乗り物速報

バイクと車のまとめ

    SUV

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2018/02/07(水) 09:14:11.58 ID:CAP_USER

    no title

    時速305キロ 市販SUVで最速

     イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニは6日、新型スポーツ用多目的車(SUV)「ウルス」を日本で初公開した。欧州の高級車メーカーが続々と日本市場にSUVを投入する中、スーパーカー並みの走行性能で差別化を図り、販売増に弾みをつける。

     最大5人乗りのウルスは、排気量4000ccの高出力エンジンを搭載し、走行状況に応じて車高や横揺れを調整する機能を取り入れた。最高速度は時速305キロで市販のSUVの中では最速という。静止状態からわずか3.6秒で時速100キロまで加速できる。

     同社のステファノ・ドメニカリ最高経営責任者(CEO)は「日常使いの車として家族や友人と乗ってほしい」と述べ、米国に次いで購入者が多い日本市場での販売増に意欲を示した。受注は既に受け付け、今秋に納車が始まる予定。価格は税別2574万円。
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180207/bsa1802070500002-n1.htm


    【ランボルギーニ、新型車「ウルス」日本初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2018/01/28(日) 08:11:57.67 ID:9lRMFE+Xd

    ずっと軽のワイにとってはクソでかなんやけど


    【C-HRってコンパクトSUVなんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント

    im0000004869
    1: 2018/01/28(日) 15:02:46.42 ID:t/83oFew6

    2017年12月SUV販売台数
    1位:トヨタ C-HR
    2位:スバル インプレッサ/XV(XVだけだともっと下)
    3位:スズキ ハスラー
    4位:トヨタ ハリアー
    5位:日産 エクストレイル
    6位:ホンダ ヴェゼル
    7位:トヨタ ランドクルーザー
    8位:マツダ CX-5
    9位:マツダ CX-8
    10位:スズキ クロスビー ←12/25発売
    https://matome.response.jp/articles/1192


    【クロスビーが発売4日でSUV販売台数10位に入ってしまうwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    1: 2018/01/26(金) 17:37:53.54 ID:U2f3b6BY

    ダットサン、「クロス」発表…グローバル第6の新型車は初のクロスオーバー
    https://s.response.jp/article/2018/01/25/305199.html
    ボディサイズは、全長3955mm、全幅1670mm、全高1560mm、ホイールベース2450mm。
    パワートレーンは、1.2リットルのガソリンエンジンを搭載。
    トランスミッションは、エクストロニックCVTを組み合わせている。
    no title

    no title

    no title

    no title


    no title

    no title


    【日産が新型クロスオーバー車「クロス」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1709140203090000
    1: 2018/01/20(土) 02:59:14.55 ID:CAP_USER

    マツダは19日、昨年12月14日に発売した3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の受注台数が1カ月間で1万2000台を超えたと発表した。月間販売計画1200台の10倍を超える受注実績となる。30代以下のユーザーが40%を占め、スタイリングや使い勝手の良さが若いカップルやファミリーに支持されているという。

     CX-8はマツダの国内SUVラインナップにおける最上位モデルで、ミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦した3列シートのSUV。同社によると30代から40代を中心に幅広い顧客から支持されており、「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」「内装の細部に至るまでこだわりを感じた」といったデザイン面や、「3列目は座り心地も広さも十分」「車中泊も視野に入れられる」などユーティリティ性能の高さが好評だという。

     受注の内訳は、上級機種「L Package」が42%、装備を充実させた「PROACTIVE」が52%。ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、従来から彩度や深みを増した「ソウルレッドクリスタルメタリック」が12%となっており、より高い質感や安全性能を備えた機種やボディカラーが人気だという。(SankeiBiz編集部)
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180119/bsa1801191225005-n1.htm


    【マツダ「CX-8」月販目標10倍超え 若者に人気「3列目も座り心地いい」】の続きを読む

    このページのトップヘ