考えればいい」と返してきました。

    ようは順番が逆だろ、と。まったく仰るとおりなんですよ。

    それ以来、私はZ4がどうやって開発されているのか、まったく知ることはありませんでした。向こうも同じです。

    プロトタイプが出来上がったところで、ようやく「ちょっと乗ってみるか?」と、互いのクルマを交換して乗ってみたのが最初です。

    エンジンはBMW製ですが、味付けはまったく違います。
    わかりやすい話としては、「我々は会社から燃費のことをまったく言われていない」ということが挙げられます。


    今どきこんなのってありませんよ。BMWの人たちには羨ましがられています。


    なぜ我々は自由にできるかというと、トヨタ全体の売り上げから見たらスープラの販売台数なんて雀の涙だからです。
    だからCAFE(メーカー別平均燃費)にもまったく影響を及ぼしません。BMWはそうはいかないでしょう。
    でね、今度のスープラ、アクセルを戻すとパパパパパンッて威勢良くアフターファイヤー音が出るんですけれど、あれは本当にガソリンを噴いているんですよ、無駄に。


    もうホント、無駄ですよ。でもね、楽しいでしょ? こういうことは、できるうちにやっておかないとね。
    no title

    https://motor-fan.jp/article/10009844


    【トヨタ自動車「BMWさん!スープラで共有出来るパーツない?コスト削減したい」BMW「アホか」】の続きを読む

    このページのトップヘ