乗り物速報

バイクと車のまとめ

    車ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2024/06/16(日) 23:17:15.15 ID:SulIm5mZ9

    6月15~16日、フランス・ル・マンのサルト・サーキットでWEC世界耐久選手権第4戦/第92回ル・マン24時間レースの決勝が行われ、
    悪天候による長時間のセーフティカー導入などにより終盤まで接戦が続いた争いを、フェラーリAFコルセの50号車フェラーリ499P
    (アントニオ・フォコ/ミゲル・モリーナ/ニクラス・ニールセン)が制した。

    クラス最後尾グリッドからレースをスタートしたトヨタGAZOO Racingの7号車GR010ハイブリッド(ホセ・マリア・ロペス/小林可夢偉/
    ニック・デ・フリース)が、わずか14.221秒差で2位に入った。

    最高峰ハイパーカークラスに9つのマニュファクチャラーを集め、GTカテゴリーがLMGTEからLMGT3へと変更、WECのシリーズ戦では廃止された
    LMP2クラスがこのル・マンでのみは復活するなど、従来とは異なる注目点が散りばめられていた2024年のル・マン。予選ハイパーポールでは
    6号車ポルシェ963がポールポジションを獲得し下馬評どおりの速さを示したが、いざ決勝が始まると、予選で後方に沈んだトヨタGR010ハイブリッドが
    復調、そして前年の100周年大会を制したフェラーリ499P勢が速さを発揮するなど、戦前の予想とはやや異なる展開ともなった。

    また、現地時刻15日16時にドライコンディションでスタートしたレースは、夕方、深夜、明け方、フィニッシュ前と幾度も降雨に見舞われたことで、
    コンディションに合わせたタイヤ選択や、安全確保のために導入される“スローゾーン”なども勝負の流れを左右しただけでなく、たびたび導入された
    セーフティカーによって各車のギャップが詰まったこともあり、終盤まで先の読めない接戦が続くこととなった。

    序盤は83号車フェラーリ499P(AFコルセ)がレースをリードしたが、夜に入って15号車BMW Mハイブリッド V8との接触によりペナルティを受け、後退。
    代わって8号車トヨタGR010ハイブリッドが首位に立った。

    朝方の長時間のセーフティカー先導走行を経て、残り8時間程度でレースが再開。上位勢のギャップがリセットされたことで、日曜の昼に入っても
    数秒差でポジションを争う、スプリントレースさながらの激戦が展開された。

    朝までは6号車ポルシェも上位争いに加わっていたが、その後路面が乾き始めると再びフェラーリ勢が速さを取り戻し、終盤に向けてはトヨタ勢と
    フェラーリ勢が首位争いを繰り広げた。このなかではスローパンクチャーや接触、ピットでのロスなどがあったが、最後の1時間は2番手7号車トヨタの
    約35秒前を走る首位50号車フェラーリが、燃料補給のためのピットストップを行うかどうかが焦点に。

    しかし50号車をドライブするニールセンはフィニッシュラインまで燃料補給なしに逃げ切ることに成功し、フェラーリにとって2023年大会からの
    連覇を決めた。2位は7号車トヨタ、3位には51号車フェラーリ499Pが入った。

    LMP2クラスは、ユナイテッド・オートスポーツ22号車オレカ07・ギブソン(オリバー・ジャービス/ビジョイ・ガーグ/ノーラン・シーゲル)がクラス優勝。
    LMGT3では、マンタイEMAの91号車ポルシェ911 GT3 R LMGT3(ヤセル・シャヒン/モーリス・シューリング/リヒャルト・リエツ)が栄光を手にしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/afdde1d5080bc6ba91164bcaddb4e03a6230de1b



    【フェラーリ499Pがドラマに溢れた激戦制しル・マン24時間レース連覇達成 力走のトヨタ、わずか14秒及ばず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    no title
    1: 2024/06/09(日) 17:36:08.09 ID:xBvyNEja9

    6/9(日) 17:27配信

    スポニチアネックス

     衣料品通販大手ZOZO創業者の前澤友作氏(48)が9日、宮城県村田町のスポーツランドSUGOで行われたカーレース「フェラーリ・チャレンジ・ジャパン」の出場中に事故に遭った。

