乗り物速報

バイクと車のまとめ

    BMW

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    12000626

    1: 2019/01/23(水) 23:58:23.13 ID:qm2EzHCL0 

    自動車メーカーの独BMWが、韓国で10万8千台を新たにリコールすることになった。排ガス再循環システムの冷却に関する複数の問題によって、発火の危険が生じたことが理由だという。韓国国土交通省が発表した。
    今回の措置は、2016年9~12月に製造された自動車が対象。さらに、2017年1月よりも後に製造された9千台についても今後、類似した理由でリコールが行われる。
    韓国では2018年、BMW車の発火事故がおよそ40件発生。その件数が最も多い時期は、夏の数カ月間と重なっている。

    https://jp.sputniknews.com/science/201901235836264/


    【【悲報】BMW、韓国で新たに10万台超のリコール。発火の恐れ。というか結構燃えてるらしい。これ日本のは大丈夫なん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    1: 2019/01/18(金) 15:34:52.459 ID:VxFE3ryn0

    no title

    no title


    【【悲報】BMWさんの新型車、さすがのおらも擁護できないダサさ・・・(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    carlineup_aqua_grade_top_pic_05

    1: 2019/01/08(火) 08:46:58.98 0

    ソニー損害保険は1月7日、新成人のカーライフに関する調査の結果を発表した。

    20歳のうちに車を購入するならどの車が欲しいか聞くと、トヨタのアクア(18.8%)、日産のノート(16.8%)、
    フォルクスワーゲン(11.1%)の順に多かった。女性には、アクアやノート以外にもキューブ(日産)やラパン(スズキ)も人気だった。

    いつかは購入したいと思う車を聞くと、1位はBMW(17.1%)、2位はレクサス(14.2%)、3位はメルセデスベンツ(13.6%)だった。
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190108-41787570-careercn


    【新成人がいつか買いたい車1位はBMW 20歳のうちに買いたい車1位はアクア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    2018080101250_0

    1: 2018/12/31(月) 06:50:30.53 ID:Ea/Xldlk0 BE:878978753-PLT(12121)

    韓国、BMWを刑事告発 文政権「人気取り」か 発火続出に厳しい対応

    韓国の国土交通省は30日までに、ドイツの自動車大手BMWを自動車管理法違反の疑いで検察に刑事告発した。
    BMW車については2018年夏ごろ、走行中に発火する事故が続出し、同省などが原因を調べていた。
    BMW車の発火はドイツや英国でも同じような頻度で起きているが、韓国の対応は厳しい。背景には文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が就任以来の最低に落ち込む政権の思惑もありそうだ。

    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO39585210Q8A231C1FF8000/


    【韓国 文政権 BMWを刑事告発 「謝罪と賠償を要求する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    12000626

    1: 2018/12/27(木) 16:20:22.44 ID:CAP_USER9

    【ソウル聯合ニュース】韓国でドイツの高級車BMWから出火する事故が相次いだのはエンジン部品の設計に問題があったためとする韓国政府と官民合同調査団の発表により、これに関連した訴訟も拡大する兆しをみせている。

     訴訟に加わることを希望するオーナーが増える中、訴訟を代理する消費者団体はBMW側の責任回避に備えドイツ本社を相手にした国際訴訟も検討している。

     自動車業界によると、26日までに韓国消費者協会や法律事務所を通じてBMW出火関連の集団訴訟に参加した人は計約3300人に達した。損害賠償請求額は合計で400億ウォン(約39億円)程度になるとみられる。

     政府の調査結果発表後、訴訟に加わりたいとする問い合わせが続いており、訴訟参加者数と規模は当初よりもはるかに大きくなる見通しだ。

     集団訴訟を準備する法律事務所の担当弁護士は「当初、20日の3回目の訴状受け付けを最後に訴訟に集中しようとしていたが、追加のリコール(無料の回収・修理)対象者が増えるのであれば、該当するオーナーのために訴訟への参加者を募集する計画」と伝えた。

     BMWが欠陥を隠蔽(いんぺい)し、リコールを遅らせたとする政府発表の内容により、勝訴の確率が高まり、請求額も増えるものとみられる。

     別の法律事務所の弁護士は「請求額を火災未発生の場合、500万ウォンから1000万ウォン以上に、火災発生の場合は2000万ウォンから5000万ウォンにそれぞれ引き上げる計画」と伝えた。

     BMW側がこれまでの訴訟の過程で終始あいまいな態度をみせていることから、追加の対応が必要と判断し、ドイツ本社を相手に国際民事訴訟を起こす案も検討されている。

     担当弁護士は「BMW側は時間を長引かせることをやめ、被害の回復を要求する消費者の訴訟に積極的に応じなければならない」と指摘した。

    2018.12.26 19:49
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20181226003800882


    【【韓国】BMW出火で訴訟拡大へ 欠陥認定の政府調査結果受け 火災未発生でも請求する計画】の続きを読む

    このページのトップヘ