乗り物速報

バイクと車のまとめ

    SUV

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/07/30(日) 11:17:59.96 ID:CAP_USER9

    ロールスロイス初のクロスオーバーSUV『カリナン』。その市販型プロトタイプが、初めてニュルブルクリンク高速テストに現れた。

    直線では、ビッグボディであることを感じさせない強力な加速で周囲を圧倒。走行速度は250km/h程度まで引き上げられていたという。その原動力が最高出力600ps以上と噂される6.6リットルV型12気筒エンジンだ。

    市販モデルでは軽量アルミプラットフォームを採用。新「マジックカーペット」サスペンションにより、SUV最高レベルの乗り心地とパフォーマンス実現する。

    試作車のエクステリアは、これまでと変わらず『ファントム』の意匠を継承するフロントマスク、ロールスロイスの象徴でもある観音開き式「コーチドア」、スクエア・ツインエキゾーストパイプなどが確認出来る。

    室内は2列シート4人乗りの贅沢なレイアウトが予想されており、価格は日本円で7000万円から1億円と予想されている。ワールドプレミアは2018年3月のジュネーブモーターショーが有力だ。

    https://s.response.jp/article/2017/07/30/298042.html
    no title


    スポンサーリンク

    【ロールスロイス初のSUV、250km/hで爆走する……価格は7000万円~1億円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 62コメント

    carlineup_harrier_top_pic_02_01_pc
    1: 2017/07/24(月) 12:19:35.590 ID:jyFZMJ4hM

    どう?


    スポンサーリンク

    【トヨタのハリアー乗ってたら金持ち感ある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2017/07/23(日) 10:42:54.70 ID:i+hFgovb0 

    アラブの新興カーメーカー、「ZAROOQ」(ザルーク)が、2015年開発に着手したスーパーSUV、「サンドレーサー」がいよいよ発売されることが分かった。

    シャシー&ボディをF1の「カンポス」、ハンドステッチ・革張り室内はチューナー「マンソリー」によって手がけられ、
    厳ついフロントエンド、ワイドすぎるフェンダー、リアデュフューザー、センター2本出しエキゾーストパイプなどを装備するクーペボディは、さしずめ砂上のスーパーカーといったところだ。

    パワートレインは大幅に進化。トランスミッションは5速シーケンシャルと組み合わされるGM製6.2リットルV型8気筒「LT1」エンジンを搭載。
    最高出力は525psを叩き出し、最高速度は220km/hを計測する。

    またキャビンは、「Apple CarPlay」と連動するインフォテインメントシステムを装備したデジタル仕様となる模様。

    当時2千万円程度と予想されていた価格も大幅に修正。5千万円まで上昇する。限定35台は既に完売近い状況のようで、
    2018年始めからデリバリーが開始されるという。

    https://response.jp/article/2017/07/23/297732.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【これに勝てる日本車はある? かアラブのスーパーSUV「サンドレーサー」がスゴい…5000万円超】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2017/07/18(火) 08:51:06.50 ID:CAP_USER9

    趣味を存分に楽しむなら、遊び道具は満載で出かけたいし、だからってクルマの走りだって忘れたくそんなワガママを叶えてくれる粋なクルマを紹介しよう。

    ■ 今時のスーパーカーは遊び道具も運べる!

    スーパーカーといえば走りに特化したマシンを想像するかもしれないが、家族4人が無理なく乗れて、積載性も確保したモデルも存在する。
    ポルシェ『パナメーラ』はゴルフバックを横積みにしても余裕がある広い荷室と圧倒的な速さを両立。
    ターボモデルなら時速100kmまでわずか3.8秒で加速する。

    写真:ポルシェ パナメーラ 価格:1162万円~(ターボ 2377万円~ )
    no title


    スーパーカーの代名詞、フェラーリからはハッチバック『GTC4ルッソ』が登場。
    心臓部は伝統のV12エンジンで、最高速度は時速335kmに達するが、荷室も広く後部座席を前に倒せばサーフボードも余裕で載る。

    写真:フェラーリ GTC4ルッソ 価格:3470万円~
    no title

    no title


    もう一つのイタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニからはなんとSUVが2018年発売予定。
    800馬力のエンジンにフルタイム4WD、ターボやハイブリッドモデルの用意など、様々な展開が予想されている。
    SUVにランボルギーニらしさがどう吹き込まれるか注目だ。

    ランボルギーニ ウルス 予価:2280万円~
    no title


    http://news.livedoor.com/article/detail/13349499/


    スポンサーリンク

    【ランボルギーニからSUVが登場 家族にも優しい今時のスーパーカー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/07/09(日) 23:32:10.34 ID:CAP_USER9

    フェラーリが絶対に作りそうもないクルマ、それはピンク色のクルマ、電気自動車(EV)、SUVだ。
    だが、その中で3つ目のSUVに関する情報が入った。

    フェラーリがポルシェ「カイエン」などに対抗して(というよりは利益を上げるため)、ユーティリティ・ビークルの製造に踏み出すのではないかという噂は以前からあった。
    既にランボルギーニは現況に対応し、SUVの「ウルス」を間もなく発売する。

    写真:no title


    そして今回、英国の自動車雑誌『Car Magazine』が確認したところによれば、フェラーリは実際にクロスオーバーを開発中であり、プロジェクトには「F16X」というコードネームが付けられているという。
    同誌では、所属のアーティストにこのCUVのレンダリング画像さえ作成させている。
    実際にそんな姿になるとはとても思えないが。

    『Car Magazine』がマラネロの関係者から得たという情報によると、噂のF16Xは「GTC4ルッソ」(上の画像)の後継モデルとアルミニウム製アーキテクチャを共有し、その最低地上高を引き上げた(つまりスバルの「アウトバック」やアウディの「オールロードクワトロ」のような)いわる"ソフトローダー"になるという。
    さらにボディにはBピラーがなく、後部座席の乗降性を高めるためにスーサイド・ドア(後方ヒンジの後席用ドア)が採用されるとのことだ。

    パワートレインは現行のGTC4ルッソと異なり、F16XにV型12気筒エンジンの搭載は控えられ、フロントフードの下に積まれるのはガソリンV型8気筒になる見込みだという。
    そして燃費を改善するために、何らかのハイブリッド・システムが加えられる可能性もあるようだ。
    このパワーユニットには「FF」やGTC4ルッソで経験を積んだ4輪駆動システムの技術が組み合わされる。

    発表は2021年、価格は約30万ユーロ(約3,900万円)ほどになると、情報提供者は語っているという。
    ただし、おそらくフェラーリはこのF16Xを発表するとき、「SUV」とか「クロスオーバー」という言葉を使うことは全力で避けるだろう。
    この関係者もF16Xは「神に誓ってSUVではありません」と語っているという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13313917/


    スポンサーリンク

    【フェラーリがついに“SUV”を開発か 価格は約3900万円で2021年発表】の続きを読む

    このページのトップヘ