乗り物速報

バイクと車のまとめ

    SUV

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 2018/06/19(火) 17:23:29.29 ID:QgwrZqFc0● 

    これまで一つのコモンアーキテクチャにより他車種へ展開する手法が取られていたが、第2世代SKYACTIVではスモールとラージの2つのアーキテクチャと商品群に分けられることになる。
    スモールアーキテクチャはCX-3が中心となり、新型CXもここに含まれる。
    新型CXは小型のクロスオーバーSUVということになる。
    一方でラージアーキテクチャに分類されるのは、CX-5、CX-8、CX-9となる。
    アテンザ後継モデルもここに含まれ、ラージアーキテクチャはFRプラットフォームとなることが期待される。

    (写真は現行CX-3)
    no title

    https://car-research.jp/mazda


    【マツダ、新型CXを計画、小型クロスオーバーSUVを追加か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 66コメント

    1: 2018/06/14(木) 16:35:05.19 ID:CAP_USER9

     マツダは6月14日、スポーツタイプ多目的車(SUV~「CX-8」「CX-5」にエンジンが始動できなくなるおそれがある問題が見つかったとして、計2万3208台のリコールを国土交通省に届け出た。

    3列シートを採用した「CX-8」
    no title


     対象はCX-8が2017年9月29日~18年5月8日に製造された1万6008台、CX-5が18年2月1日~5月8日に製造された7200台。

     ディーゼルエンジンの制御プログラムが不適切なため、エンジンを停止させた際のわずかな回転を異常と判定し、制御コンピュータへの電源供給が停止しなくなる。これを「スターター回路がショートしている」とスタート・ストップ・ユニットが判定してしまう結果、スタートボタンを押しても電源がオンに切り替わらず、エンジンが始動できなくなる恐れがあるという。

     61件の不具合報告があったが、事故は起きていないという。

    リコール箇所=国交省のニュースリリースより
    no title


    2018年06月14日 15時59分
    ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1806/14/news105.html


    【マツダのSUV 「CX-8」「CX-5」2万3000台リコール エンジンが始動できなくなる恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント

    1: 2018/06/04(月) 20:58:19.36 ID:eRgpXVha0 

    軽のシェアが4割に迫る。SUVは急減

    ハッチバックの市場シェアが拡大、SUVは急減

    4月の新車販売は、最需要期である3月の盛り上がりの煽りを受け、台数は大幅に減少。これをボディタイプ別に見ると、前月からシェアが拡大したグループとそうでないグループに分かれた。

    大きく拡大したのはハッチバック市場で、市場シェアは前月から5ポイントも増加。ハッチバック市場は直近で新型車の投入はなかったが、
    アクアが改良を受け、再び注目を集めたことがシェア拡大に貢献したようだ。逆にSUV市場は4ポイント以上も減少しており、好調だった販売にブレーキがかかった。

    4月のもうひとつの特徴は、軽乗用車が前年比で大幅に伸長したこと。その勢いは新車販売全体を底上げしたほど。
    特に「ホンダ N-BOX」はこの時期に約2万台を販売し、全体の需要の減少などどこ吹く風といった感じの売れ行きを見せた。

    なお4月の新車市場全体は3月比で45%減少したため、前月からの減少幅がこの45%という数値を下回っているか上回っているかが売れ行きを探る目安となる。それでは順に詳細を見ていこう。

    https://carview.yahoo.co.jp/article/market/20180604-20103953-carview/
    no title


    【SUVブーム終了のお知らせwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 2018/05/27(日) 10:41:16.48 ID:56fKLFtQ0 

    no title


    米国で売れたSUVトップ12と2017年の総販売台数

    12位 ジープ・チェロキー 17.0 万台(2016年比14.9%減)
    11位 スバル・フォレスター 17.8万台(0.6%減)

    10位 スバル・アウトバック 18.9万台(3.3%増)
    9位 ジープ・ラングラー 19.1万台(0.7%減)
    8位 トヨタ・ハイランダー 21.65万台(12.7%増)
    7位 ジープ・グランドチェロキー 24.1万台(13.4%増)
    6位 フォード・エクスプローラー 27.1万台(9.1%増)
    5位 シボレー・エクイノックス 29.0万台(19.9%増)
    4位 フォード・エスケープ 30.8万台(0.4%増)
    3位 ホンダ・CR-V 37.8万台(5.8%増)
    2位 日産・ローグ 40.3万台(22.3%増)
    1位 トヨタ・RAV4  40.7万台(15.7%増)

    最も売上が伸びた日産ローグ、トヨタRAV4との差はわずか4000台

    https://zuuonline.com/archives/185257


    【「米国で最も売れたSUVランキング」 日本勢がトップ3独占 やっぱアメリカ人は日本車好きなんだな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 58コメント

    TO_S114_F003_M004_1_L
    1: 2018/05/22(火) 19:43:55.091 ID:MevSJn04p

    評価とか


    【トヨタのハリアーってお前ら的にどう?】の続きを読む

    このページのトップヘ