乗り物速報

バイクと車のまとめ

    BMW

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2018/06/23(土) 00:06:02.609 ID:iijCQSrQ0

    かっこええ…

    no title


    【BMWの新型ヘッドライトwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2018/06/12(火) 14:24:00.384 ID:gg/APyyx0

    中古のF800GS欲しいんだけど
    no title


    【BMWのバイクってどうなん?wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/06/05(火) 09:04:25.46 ID:CAP_USER

    マサチューセッツ工科大学(MIT)は車大手BMWと合同で、3Dプリンターで印刷する新型素材を開発している。素材は弾性があり軽量なうえ、空気などを注入して膨らますことができる強度を持つ。

    中に空洞が出来るよう液体シリコンを3Dプリンターで印刷する独自技術を用いて、チームは多くの四角いセルからなるシリコンシートを作りあげた。それぞれのセルは中に空気などを注入することで様々な形状に変形する。チームは、車の製造などに用いることができると見ている。

    例えば、この素材で作られた車の扉やダッシュボードは事故の際に搭乗者の体形に容易に変形し、エアバックの役割を果たす。そして再びもともとの硬い状態に戻ることができる。現在この素材は実験室で実験されている。「3ders.com」が報じた。

    https://jp.sputniknews.com/science/201806034946823/


    【MITとBMW、空気で膨らむ車を開発へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2018/05/24(木) 14:44:00.42 ID:BDlgN76P0 

    広大な構内や工場内を移動するのはなかなか骨が折れるものだ。端から端まで歩いて移動するのはちょっと…という場合もあるだろう。
    実際に従業員が工場内を歩いて移動するのに時間がかかっている様子をみて、それをなんとかしようとBMWがパーソナルモビリティを開発中だ。
    自転車のようなハンドルがあるが、ペダルをこぐのではなく立ったまま移動できるという新しいタイプの乗り物だ。
    「Personal Mover」と呼ばれる電気で動くこの四輪の乗り物は、60×80センチのプラットフォームにハンドルが付いていて、直進はもちろん体重移動で直角に曲がることもできる。
    最高速度は時速25キロ。
    操作は、右ハンドルのアクセル、左ハンドルのブレーキで行い、方向指示ライトやクラクションもついている。
    誰でも乗れるものを、というコンセプトで開発されているだけあって、いかにも使いやすそうだ。
    Personal Moverの開発の背景にあるのは、BMWのプラントやロジスティックセンターで働く従業員が1日12キロ超も職場内を歩いているという事実。
    より速く移動して作業効率を高められるように、とこのモビリティが考案された。
    設計の段階で重視されたのが安全性や乗りやすさはもちろん、荷物を載せられること。
    プラントやロジスティックセンターではパーツなどを持ち運びすることが多いためだ。
    そうしたニーズを反映して、Personal Moverには自転車にあるようなバスケットを備え、また足元にも荷物を置くスペースがある。
    Personal MoverはBMWグループの敷地内(建物の内外)で使用される予定。ゆくゆくはBMW以外、たとえば空港やショッピングモールといったところへの提供も検討するようだ。
    こんな乗り物、我が社にも!と思う人はけっこういるのではないだろうか。

    https://techable.jp/archives/77337
    no title

    no title

    no title


    【BMWが開発中のパーソナルムーバーがカッコ良すぎて欲しいwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    5: 2018/05/16(水) 09:08:31.66 ID:/gtJtcj60

    豚鼻に拘ってるせいで
    色々デザインに無理が出てるな


    【BMWのフロントってどの車種も豚の鼻にしか見えないんだけどwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