     関係者によると「命に別状はなく、詳細については運営の都合もあり、公表を控える」とした。ドクターヘリも出動したが、前澤氏はヘリには乗っていないという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d951d6f8cb7538dce34e115dbd9e44b9f78fd073



    【前澤友作氏 フェラーリ・チャレンジで事故 ドクターヘリ出動など騒然も命に別状なし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 75コメント

    1: 2024/06/03(月) 17:57:52.20 ID:QGNQLug79

    >>6/03 16:56
    NHK

    自動車やエンジンの大量生産に必要な型式指定の取得で、ダイハツ工業などによる不正行為が相次いだことを受け、国土交通省が同じようなケースがないか各社に調査を指示したのに対し、自動車メーカーなど5社が車の性能試験で不正があったと報告したことがわかりました。
    国土交通省は現在生産する車種で不正が確認されたトヨタ自動車やマツダ、ヤマハ発動機の3社に対し、出荷の一部停止を指示しました。

    続きは↓
    自動車メーカーなど5社 “性能試験で不正” 出荷一部停止へ
    K10014469671_2406031403_0603140914_01_03

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240603/k10014469671000.html



    【自動車メーカーなど5社 “性能試験で不正” 出荷一部停止へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    1: 2024/05/28(火) 13:56:07.60 ID:wMQGPqHDd

    空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
    これは朗報。日本を代表する空飛ぶクルマ(eVTOL)の開発元である「スカイドライブ」が、ついに機体の製造を開始した。
    https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/8b120d10fee5372fe7d4dbfd38652d4599304bc0/
    no title



    【【1台2億円】空飛ぶ車ガチで販売開始wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 55コメント

    1: 2024/05/21(火) 23:46:54.72 ID:xjq6Fh6N0 BE:514943473-2BP(3000)

    トヨタ車オーナーだけでなく誰でも無料で使える「モビリンク」
    GPSを使ったカーナビがはじめて登場したのは1990年。ユーノス「コスモ」に搭載されたCCS(カーコミュニケーションシステム)が最初でした。
    同年には市販型GPSカーナビ、カロッツェリア「AVIC-1」が登場しています。以来四半世紀が過ぎ、カーナビはドライブの必須アイテムとしてすっかり定着しました。
    【画像】「えっ…!」これがいま「人気急上昇中」のトヨタ製「無料カーナビアプリ」です(20枚)
    スマートフォンが登場してからは、無料の地図アプリ、カーナビアプリも相次いで登場するようになり、いまではその人気は車載カーナビを凌駕するほどです。
    無料アプリにも多くの種類があります。人気なのは「Googleマップ」「Yahoo!カーナビ」、そしてiPhoneのiOSに標準装備される「マップ」ですが、いまその使いやすさでユーザー数を伸ばしているのが「moviLink(モビリンク)」です。
    トヨタが開発したカーナビアプリ「モビリンク」。その使い心地はトヨタの純正カーナビそのもの
    モビリンクはトヨタが開発したアプリで、2021年3月にサービスを開始、Android・iOSに対応しています。
    トヨタの標準的な車載カーナビと同等の機能を持ちながら、誰でも無料で使えるカーナビ用アプリです。
    トヨタは近年、ディスプレイオーディオの標準搭載を進めていますが、このアプリを使うことで手軽にカーナビ機能が利用できるというわけです。しかも、その対象をトヨタ車ユーザー以外にも無料で解放しているから驚きです。
    トヨタ発のアプリだけに、その使い心地はトヨタの純正カーナビそのもの。交差点名を読み上げる音声ガイドはまんま同じで、高速道路での合流案内や一般道での側道案内も行うなど、その案内機能はかなりの充実ぶり。
    都市高速入口や高速道路での分岐点ではイラストを使って詳細にガイドするなど、もはや見た目には“トヨタ純正カーナビ”がそのままスマホに入ったと思えるほどです。
    ただ、データが重くなることを避けるためか、さすがに交差点拡大図をすべての交差点で表示することはありません。
    それでもオートズーム機能を使い、分岐点に近づくに従い、徐々に地図を自動的にズームアップしていきます。信号機の存在も地図上でガイドし、交差点名も一部で読み文字数
    img

    https://news.yahoo.co.jp/articles/66d9eb8639a6f2dbc2c7614ff62677303ed68d2a



    【トヨタ、カーナビアプリを無料提供 Android・iOS対応】の続きを読む

    このページのトップヘ