乗り物速報

バイクと車のまとめ

    VW

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    20170327-20103150-carview-002-1-view
    1: 2017/09/12(火) 10:48:39.89 ID:CAP_USER9

    【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は11日、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の電動モデルを2030年までに全車種で導入すると発表した。

    ダイムラーも高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」で22年までに実現する計画で、ドイツ車の電動化が加速する。

    VWによると、30年までに200億ユーロ(約2兆6200億円)超を投資。アウディやポルシェを含む傘下ブランドの全約300車種でEVやPHVを投入する。

    25年までには80車種の電動モデルを発売する。内訳はEVが50車種、PHVが30車種。昨年6月時点では30車種としていたが、3倍近くに増やした。

    VWのミュラー会長は「漠然とした考えの表明ではない」と強調し、「業界の変革を当社が主導する」と宣言した。

    配信(2017/09/12-08:21)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091200270&g=int


    【フォルクスワーゲン(VW) 2030年までに全車種で電動モデル導入へ 2兆6200億円を投資 ベンツは22年までに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 68コメント

    ダウンロード
    1: 2017/09/03(日) 07:53:56.08 ID:5hHKyxns0

    同じドイツ車でもどうせ買うならBMW、ベンツ、アウディのような高級車買えば良いのになぜ大衆車のフォルクスワーゲンなんや?
    それにもし大衆車が良いなら普通日本車買うやろ


    【フォルクスワーゲンの車買う奴ってどんな層なん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2017/08/29(火) 20:21:06.69 ID:CAP_USER9

    VW ポロ 新型
    no title


    フォルクスワーゲンは8月28日、新型『ポロ』を欧州で発売した。ドイツ本国での価格は、1万2975ユーロ(約170万円)からとなる。

    6世代目モデルとなる新型ポロは、「未来を現実にする」をテーマに開発。部分的な自動運転、デジタル化、コネクティビティ、スマートサステナビリティと、イノベーション4分野を重視している。

    中でも、新型には、歴代ポロ初のデジタルコクピットを採用。ドライバー正面のメーターに、ナビゲーションを含めて必要な情報を分かりやすく表示する。フォルクスワーゲンの2世代目のアクティブインフォディスプレイも、新型ポロが初導入となる。

    新型ポロには、数多くのADAS(先進運転支援システム)を用意。ブラインドスポットモニター、アダプティブクルーズコントロール、衝突回避の自動ブレーキなど、上級車並みの先進運転支援システムが設定されている。

    配信2017年8月29日(火) 15時45分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/08/29/299073.html

    関連ニュース
    VW新型ポロの日本発売は2018年初夏!価格は200万円~?2017年8月29日
    https://carnews.jp/articles/m5YrV


    【フォルクスワーゲン VW ポロ 新型、欧州発売…部分自動運転やコネクト重視】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2017/07/07(金) 18:46:04.49 0

    ビートル
    no title


    ポルシェ
    no title


    【女はビートルとポルシェの違いがわからない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    logotipo-volkswagen
    1: 2017/06/07(水) 19:54:45.26 ID:CAP_USER9

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ07HPZ_X00C17A6TJ2000/

    2017/6/7 19:46

     【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)が2015年の排ガス不正発覚後の車両改修後も多量の有害物質が出ると知りながらソフト改修を実施した疑いが7日、明らかになった。独誌シュピーゲル(電子版)などが報じた。改修ソフトはドイツ連邦自動車局(KBA)が承認していた。VWは「技術対応を施し、規制を満たしている」としている。

     15年9月のディーゼル不正発覚を受け、同社は不正の原因となったソフトの書き換えを実施している。独誌などが確認した同年11月のVWの内部文書で、路上では室内検査の規制値の3~5倍の窒素酸化物(NOx)が排出されることを認識していたという。路上排ガス試験は導入されておらず、法的には問題ないとみられるが、批判は集まりそうだ。

     VWはグループの1100万台の車両で、検査時だけ排ガス浄化装置を作動させる違法ソフトウエアを使っていた。ソフトウエア改修はこの違法ソフトを書き換えて、正常に有害物質を取り除く目的だった。


    【VW排ガス不正、改修後も規制値3~5倍を認識か 独誌報道】の続きを読む

    このページのトップヘ