乗り物速報

バイクと車のまとめ

    VW

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2019/10/25(金) 21:08:06.73 ID:4EpCEzyq9

    独フォルクスワーゲンは2019年10月24日(現地時間)、ドイツ・ウォルフスブルクにおいて、新型「ゴルフ」を発表した。

    1974年の登場以来、世界中で3500万台以上が販売されたコンパクトカーのベンチマークが、フルモデルチェンジにより8代目に生まれ変わった。

    新型ゴルフは、2ボックスのハッチバックスタイルや太いCピラーといった特徴を従来モデルから受け継ぎながらも、よりシャープなデザインのヘッドライトや薄いラジエーターグリルを採用。さらに精悍(せいかん)なフロントマスクを手に入れた。

    インテリアは、新たにデザインされた液晶メーターやタッチパネル式のディスプレイなどによりデジタル化を進めている。シフトバイワイヤ式のセレクターを採用したことでセンターコンソール付近に広々とした印象を与えているのも新型の特徴のひとつだ。

    パワートレインでは、48V電源システムとベルト駆動式スタータージェネレーター、48Vリチウムインバッテリーによるマイルドハイブリッドシステム「eTSI」をフォルクスワーゲンとして初めて採用。最高出力の異なる3タイプ(110PS/130PS/150PS)を設定する。

    さらに、大容量(13kWh)の駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載したプラグインハイブリッド車を設定。従来のスポーティーモデル「GTE」(最高出力245PS)に加えて、効率を重視したモデル(同204PS)も用意する。いずれもバッテリーのみでの航続可能距離は60km。

    電動機構を持たないパワーユニットについては、最高出力90PS、または110PSのノーマルバージョンと、ミラーサイクル燃焼方式を採用してより高効率を追求した同130PSバージョンの、計3タイプのガソリンエンジンを設定。ディーゼルエンジンは同115PSおよび同150PSの2タイプで、排ガス浄化のためのSCRを2つ搭載するなどして、NOxの排出量を80%以上低減。燃費も17%向上しているという。

    新型ゴルフは、2019年12月からドイツでまず販売がスタート。その後に販売エリアが拡大される予定で、日本市場に導入されるのは2020年後半以降となる見込み。(文=生方 聡)

    2019.10.25
    https://www.webcg.net/articles/-/41788

    ゴルフ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビュー マイルドハイブリッドで高効率を追求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    img (1)

    1: 2019/10/08(火) 21:15:19.35 ID:krCwEF7ia

    なぜなのか?


    【【悲報】ヨーロッパ人「コスパ良いからVWゴルフ買う!」日本人「軽自動車しか買えない・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2019/08/07(水) 15:01:34.57 ID:0rHkl5Jo9

    販売が近く終了する独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ザ・ビートル」の販売が最近、国内で増えている。VW日本法人によると、今年1~6月期の販売実績は前年より3割増え、終了を惜しむファンが今のうちに新車を買おうと「駆け込み」でディーラーを訪れているようだ。

     ザ・ビートルの特徴的なデザインのもとになったのは、かつての名車「タイプ1」だ。第2次大戦前のナチス・ドイツの国民車構想の下、フェルディナント・ポルシェ博士が設計し、戦後に欧米を中心にベストセラーとなった。丸みを帯びた独特の形状から「ビートル(かぶと虫)」の愛称で親しまれた。

     タイプ1は1970年代末、当時の西ドイツで生産を終了。その後もメキシコで長くつくられた。

     このタイプ1の独特のデザインを現代的にアレンジした2代目の「ニュービートル」は98年に登場。車体後部にエンジンがあるタイプ1とは異なり、車体前部にエンジンがある一般的な前輪駆動車で、かつての「かぶと虫」を思わせる愛らしいデザインが人気を集めた。

     3代目にあたる現行の「ザ・ビートル」はその後継車にあたり、日本では2012年に発売。やはり人気車となったが、「モデルサイクルの区切りを迎えた」(VW日本法人広報)として、18年9月に生産終了を発表。今年7月10日、メキシコでの生産を終えた。

     ザ・ビートルは、13年に日本国内で年1万台以上が売れたが、ここ数年は年間4千~5千台で推移していた。車は通常、新型が売り出されてから年数がたつごとに販売台数が減っていくため、販売減少は不思議な話ではない。

     ところが、生産終了が発表された後の今年1~6月期の販売台数は2365台で、前年同期より31%も増えた。生産終了に合わせ、新色や限定色の特別仕様車を投入したキャンペーンも効果があったようだ。VW日本法人は残りの在庫数を明らかにしていないが、在庫がなくなり次第、新車の購入はできなくなる。

    8/7(水) 12:09
    朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000018-asahi-soci
    no title


    【さよならザ・ビートル…販売終了で駆け込み人気 販売台数31%増】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    VWaudi

    1: 2019/07/27(土) 23:52:22.509 ID:U1r4VY8Y0

    同じグループではあるけども

    ちなみにQ3かティグアン買うつもり
    値引き次第でQ5


    【アウディとフォルクスワーゲンだとどっちが信頼性高い?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    K0000287376

    1: 2019/07/17(水) 20:39:09.52 ID:JPiV7mNv0

    外車だから高いけどカッコいい


    【シロッコって車欲しいんやがどんなイメージ?】の続きを読む

    このページのトップヘ