乗り物速報

バイクと車のまとめ

    Nシリーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント
    1: 中年'sリフト(catv?) 2013/12/13 23:00:12 ID:WAlyQy2G0
    ホンダのNシリーズ第4弾となるのがこのN-WGN。「WGN」と書いて「ワゴン」と読ませるのはステップワゴンと同じ手法だ。

    ラインナップは標準モデルとカスタムの2本立てで、搭載されるエンジンは自然吸気モデルとターボモデルというのも他のNシリーズと共通となる。

    ルックス的にはホンダ・ゼストの後継と言えそう。これを含めてNシリーズは全て全高が1550mm以上で、立体駐車場に入れないサイズとなっているのが気になる点だ。

    (小鮒康一+ノオト)


    no title

    http://gazoo.com/car/pickup/Pages/tokyoms2013_N-WGN.aspx

    【ホンダが鳴り物入りで出したNシリーズ、最新のN-WGN含め、ほとんど立体駐車場には入れない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント
    1: フルネルソンスープレックス(千葉県) 2013/11/05 20:44:09 ID:2u9dLqkN0
     ホンダは2012年11月1日、軽自動車「N-ONE」を発表した。

     N-ONEの技術面で注目されるのが、ターボチャージャ搭載車種である「N-ONE Tourer」において、「ダウンサイジング過給」を取り入れたと主張している点だ。

     ダウンサイジング過給とは、エンジンの排気量を減らしながらも、加速時に必要となるトルクはターボチャージャやスーパーチャージャのような過給器を用いて得るという、エンジン開発のコンセプトである。
    ホンダによれば、「従来の軽自動車では、ターボチャージャ搭載車種は、単なるハイパワーバージョンにすぎなかった。
    N-ONE Tourerは、エンジン排気量が0.66リッターの軽自動車でも、排気量1.3リッタークラスの小型車以上の走りを実現できるという考え方を基に開発した」という。

    N-ONE Tourerのエンジン性能は、最高出力が47キロワット/6000rpmにとどまるものの、最大トルクは105ニュートンメートル/2600rpmと軽自動車としては極めて大きい。
    2600rpmという比較的低い回転数で105ニュートンメートルという最大トルクに到達するため、加速性能は排気量1.3リッタークラスの小型車を上回っている。
    時速0~60キロの加速時間で比較すると、排気量1.3リッターのガソリンエンジンを搭載する小型車「フィット」が5秒後半であるのに対して、N-ONE Tourerは5秒強と上回っている。
    N-ONE Tourerと、競合車種となるスズキの「ワゴンR スティングレー」のターボ搭載車種「T」、ダイハツ工業の「ムーヴ カスタム」のターボ搭載車種「RS」を比較してみよう。

    車両名称 N-ONE Tourer ワゴンR スティングレー ムーヴ カスタム
    エンジン最高出力 47kW/6000rpm 47kW/6000rpm 47kW/6400rpm
    エンジン最大トルク 104Nm/2600rpm 95Nm/3000rpm 92Nm/4000rpm

     最大トルクは、N-ONE Tourerが104ニュートンメートルと競合2車種よりも10%程度大きい。
    2600回転という低い回転数で最大トルクに達する点でも有利だ。N-ONE Tourerは、市街地走行で多用されるアクセルペダル中間開度の加速度特性が排気量1.5リッタークラスの小型車に匹敵するという。

    http://bizmakoto.jp/style/articles/1211/05/news071.html
    no title

    【ホンダN-ONEのターボは化け物か!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント
    1: ファイヤーバードスプラッシュ(千葉県) 2013/10/27 14:50:45 ID:AYtolvJ30
    快適! 乗り心地のいい軽自動車ランキングTOP5!!

    ●第1位ホンダ「N BOX」
    no title

    最近の販売台数ランキングでは大抵トップ3に入っている人気の軽自動車「N BOX」。それもそのはず、製作の意気込みが他のクルマと違うのです。
    開発にはシャシーとエンジンをセットで考えるという観点から、LPLの浅木泰昭を含め、第2期ホンダF1に携わったメンバーが開発スタッフとして参画しているのです。
    走りも街乗りでは全く問題なし、室内空間も後部座席でも広々。子供なら立つことも可能。一度乗れば、売れる理由がきっと分かります。

