乗り物速報

バイクと車のまとめ

    SUV

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2019/04/15(月) 14:27:54.90 ID:CAP_USER

    2019年4月15日 受注開始
    2320万円

    no title

    メルセデスAMG G 63 Edition Matt Black
     メルセデス・ベンツ日本は4月15日、新型「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G 63 Edition Matt Black」の受注を開始した。ステアリングは左のみで価格は2320万円。5月12日までの期間限定で注文を受け付ける。納車時期は4月下旬以降より順次予定。

     メルセデスAMG G 63 Edition Matt Blackは、2018年6月に大幅改良されたGクラスのトップパフォーマンスモデルである「メルセデスAMG G 63」をベースにしたもの。

    no title

     エクステリアでは、同特別仕様車限定のボディカラー「デジーノマグノナイトブラック」と22インチマットブラックホイールを採用。さらに、AMGナイトパッケージをあしらい、通常モデルではクロームが用いられる前後バンパーのアクセント、スペアタイヤカバー、アンダーボディプロテクションなどをブラックとし、ウィンカーレンズ、ヘッドライト、リアコンビネーションランプをダークティンテッド仕上げとしている。

     インテリアにおいても、随所にカーボンインテリアパネルを採用することで、ブラックで統一されたシックで落ち着いた中にもAMGらしいスポーティな印象を与えている。

    関連リンク
    メルセデス・ベンツ日本株式会社
    https://www.mercedes-benz.co.jp/
    ニュースリリース(PDF)
    https://media.mercedes-benz.jp/download/697716/20190415-g63editionmattblack-fnl.-665559.pdf
    製品情報(G-Class)
    https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

    2019年4月15日 13:37
    Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1180093.html


    【メルセデス・ベンツ、内外装を黒で統一した「Gクラス」特別仕様車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2019/04/14(日) 23:17:05.53 0

    no title



    語ろう


    【「C-HR」という車の魅力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2019/04/12(金) 13:49:47.54 ID:CAP_USER

    ・三菱自動車の米国部門は4月11日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の世界累計販売台数が20万台を達成した、と発表した。

    ・アウトランダーPHEVは2013年に発売。世界累計販売台数20万台は、発売からおよそ6年での達成となる。

    no title

    その他画像は元ソースからご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/04/12/321296/1407285.html

    三菱自動車の米国部門は4月11日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の世界累計販売台数が20万台を達成した、と発表した。
    アウトランダーPHEVは2013年に発売。世界累計販売台数20万台は、発売からおよそ6年での達成となる。

    最新モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施。モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、ほぼ一新といえる約9割のコンポーネントを改良している。

    エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに、400cc拡大。このガソリンエンジンは、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にしている。また、エンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感を低減させた。

    さらに、駆動用のリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhとし、最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求した。2019年モデルのパワースペックは、エンジンが135ps、フロントモーターが82ps、リアモーターが95ps。EVモードの航続は、57.6km(WLTCモード)となる。

    現在、アウトランダーPHEVは、世界50か国以上で販売。また、アウトランダーPHEVは世界で最も売れているプラグインハイブリッド車(PHV)だ。欧州では2015年から4年連続で、PHVカテゴリーの販売首位を維持している。

    2019年4月12日(金)13時15分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/04/12/321296.html


    【三菱 アウトランダー PHEV、世界販売20万台…発売6年で達成】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    02

    1: 2019/04/10(水) 19:08:17.269 ID:VJcz+xgEr

    カーマニアから見てどうなの?
    渓流釣りやサーフのルアーやるからこれ系欲しいんやが


    【新型RAV4良さそうじゃん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2019/04/10(水) 16:06:43.52 ID:pSFl6u5N0 BE:439992976-PLT(15000)

    トヨタ自動車は10日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」の新型を発売した。
    RAV4は、2016年に国内の生産をいったん終了していた。

    全面改良した新型は、SUVらしい力強いデザインが特徴で、走行性能を向上させたという。
    RAV4は1994年に初代が登場し、新型は5代目。月間目標台数は3000台。


    <写真>トヨタ自動車が発売した新型「RAV4」=愛知県長久手市で2019年4月10日午後2時24分、田口雅士撮影
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000045-mai-bus_all


    【トヨタが新型「RAV4」発売 5代目、走行性能を向上】の続きを読む

    このページのトップヘ