乗り物速報

バイクと車のまとめ

    SUV

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/08/22(木) 17:29:19.99 ID:CAP_USER

    no title

    ボルボ XC90 インスクリプション T8 ツインエンジン
    no title

    (その他画像は元ソースでご覧ください)
    https://response.jp/article/img/2019/08/22/325650/1445869.html

    ボルボ・カー・ジャパンは、フラッグシップSUV『XC90』の内外装を一部変更し、8月22日より発売する。

    今回の一部改良では、フロントグリル、フロントバンパー、リアバンパーに新デザインを採用。また、「エクセレンス」を除く各グレードのアルミホイールのデザインを変更した。

    インテリアは、「T8 ツインエンジン AWD」に装備するオレフォス社製クリスタルシフトノブに新デザインを採用。また、本革シート、パーフォレーテッドファインナッパレザーシートに新色のスレート(グレーカラー)を追加した。

    XC90は16種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を全車に標準装備しているが、今回、シティセーフティ(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)にステアリング・サポート(衝突回避支援機能)を追加。ステアリング操作が障害物の回避に不十分であれば、適切な操作量を確保できるように操作を補助すると同時に、前後内輪のブレーキを作動させ、緊急回避操作を安全に行えるように支援する。

    また、衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)を追加した。リアバンパー内蔵のミリ波レーダーによって、接近する車両、歩行者や自転車の存在を検知。検知された場合は警告音でドライバーに知らせるとともに、必要に応じて被害軽減ブレーキを作動させ、衝突の回避または衝突被害の低減をサポートする。

    また、駐車操作を補助するパーク・アシスト・パイロットに被害軽減ブレーキを追加。駐車動作中にセンサーが車両前後の予想進路内で車両または歩行者を検知した場合、自動的にブレーキがかかり停止する。このほか、タイヤ空気圧モニタリングシステムを標準装備とした。

    パワートレーンは、ガソリンモデル「T5」、「T6」に加えて、今年3月に追加導入したクリーンディーゼルモデル「D5」、プラグインハイブリットモデル「T8」、4種類のバリエーションを設定する。

    なおクリーンディーゼルモデル「D5」は、ベースグレード「モメンタム」と上級グレード「インスクリプション」に加え、「R-デザイン」を特別仕様車として設定。専用のフロントグリルやリアバンパー、スポーツシート、本革巻/シルクメタル・ステアリングホイールなどを装備し、スポーティなモデルに仕上げている。

    価格は799万円から1353万6112円(一部消費税10%)。

    2019年8月22日(木)16時34分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/08/22/325650.html


    【ボルボ、XC90 を一部改良、内外装変更や安全性能強化 価格799万円より】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    K0001104803

    1: 2019/08/19(月) 16:47:54.24 ID:nHeNiRHd0● BE:842343564-2BP(2000)

    SUV車による「歩行者死亡事故」率は一般車の2倍、英調査

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00029137-forbes-int


    米国の州知事高速道路安全協会(GHSA)は今年2月、2018年の交通事故による歩行者の死者数が過去28年で最悪になったと報告し、背景には大型のSUV(スポーツ用多目的車)の人気があると指摘した。

    英国の運輸当局が先日発表したデータでも、類似した傾向が確認された。イギリス運輸省(DfT)でポリシー担当を務めるAdam Reynoldsによると、特定のサイズの車両が引き起こす歩行者の死亡事故件数は、他の車種の約2倍に達しているという。

    Reynoldsはリーズ大学の研究チームと共同で、交通事故死者数のデータを精査した。英国政府は交通事故データをSTATS19と呼ばれる書類にまとめている。そこには車種に関する情報はないが、エンジンの排気量に関するデータは記載されている。研究チームは排気量から車種を推定したデータを公開し、1979年以降に発生した自動車事故の位置情報や車種、死亡者数を分析した。

    その結果、運輸当局は今後、危険な車両を道路から排除する試みを進める必要があることが判明したという。今回の調査結果は車種ごとの事故率を示しておらず、SUVが特に危険であるというデータはない。しかし、1.8リッターから2リッターエンジンの車両の致死率が2%であるのに比べ、2~3リッターの車両の致死率は2.4%となっていた。

    「車両のサイズと致死率の間に相関関係が見られる」とReynoldsは述べた。「DfTや警察は今後、歩行者の死亡件数と車両のデザインや排気量との関係を調査すべきだ」と彼は続けた。

    「車高が高く重厚感のある車両をアピールする自動車メーカーの試みが、死亡事故の増加を招いている可能性がある。仮に、SUVの致死率が他の車両の2倍に及んでいるのが事実なら、当局は都市部でのこれらの車両の所有や販売の規制を検討すべきだ」とReynoldsは続けた。

    米国のGHSAは今年2月、米国で2018年に交通事故で死亡した歩行者数が6227人に上り、1990年以降最多を更新したと発表した。GHSAは、SUV関連の事故で死亡した歩行者数が、2017年は2013年と比べて50%増となったと述べていた。一方で、よりサイズの小さい乗用車による死亡事故件数の伸びは30%だった。

    GHSAの調査に協力したアナリストのRichard Rettingは「交通当局は歩行者の安全性について十分考慮すべきだ」と述べた。


    【【SUV車終了のお知らせ】SUVは対歩行者との事故が一般車の2倍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    253464

    1: 2019/08/15(木) 21:30:36.33 ID:mxY/O0C40

    ほしい


    【ヴェゼルとかいうSUVで1番かっこいい車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    harrier_sp

    1: 2019/08/14(水) 16:00:46.448 ID:Ux1UXuDmp

    軽やスポーツカーなんかよりだいぶいいやろ笑


    【トヨタのハリアー買ったらモテるか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2019/08/14(水) 21:25:09.06 ID:Dov409Vk0● BE:423476805-2BP(4000)

    マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-30が2019年11月に発売となる見込み。
    10月下旬開幕の東京モーターショーで、国内のファンに向けて車両が一般公開されたあとすぐのタイミングで発売となる。
    マツダディーラーでは既に事前予約の受付が始まっている。

    発売前の未確定車両価格。これらは消費税10%込みが想定される。
    エントリーモデルは、SKYACTIV-G 2.0L搭載の20SグレードのFF、239万2500円からとなる。中間グレード、PROACTIVは261万2500円から。
    クリーンディーゼルのSKYACTIV-D 1.8L搭載車は、PROACTIV 288万7500円から。
    SKYACTIV-X搭載車が、PROACTIV 329万4500円からとなる。
    マツダ3(セダン,ハッチバック)同グレードとの比較では約9万円のアップとなる。

    https://car-research.jp/mazda/cx-30-4.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=ROlFJLimrzM


    【マツダCX-30車両価格など発売前情報/東京ショー出品後発売へ】の続きを読む

    このページのトップヘ