    ●第2位ホンダ「N BOX +」
    no title

    N BOX+は、「新しい可能性をプラスする」をコンセプトを基に開発されたクルマ。「NBOX」と「N BOX+」の違いを聞く人がいますので、簡単に説明いたします。
    「NBOX」は、人のための室内スペースの広さを確保したクルマ。「NBOX+」は、人というより荷物も含めた様々なスペースの広さを確保したクルマ。
    つまり、物を多く載せることができるのがN BOX+なのです。またツートンカラーはNBOX+だけとなっています。乗り方、使い方は人ぞれぞれだと思うので、どちらを選ぶかはあなた次第?!

    http://clicccar.com/2013/10/26/234038/

    【乗り心地のいい車ランキング 1位「N-BOX」 黄金期の第2期ホンダF1メンバーが開発!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント
    1: ビッグブーツ(千葉県) 2013/10/24 20:34:04 ID:8tNcKuvL0
    Nシリーズ第4弾にあたるN-WGNを先行公開し、ますます存在感を強めたホンダの軽。次なる一手として、熾烈な争いを繰り広げる低燃費競争に打って出ることになりそうだ

    JC08モード35.0km/Lが目標

    スズキとダイハツの2強から、ホンダを交えた3強時代へと突入した軽自動車業界。そんな中、ダイハツ ミラe:S(JC08モード燃費33.4km/L)とスズキ アルトECO(同33km/L)に端を発する燃費競争にホンダも本格参戦するという。

    背景として、系列ディーラーや社内営業から「他社が低燃費を数字でアピールしているのに、当社だけそれがないのがはつらい」という突き上げがあったものと予測される。
    結果、2014年半ばに発売が計画されている新型軽自動車では、JC08モード燃費35km/L超が目指されているという。

    ダイハツのエンジニアが言うには、35km/Lという数値自体は「開発中の技術をすべて使えば不可能ではない」という。ただ、それ以上となるとなんらかの飛び道具が必要だ。

    以前、本田技術研究所の首脳は、軽自動車への搭載を視野に、IMA(ホンダのハイブリッド機構)を小型化していることを明かしている。
    35km/L超を目指すならば、軽自動車の販売価格が上昇している昨今、新型軽自動車のトップグレードとしてハイブリッドもありうる。

    気になるエクステリアはまだ想像の域を出ない。しかし、キャビンが広く見える新型フィットをギュッと凝縮したような“フィットの弟分”というルックスは十分に考えられる。

    車名もまだ判明していないが、N-BOXと同じセンタータンクレイアウトの車なので、Nシリーズを名乗ることは間違いない。燃費一辺倒でなく、ストレスなく走れるという意味を込め、「N-FREE」になるという噂だ。

    予想発表時期 2014年7月
    全長×全幅×全高 3395×1475×1520(mm)
    搭載エンジン 660cc 直3

    no title

    http://www.carsensorlab.net/carnews/14_23536/

    【ホンダN-WGNに続き、N-FREEも登場か!背が低いタイプの燃費特化型軽自動車【Nシリーズ第4弾】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント
    1: 稲妻レッグラリアット(青森県) 2013/10/23 12:57:25 ID:krqJkCnf0
    ホンダ、東京モーターショーに「S660」など出展

    ホンダは23日、軽自動車のスポーツカー「S660」や、軽自動車「N」シリーズ第4弾となる
    「N―WGN(エヌワゴン)」などを、11月23日から一般公開される東京モーターショーに
    出展すると発表した。

    S660は2人乗りのオープンカー。ドライバーを包み込むコックピットのような運転席と
    躍動感を強調した外観が特徴だ。若い世代だけではなく、子育てを終えた夫婦の2台目の
    車としての利用も想定している。商品化の時期や価格など詳細は未定。

    N―WGNは、人気の軽自動車「N―ONE(エヌワン)」「N BOX(エヌボックス)」などに
    続く車種で、11月22日に発売する予定。「ハイトワゴン」と呼ばれる車高がやや高めの
    デザインで、広い車内空間を実現した。

    このほか、2015年に発売を予定する、05年に生産を終了した高級スポーツカー「NSX」の
    後継車の試作車も展示する。
    http://www.sponichi.co.jp/car/news/2013/10/23/kiji/K20131023006863850.html
    ホンダ、S660コンセプトをワールドプレミア

    ホンダS660コンセプトは、“ビート”以来、ホンダが久々に送り出す軽オープンスポーツ。
    流線型のボディに、ドライバーの空間を徹底的に追求したという“スーパーコックピット・
    インテリア”を組み合わせ、スポーティな感覚を味わえるものとした。乗車定員は2名。
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/193461/

    【ホンダ、軽オープンのスポーツカー「S660」を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